■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Mozart Piano Quartet in g minor -モーツアルトピアノカルテット-
少し前にM氏から室内楽のピースをもらいました。
モーツアルトのピアノカルテットのgマイナー。

先週、2楽章と3楽章を初めてレッスンで見ていただいたのですが・・・
一度で、もうくじけそうになりました。
だからモーツアルトは嫌だったのだと・・・
子供の時のことを思い出しました。
モーツアルトのことなんて何もわかっていなかったし、全然弾けるわけもありませんでした。

たびたびキーになるフレーズとパッセージを弾いて見せてくれるM氏。
同じピアノが全く違う音を奏でます。その音の違いはショパンやベートーベンより更に大きく明らか。
彼の音はどこまでも澄んでいて丸くしなやかで、私の音は濁っていて、形が悪い。

どうすりゃいいんだ。。。
久しぶりにズドーンと落ち込みました。
だからモーツアルトは好きではなかったのです、昔から。
丸裸になってしまうから。

スポンサーサイト

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 15:07:42 | Trackback(0) | Comments(0)
指で弾かない
ここしばらくレッスンのたびにM氏に言われるのが
「指で弾かない」
と言うこと。

指で弾かないで、どうやってピアノをひくんだい?
と感じるのが一般的だと思うですが、これは指を使わないという意味ではなく、指を主体にして弾かないというニュアンスです。つまり指には意思がなく、頭からの指令が身体を通じて指の先に至り、そこが鍵盤につながって音を出す。

こう言われると、どうやて弾いたら良いのかわからず、ただただピアノの前で固まってしまいます。だって、これまで指でしか弾いたことが無いから・・・一生懸命指を上げたり下げたりして、一音ずつはっきり音を出すことをとことん訓練されてきた人には、これは本当に難しい。頭でニュアンスは理解できても、実際にどうやって音を出せばよいのか、途方にくれます。

今日のレッスンの最後にM氏がぽつりと言いました。
「そろそろかな。この後、ドビュッシーをやろうか?音色で魅せる音楽をやってみようか。」

これを教わりたくてM氏に教えを乞うたのでした。
でも、すぐにはその話にはならなかった。そしてやっとその時が来た。でも今はそのむずかしさが前よりももっとわかっているから、尻込みをしてしまいそうになります。

「身体の重みを鍵盤に伝えるんだ。その重さでどこまでも深く鍵盤が沈み込んでいくように。そうしないと、深い暗い音は出せない。最終的には指には全く意思はなく、頭からの指令を伝えるだけになる。」

あああ、ここは踏み込んで良い世界なのでしょうか?

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:16:58 | Trackback(0) | Comments(0)
引き寄せの法則
タイトルの通り、引き寄せの法則を強く感じずにはいられない人がいます。
その人のことを考えていると、なぜか信じられないよう場所で、そして信じられないようなタイミングでばったりと出会ったりします。

ここしばらくピアノを弾くたびに思い出していた人、N氏。
少し前にまたしてもばったりと、1年に数回も行かないような場所で、本当に信じられないようなタイミングで、出会ってしまいました。彼とこうやって出会うのは、これが初めてではありません。これまでにも数回以上。。。
特に今は、引っ張りだこでNYにだってあまりいらっしゃらないN氏。その彼にばったり会うのだから、それはもうすごい確率です。

やっぱり師匠と弟子だからなのか。それ以外の何かつながっているものがあるのか。ここまで引き寄せの法則が起きるのは、本当にN氏だけです。

今回は、演奏中の姿勢を直そうとしていて、そのたびにN氏のことを思い出していたのでした。N氏は、演奏中の自分の横顔を鏡を見ながら研究したり、演奏中の姿勢をビデオに撮ったり、お客さんから見える姿には特別な注意を払っている人です。

今も忘れられないのが、N氏の発表会でカーネギーホールで演奏した時のこと。その演奏会の前に、ピアノではなく、お辞儀のレッスンをしてくれたN氏。そしてお辞儀だけではなく、舞台に出てからピアノまでの歩き方やその他もろもろ。舞台に現れた瞬間からお客さんを自分にひきつけて、そのまま演奏に引き込んでいく。そのためのテクニックを伝授してくれたのでした。実際、この演奏とは関係のないレッスン、実はとても役に立っています。そしてこのことを教わってからと言うもの、他の演奏者のお辞儀の仕方が気になるようになりました。きれいなドレスを着て舞台に登場しても、幼稚園生のようなお辞儀をする人は結構いるもの。驚きました。それは、アリゲリッチのような人になれば、お辞儀何てどうだって良いわけですが、一般人の場合、演奏以外のことに隠されている要素も意外にあるのではないかと思います。演奏中の姿勢もその一つ。顔の作り方、感動的なパートでどういう表情をすればよいのか、そういうこともくだらないと思うかもしれませんが、実は重要な要素の一つだと思います。

YouTubeでランランのビデオがこれでもか!!というぐらいめちゃめちゃに批判されるのも、彼の演奏中の容姿にあると思います。大げさな顔の表情や動き、それが見る人によっては不快だと思われてしまうのです。そしてその人の音楽までも不快に感じさせてしまう。まあわからなくもないですが、個人的にはランランはきらいではないので、大げさなジェスチャーも私はとくには気になりません。でも一人、その人の演奏ビデオをみるたびにいつも耐え難いなあと思う人がいます。天才少女としてもてはやされて、今はアメリカで勉強しているはずですが、前回のショパンコンクールにも出てきて日本人でただ一人最終ラウンドまで残ったKさん。彼女の演奏姿だけは、なぜかどうしても見るに堪えない。彼女の奏でる音楽自体はきらいではないのに、あの独特な指の動き、そして顔の表情、体の動かし方、どれをとっても耐え難いのです。(もちろんこれは私の個人的な意見です。)

さてさて、私もそう言われないように、美しい姿勢づくり、淡泊な演奏容姿を作れるように研究しよう!!!

って、この間もM氏に言われたのでした。
身体は思いっきり歌っているけれど、肝心な音楽は全然歌っていないよね。。。
だまるしかありません。。。恥ずかしすぎます。。。

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 23:13:19 | Trackback(0) | Comments(0)
Mazrukas -ショパンのマズルカ-
前回のレッスンの時に、M氏がショパンのマズルカの最初の3曲を弾いてくれました。
今度のツアーで弾くんだ!と聞いていたので、ツアーのあとの最初のレッスンでリクエストをしました。

ショパンのマズルカは全部で50曲以上もある大きな作品群ですが、私の第一印象は「とにかく難しい!」。生まれ故郷のポーランドの民謡だけにショパンの血の中にあるリズムがとてもストレートに表現されていて、それだけに恐ろしく難しいという印象しかありません。あまりにピュアすぎて、最初の一音からボロボロとボロが出てしまうような、怖いジャンルです。とても「ちょっと弾いてみようか?」なんていう気持ちにはなれるようなジャンルではありません。

あまりに土着的でもいけないし、洗練されすぎてもいけない、ショパンが素直に心に感じたままのマズルカにはなかなかお目にかかれません。これまで色々聴いてみたけれど今も心に残る演奏は、キーシンが若かりし頃のもの。本当に純粋で、キラキラ輝く子供の瞳のようなそんなマズルカでした。あとは、子供の頃に見たダンタイソンがソロリサイタルで弾いたマズルカ。これは良かった。本当にまっすぐに私の心に入ってきました。

さて、M氏のマズルカ。いきなりガラッと音が変わってちょっと驚きました。とても優しい音になったのです。でも、甘すぎない。とても丁寧に、そして出来る限り素朴に弾く姿にただただ感心。。。
ロシア人の弾く生マズルカを独り占め。いやあ、贅沢な経験をさせていただきました。やっぱりああいう東欧の民謡的な音楽になると、スラブ人の血が一気に物を言うような気がします。マズルカのようなリズムは後付けでどうにかなるようなものではなく、自分の体の中にあのリズムが無ければ流れるようには弾けないと思います。ポロネーズも民謡だけれど、ショパンのポロネーズはもっと音楽として精製されてしまっている気がします。それに対して、マズルカはストレート。そのストレートさが何よりも手強いのです。

いやあ、しみじみと良かったです。M氏のマズルカ。
ああいう演奏を聴かされると、つくづくすごい人だなあと思います。例えば完璧なリストの超絶技巧練習曲を聴かされるよりも、よっぽど納得させられます。

しかし、なんであんな人がこんなところにいるんだろう???

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 21:28:48 | Trackback(0) | Comments(0)
混沌のあとに現れるもの
殿下のインフルエンザが私にしっかりと移り大苦しみしてから間もなく、日本から来客がありこれまたバタバタ、ほとんどピアノが弾けなかった1か月間。先週は、ツアーから帰ってきたM氏と1か月ぶりのレッスンでした。

1か月前の最後のレッスンで見ていただいたベートーベンは、そのまま停滞していて弾けないので、それまでにある程度まで仕上げてあったショパンを弾きました。特にノクターンはあがるつもりで弾きました。

ところが・・・
全然あがるどころではなく、更にハードルがあがり・・・またゴールが遠のいていきました。

ペダリングが全くなっていないと、M氏にため息をつかれてしまいました。
私がため息をつきたくなりました。。。

そしてノクターンの一番最後、私がずっと気にしていたショパンの気持ち。果たしてショパンの魂はここで救われたのか、救われなかったのか?これはM氏には聞くまい!と思っていたのですが、ついつい聞いてしまった私。そうしたら、M氏は静かにこう言いました。

ショパンが救われたか、救われないか、それはわからないけど。。。
この曲を良く見てごらん。これだけ色々あって、極限まで混沌としている。ここまで混沌とすると、そのあとは自然に浄化していくものなんじゃないのかな。

ちょっと感動してしまいました。その通りなんです。
もうどうしようもないレベルまでぐちゃぐちゃになって、最後は嘘のように幻のように静かな世界が広がる。これは極限まで進んだ混沌が自然に浄化された世界だった。
ものすごーーーく納得させられました。頭の中の霧がすっきりと晴れていくような気持ちがしました。
やっぱりM氏はすごい。

さて、感動よりも、まずはペダリングを全て見直しです。。。はああ。
いったいいつになったら、このノクターンはあげてもらえるんだろう。永久に上がらない気がしてきました。私の演奏はどれだけ混沌としてもその後に浄化された世界がやってこないのは、なぜだろう???


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:25:37 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad