■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
音色を操る -Schubert Standchen (Serenade)-
毎日車の中で過ごす時間が多い私にとって、Bluetoothとituneの組み合わせは救世主と言えます。ituneの中の音楽の量がどんどんと増えていきます。
先日、気が付かないうちにランダムプレーになっていて再生されたのが、
ホロヴィッツの弾くシューベルトのセレナーデ。
これはリストによって元々歌曲であるセレナーデをピアノバージョンに翻訳されたものです。さすがホロヴィッツ。いやあ、忘れてましたこの曲の存在。何て良い曲なんだろう。運転しながら、すっかり聴き惚れてしまいました。
同じメロディーが形を変えながら繰り返されていくのですが、この曲の醍醐味は声部の弾き分けだと私は思います。最初は中声部だけで始まり、最後は3声になる。この3つの異なる声部を人間の声の様に弾き分けることができると、それはそれはもうピアノとは思えないような世界が広がります。
「音色を操る」
とにかくこれにつきます。何もしなくても、それぞれの声部を奏でる音域が違うので多少の差は出ますが、音色を自由自在に操れる悪魔のようなピアニストの手にかかると、そこには3人の歌手が見えてきます。

You Tubeで色々な人の演奏を見ていると、面白い。アメリカでユジワンと並んで人気の高いグルジアのセクシーピアニストのブニアティシヴィリ(難しい名前。。)、そしておなじみランラン。どちら様も音色に関してはホロヴィッツの足元にも及ばないと思いますが(この曲に関しては)、それぞれに目指すものがあって面白い。ランランの出だしの歌い方は本当にうまくてニヤッとしてしまうほどですが、この曲に関してはあまり音色の種類は感じられないような気も。。。ブニアティシヴィリは、きっとホロヴィッツ的なセレナーデを目指しているんだろうなあ。

どうやったらもっと音色を操れる???
永遠の課題です。。。


スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

Piano | 10:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
一音の中のクレッシェンド
先日のモーツアルトのピアノカルテットのレッスンの時のこと。
第2楽章の一小節目を弾いただけで早速止められました。そしてM氏はこう言いました。
「その1音目だけど、2音目に入るまでにクレッシェンドしてくれる?」
「・・・・・」
2音目に入るまでにクレッシェンドをするということは、最初の1音目の中でクレッシェンドをするということです。打楽器であるピアノは、一度打鍵したら音は衰退していきます。ペダルを使った場合、その衰退のスピードを遅らせることはできますが、少しずつ音が消えていつかは無くなるのは同じこと。これが弦楽器とピアノの大きな違いの一つです。弦楽器は弓で持続して弦に触れることによって、一つの音を弾きながら音を大きく膨らませることが出来ます。

その物理的に不可能な現象を「やってくれる?」と軽く言ったM氏。目を点にした私に
「君の言いたいことはもちろんわかるよ。でも僕の昔の先生にこう言われたんだ。」
そしてモスクワ時代の師匠、バシキーロフの話をしてくれたM氏。
ショパンの幻想即興曲の出だしのG。このGの中でクレッシェンドをするようにとバシキーロフに注意をされたのだそうです。

この「一音の中のクレッシェンド」については、バレンボイムがランランにマスタークラスをしている時のベートーベンのソナタの中で同じことを言っています。
「ランラン、君はその一音の中でクレッシェンドが出来ると言うことを信じなければいけないよ。」
その物理的に不可能と思える「一音の中のクレッシェンド」について、バレンボイムは自分がホロヴィッツにレッスンを受けた時の話を交えて、全ての音に自分の意志を伝えることで物理的には不可能なことを音楽的に可能にしていくことを語りました。

そのビデオをYoutubeで見た時にとても衝撃を受けた私ですが、それと全く同じことをM氏から言われました。M氏に後光が差しているように見えて、
「先生、バレンボイムみたいですね。」
と言った私に、ニヤッと笑ったM氏。
クレッシェンドできる!って信じただけで実際に一音の中でクレッシェンドが出来るわけではないと思いますが、その思いが頭の中にあるだけで音が変わってくる、または左手のパートにその思いが反映される。そういうことなんだろうと思います。

そういえば、以前どなたかのブログに、私が見たのと同じバレンボイムのビデオを見て、「そうバレンボイムが言ったのは、一音の中でクレッシェンドする方法を教えたくなかったから。企業秘密ということ。一音の中でデクレッシェンドできると言うことは、クレッシェンドだって可能。」と書いていらっしゃいました。その方も、具体的なことは書かれていなかったので、また企業秘密だと言うことでしょうか。そんなことを言うなら、出し惜しみしないで教えてくれたらよいのにと思ってしまった私です。私は企業秘密を知りませんので、頭の中でイメージする方法でやるしかないです。


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 21:13:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ピアノに求められるもの
ここしばらくモーツアルトのピアノカルテットを練習していますが、ここ1週間ほどあまりに難しくてがっくりきてます。何がそんなに難しいのか?モーツアルト何て子供でも弾くじゃないか!と思いますが、私が思うモーツアルトの一番の難しさは

「ピアノのことだけを考えて作曲されていない」

ところだと思います。ピアノのためのパートも基本的に弦楽器をイメージして書かれているのです。これはピアノソナタでも同じこと。モーツアルトの頭の中には基本的に弦楽器が鳴り響いていて、それをピアノに置き換えているだけ。今回ピアノカルテットを練習していて、そのことを再認識しました。ピアノに求めているものが多様なのです。弦楽器の様にただ純粋にその楽器の奏者ではいられない。ピアノは、時には弦楽器になり、時には管楽器にもなる。必要があれば打楽器にだって・・・これはベートーベンのソナタも全く同じ。ソナタは基本的にストリングカルテットのイメージで書かれていて、それをピアノ一人でオーケストラするわけです。

これに対してショパンは違う。ショパンはピアノのために作曲をしています。だから弾きやすい(易しいという意味ではなく)。もちろんモーツアルトやベートーベンとは時代も違うけれど、時代だけの問題ではないと思います。ショパンの中に流れていたのは、ピアノと歌。だから歌うように弾くということがキーになります。ただ、モーツアルトやベートーベンの様に一人でオーケストラをやらなくても良い。純粋にピアニストでいられる。

モーツアルトのレッスンでM氏が弾いてくれた時の音のクオリティーがあまりにも私の音と違いすぎて久しぶりにどん底近くまで落ち込みましたが、ピアノのために書かれていない音楽だからこそ、生の音のクオリティー、そして一人オーケストラを演じるための音色の種類、弦とほぼ同じフレーズをピアノで弾かされるという現実、それらが奏者の実力をよりはっきりと浮き彫りにするのだと思います。ショパンの様に朦朧とさせてはごまかせない。

何だか弦楽器奏者がうらやましくなってきました。彼らの方が純粋でいられる気がします。

ピアノは、その都度「ピアノに求められているもの」を明確に理解していないとダメなんだと、今更思い知りました。弓で弾くような一つのボーイングから生まれるスラーなんて、ピアノでは出来ないのに。。。一度出した音は消えていくだけの楽器なのに。。。

キラキラとモーツアルトを弾くM氏を見ていて、本当に頭が下がりました。すごいピアニストです。そういえば、彼は一時モーツアルトにはまっていたと言っていました。ミケランジェリの弟子にレッスンをしてもらいにロンドンまで行っていたと。はああ。モーツアルト嫌になってきました。


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:03:46 | Trackback(0) | Comments(0)
Mozart Piano Quartet in g minor -モーツアルトピアノカルテット-
少し前にM氏から室内楽のピースをもらいました。
モーツアルトのピアノカルテットのgマイナー。

先週、2楽章と3楽章を初めてレッスンで見ていただいたのですが・・・
一度で、もうくじけそうになりました。
だからモーツアルトは嫌だったのだと・・・
子供の時のことを思い出しました。
モーツアルトのことなんて何もわかっていなかったし、全然弾けるわけもありませんでした。

たびたびキーになるフレーズとパッセージを弾いて見せてくれるM氏。
同じピアノが全く違う音を奏でます。その音の違いはショパンやベートーベンより更に大きく明らか。
彼の音はどこまでも澄んでいて丸くしなやかで、私の音は濁っていて、形が悪い。

どうすりゃいいんだ。。。
久しぶりにズドーンと落ち込みました。
だからモーツアルトは好きではなかったのです、昔から。
丸裸になってしまうから。

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 15:07:42 | Trackback(0) | Comments(0)
マーラー 交響曲“復活”
一昨日、近所のレストランで偶然会った知り合いが、
「今週末にオーケストラでマーラーの交響曲2番を弾くんだけど見に来ない?」
と声をかけてくれました。
マーラーの2番、復活、と記憶を辿って行って、とても大切な記憶にたどり着きました。

マーラーの交響曲2番、「復活」という標題を持つ大きな壮大なシンフォニー。
これまでにそれなりに演奏会に足を運んできましたが、その中でも忘れられない演奏会がいくつかあって、このマーラーの2番はその中の一つです。

2000年に小澤征爾さんが上野の東京文化会館でサイトウキネンオーケストラを振って演奏されたのが、このマーラーの復活。
当時のサイトウキネンは本当に別世界のオケで、私はその頃、小澤征爾さんの大ファンだった仕事関係のおばさまにありとあらゆる演奏会に引き回されていて、サイトウキネンをたくさん聴くチャンスに恵まれました。その中の一つがこのマーラーでした。

もちろんすべてが小澤さんらしく、本当に真摯で誠実な指揮で、これまたオケのメンバーが全員も全身全霊でその指揮にこたえようとしているのが本当にすがすがしく、本当に素晴らしい演奏だったのですが、17年たった今でも忘れられないのが演奏が終わった後のことでした。

第5楽章が静謐に終わった後、小澤さんは音は消したものの、長いことタクトを降ろしませんでした。そして会場からも昨今非常にありがちな「わけわからないけど、とりあえずブラボーコール」はなく、本当に信じられないほどの静寂が生まれました。それはきっと数秒のことだったと思うのですが、会場にいた私にとってはとても長い時間に感じられました。無音の状態が続いて、空気がどんどん圧縮されて、息が苦しくなるような気持ちになったその時に、空から何かが降ってくるような気がしたのです。まるで星が降ってくるような、もしくは霧が降りてくるような、本当に不思議な不思議な体験でした。そしてついに小澤さんがタクトを下した時に、会場からは「はああ」とたくさんのため息がもれて・・・それでもまだしばらくの間、静寂は続きました。そして、忘れたころに割れんばかりの拍手。

その時に私の周りにいた人たちは皆、惚けたような表情をしていました。演奏会のあと、私を誘ってくれたおばさまと食事をしながらその「何かが降ってきたような気がした」という話をしたら、彼女も同じように感じたと話してくれました。

それは何だったのか、マーラーの作り出した宇宙だったのか、無の瞬間だったのか・・・
オケでああいう経験をしたのは、人生であの時ただ一度だけ。

その時の演奏は録音されていて、後にCDとして発売されたのですが、昨日久しぶりに聴いてみると・・・
こういう空気忘れていました。ものすごいドラマです。ちょっと疲れてしまうぐらい。。。
マーラーの厚さ、すごいです。でも、今はちょっと無理かな、という気もしたりして。。。
小澤さんのお身体の調子はいかがなのでしょうか?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

music | 08:33:40 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad