■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
So Romantic...
カウアイ島で泊まったホテルの目の前にあるビーチ。
かなり波が荒いので泳いでいる人はまず居ませんが、サーファーはたくさん。

hawaii08


泳がなくてもビーチに座って、寄せてくる波や波にのまれるサーファーを見るのはなかなか楽しいもの。

ふと横を見ると、ビーチに近い岩の上で
一組のカップル民族衣装をまとった女性
が目に入りました。

何と二人だけの結婚式でした。
普段着の新郎新婦。
沈む夕日に照らされて、私からは彼らが美しいシルエットになって見えました。

hawaii11


こんな結婚式もあるのです。
波の音しか聞こえないビーチの岩の上で執り行われる結婚式。

すごーくロマンティックです。
すごーく神聖です。

普段着で二人だけでする結婚式。とてもシンプルで素敵でした。

なぜか涙ぐんでしまった私でした。
色々な生き方があります。
ここのところどうも涙腺がゆるくなって困ります。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 05:50:13 | Trackback(0) | Comments(0)
Little Grand Canyon
カウアイ島には、ワイオミアキャニオンと呼ばれる峡谷があります。
この峡谷を訪れるためには、島の中心部を走る山の稜線に沿って、延々と山を登らなくてはいけません。

当然自動車で登るわけですが、
カーブの連続、道は狭い、すぐ横は断崖絶壁
なかなかスリル満点です。
対向車がカーブの先からひょんと現れたりすると、ぞっとします。

細く曲がりくねった道をくねくねと上がっていた先にこんな景色が広がっていました。

hawaii01


絶景です。雨による侵食によってこんな峡谷ができるのです。
まさに自然の大きさと人間の矮小さを実感。
胸が苦しくなるような気持ちになりました。

こんな山の上にもカウアイ島名物の野生の鶏は居るわけで…

hawaii12


子供が蒔いた餌を取り合って、喧嘩も発生!

帰りもまた、上がってきた細道をくねくねと下っていきます。

hawaii06


こちらも絶景です。
カウアイ島。本当に大きなスケールの自然を楽しませてくれました。


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 05:48:51 | Trackback(0) | Comments(0)
Golf in Kauai Island
hawaii09


ハワイに来てからずっと晴天に恵まれラッキーな私。

カウアイ島で宿泊したホテルに併設されたゴルフ場にやってきました。
このゴルフ場、11月21日と22日にPGAのグランドスラムという試合の開催会場になります。試合の準備のため、フェアウエイにカート乗入禁止!という不便はありましたが、いやあ素晴らしいゴルフ場です。

途中、片側にずっとオーシャンビューをいただいたホールが続きます。
見事な眺めです。

しかし当然のことながら
海の側は風が強い!
泣かされました。
ただでさえ飛ばないボールが更に飛ばない…

もうすぐここでプレーをするタイガーもこの強風に泣かされるのでしょうか?

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

golf | 05:46:11 | Trackback(0) | Comments(0)
Primitive Island
オアフ島で数日過ごしてから、オアフ島の北側に位置する島 カウアイ島に移動。オアフ島から飛行機で30分ぐらいです。

このカウアイ島は、ハワイ諸島の中で一番早く生まれた島として、また手つかずの自然が楽しめるところとして人気があるそうです。
映画『ジュラシックパーク』の撮影の一部もここで行われたそう。

なるほど、すごい大自然です。
リゾート地として開発された一部を除いて、
サトウキビ畑、バナナ畑、山、草原
そのようなものしかありません。

空港からレンタカーで走り出してすぐ、こんなものが目に入ってきました。
hawaii18

カウアイ島名物、野生にわとり
ハワイ語では"NeNe"というらしい

最初は珍しがって、せっせと写真を撮っていた私ですが、どこにでも居る事が判明。まるで宮島の鹿のようであることに気がつき、写真撮影はやめました。

私が泊まったのはPoipu(ポイプ)と呼ばれる、カウアイ島南部にあるエリア。海水を引き込んだ砂浜プールがあると聞いて、ダッシュダッシュ。
hawaii05

最高です。。。

そして明日は
ゴルフです。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 03:27:09 | Trackback(0) | Comments(0)
Hawaii Regional Cuisine
alan wong


ハワイ(オアフ島、ホノルル)に来て、一番驚いたのが
日本人の多さ

意外にも
食事が美味しい
こと。

ハワイはアメリカ合衆国の一州です。当然、アメリカ全土の平均的な味の食事しかないものかと予想していた私。

ガイドブックを見ていて、気になるレストランがいくつかあったので、片っ端から試してみることに…
ハワイには、ハワイアンリージョナルクイジーンと名づけられた料理を出すレストランのグループがあります。
フレンチ・コンチネンタル・ジャパニーズなど違うジャンルのシェフがそれぞれに、ハワイの伝統的な素材やレシピを生かしたメニューを提供すると言うもの。

オアフ島滞在中に、このグループに参加しているレストラン4件を試しましたが、どれも美味しかった。それぞれにベースになる味が違って、毎日食べ歩いても飽きない感じでした。

意外や意外。アメリカ合衆国(NY以外)で
美味しい!!
と思えるレストランに会えるなんて…

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 02:02:01 | Trackback(0) | Comments(0)
Japanese Island ?
hawaii04


宿無しの危機から何とか逃れ、明日から宿泊の予定だったオーキッドの柄のタイルプールで知られたワイキキビーチのホテルにチェックイン。ほっ。。。

少し仮眠してからワイキキの街へ繰り出しました。

たまげました。
日本人しか居ません

ちょっとこれは大げさだったかもしれませんが、本当に街を歩いている人、ホテルに泊まっている人、半分近く、いやそれ以上が日本人では無いでしょうか?

ハワイにこんなに日本人が多いなんて、本当に驚いた私。
やっぱりこれまでハワイに一度も来たことが無い日本人は、私ぐらいだったかもしれません。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 13:43:33 | Trackback(0) | Comments(2)
Date Line
hawaii03


成田から6時間のナイトフライトを経て到着したのが
ハワイ、ホノルル空港です。

いやあ、本当にここは常夏です。
空港に降りた途端に南国特有の空気が流れていました。

ここに住むまでアメリカには3度しか(それも東海岸の数都市だけ)来たことの無かった私ですが、ハワイに来るのは今回が初めて!
こんな日本人は珍しいでしょうね。

ホテルに着いて早速チェックイン。寝不足でふらふらしているので、早く仮眠したい私。
ところが、ホテルのお姉さん、何だか手間取っております。
そして神妙な面持ちでこう言ったのであります。
「あのお、お客様のご予約は明日からになっておりますが…」

えええ?!?!?

あわてて、旅行会社から送られてきた旅程表を取り出す私。
今回は、
NY~東京~ハワイ~NY
というイレギュラーなフライトになったために、近所にある旅行社に航空券やホテルなどの手配を頼んだのでした。

良く良く旅程表を見てみると、
なるほど確かに翌日からの予約になっています。

????

そうです。
旅行会社のPollyちゃん、
日付変更線を読み違えた
のです。

あああああ、今夜は宿無し???


泣き出しそうな私をみて、すぐに空き部屋があるか確認をしてくれた親切なホテルのフロント係。

助かりました。空き部屋がありました。

これぞアメリカです。
旅行会社の人が日付変更線を読み違えるのです。

まあ、オアフ島で過ごす日が一日増えたのはラッキーでしたが…
帰ったらすぐにPollyちゃんに文句を言うからね!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 12:54:10 | Trackback(0) | Comments(0)
Night Flight
楽しい時間もあっという間に過ぎて、出発の日がやってきました。
いつもいつも日本から離れる時には、本当に切ない気持ちにさせられます。

今回のようにコネチカットへ直行便ではなく、寄り道をして帰るような時でも、やっぱり切ない。

今回はナイトフライト。機内から見た夜になる直前のほんの一瞬の空のグラデーションに更に切ない気分にさせられました。
nightflight


寄り道の行き先は?
まあそれは後でお話するとして…

ハ○イへ向かう夜の機内の中で、今回の滞在のことを色々と思い返しました。
やっぱり何と言っても今回一番嬉しかったのが、
スペインに居る友人と会えてゴルフが出来て、そしてたくさん話が出来たこと

数年前に突然スペインに行ってしまった彼。
その時には考えてもみなかった自分自身の渡米。
今回日本から離れた場所に住む者同士として、これまでとは違った気持ちで話が出来たような気がしました。

彼が言った言葉。
「海外に居ると人に優しくなれるような気がする」
これはとても印象的でした。
また、本当にその通りだと思いました。

私もアメリカに来て優しく、そして我慢強い子になりました。
と言うか、言葉が不自由なんでそうならざるを得ないんですけどね…

でもまじめに、
人のお世話になる
機会が日本に居る以上に多いので、他人の好意の有り難味を強く感じるのはたしかです。
そして自分もお返ししようと言う気分になるのです。

日本を離れてよそ者になってみると、ちょっと謙虚になれるのかもしれません。



テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Japan | 08:08:37 | Trackback(0) | Comments(4)
安芸の宮島
私の母の実家は広島にあります。そして私も広島で生まれました。

今回の一時帰国中に、今も一人で広島に住んでいる祖母に会いに行きました。そして、その帰りに久しぶりに宮島まで足をのばしてみました。

安芸の宮島。風光明媚な瀬戸内海に浮かぶ島。
宮島しゃもじは、広く全国に知られていますが、実はここがもみじ饅頭の発祥の地であったりもします。

広島市内から車で約40分。宮島口というところから、フェリーに乗ること10分。
フェリーからは、宮島の顔とも言うべきこんな景色が望めます。
miyajima_itsukushima_to02

宮島の顔とも言うべき、厳島神社の大鳥居です。

島に渡って逆方向から眺めるとこうなります。
miyajima_itsukushima_tori01

あいにく、島に渡った時間が干潮と重なってしまったために、鳥居の根元が完全に見えてしまい、ちょっとロマンティックさに欠けてしまったような気も…

それでも海の中に浮かぶ平家ゆかりの神社は神聖な気分にさせてくれます。
アメリカに居てこういう気分になることは、まずありません。
やっぱり日本がいいなあ、と強く思った瞬間でした。

しかし、街に出ればこれです。
miyajima_shika

宮島名物、鹿のお出迎え

島で甘やかされている彼らは、人間を恐れることはありません。それどころか、食べ物を持っている人を見るとぐんぐん寄って来ます。
もみじ饅頭を食べながら歩いていた子供は、もみじ饅頭を奪い取られる始末…

“鹿”という観点から言うと、コネチカットも宮島も変わらないような気がします。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

Japan | 13:17:43 | Trackback(0) | Comments(0)
寄り道
長らくご無沙汰いたしました。
11月3日に日本を発って、ちょっと途中で寄り道をして、今日アメリカへ戻ってきました。

ただでさえゴルフ焼けが激しいところに加えて、更に色黒になった私。
これから少しずつ寄り道のお話をしたいと思います。

写真も載せたいのですが…
デジカメの充電池など一式が手元に無い!

そうです。帰り西海岸で飛行機を乗り換えた際に、無理な乗り換え時間を強いられ(20分)、しっかり荷物は積み残されてしまったのです。

ああああ、私のスーツケースは今どこに???
これがアメリカです。久しぶりに思い出しました。

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 04:45:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad