■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
RUDYの災難
先週末、我が家に子供づれの来客がありました。

アメリカで意外に多いのが
猫アレルギーの人

我が家にはRUDYことデカ太郎が居るので、最近お客様にはもれなく猫が居ることを事前にお伝えするようにしています。
御多分にもれず、この家族もお父さんが猫アレルギーでしたが、長時間でなければ大丈夫だとのことで、いらっしゃることになりました。
お子さん(11歳と8歳)にも「猫は好き?」と確認したところ
「うーん。猫は嫌いじゃないけど…」
とあまり乗り気しない様子。

そんなお客さんが来て、5分経過。我が家はこのような状態になりました。

rudyplay02


遊ぶ遊ぶ。全員が狭いリビングの中で、猫の関心をゲットしようとそれぞれにおもちゃを振り回しています。中でもお母さんが一番激しく遊んでいました。

そして驚いたことに、我が家の猫は、これまた良く全員に付き合ってあげるのです。感心です。
このご家族が遊びに来て、ご飯を食べて帰るまで約3時間。子供たちは、猫と遊びたいがために、ご飯をものすごい勢いで食べたほど。

rudyplay01


気の毒なRudyは3時間ほとんどノンストップでいじくり回されて、
お客さんが帰った後と次の日一日は、もうぐったりです。白目を剥いて眠ってます。

rudysleep


嵐の来客から2日後。RUDY宛てに郵便が届きました。
子供たちからのお礼状です。

RUDYへ
 遊んでくれてありがとう!
 おもちゃ気に入ってくれると嬉しいです。
 ラブ
 ベッキー


rudybecky


単純な僕ちゃんは、いただいたおもちゃでまた大ハッスル。
可愛そうな小鳥ちゃんは、1時間以内で両方の翼を失いました。

rudytoy


スポンサーサイト

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 13:22:19 | Trackback(0) | Comments(4)
"FAMILY″ 日本人 VS. アメリカ人
アメリカに暮らして1年半、日本人とアメリカ人の家族観の違いを強く感じることが良くあります。

一般的なアメリカ人に
「あなたにとってもっとも大切なものは何ですか?」
とたずねた時に、多くの人がすぐに
「家族(ファミリー!)」
と答えると思います。

family photo sample

※これは一般的なアメリカ人の家族のイメージで、Authorとは特に関係はありません。

さて、日本人はどうでしょうか?
実際アメリカ人と同じように思っていても、「家族」という言葉は、なかなかすんなりと口から出てこないのではないでしょうか?

日本人は謙虚さを示すために、身内のことを他人に悪く言う傾向がある
と言うことを聞いて、うんうんと思ってしまった私。

だから日本人には愚妻とか愚息なんて言葉が存在してしまうわけです。
東○大学にトップ入学した息子でも、謙譲の心を示す日本人父にとっては愚息と表現されてしまうのが、日本人の感覚。

アメリカ人は、この日本人の傾向とは反対に、他人に身内のことを思いっきり自慢します。
もし息子が東○大学にトップ入学したのなら、
こんな素晴らしい息子を持って僕は幸せだ!!!
とシャウトすることになります。

まあこの違いは、「どうやって感情を表現するか?」の違いですが、それとは別に日本人とアメリカ人では根本的に家族観が違うような気がします。

先日、仕事関係の知り合いである日本人
(男性、年齢50歳(推定)、既婚、子供2人、現在米国へ単身赴任中)
と話をしていた時のことです。

ちなみに、彼は某社の東京本社からNY駐在事務所へ現地社長として、単身赴任中。昼間は特にノルマのかからない駐在事務所でのんびりと過ごし、週に数回、夜は同業日本人と朝まで飲み、リムジンで自宅まで帰る(全て会社経費)という優雅な単身赴任駐在生活を謳歌しています。

仕事以外ではほとんど現地人(アメリカ人)との接触の無い彼。ある日私にこう言いました。
「アメリカ人男性って、就業時間後の仕事の付き合いってほとんどしないよね。まっすぐに家に帰って、奥さんと子供の面倒見て何が楽しいだろう?信じられないよ。」

アメリカ人だったらきっとこう言うだろと思ってしまった私。
「仕事の拘束時間以外に、何で仕事関係の人のために自分の時間を使わなくちゃいけないの?仕事終わって夜まで付き合って、休みの日は仕事関係の人とゴルフ。そんな生活信じられない!」

家族を持つアメリカ人の男性の多くは、仕事が終わるとまっすぐに帰宅し、家族と食事をしたり、外出したりします。家事や育児にも積極的に関わり、出来るだけ家族と過ごす時間を長くしようとします。
私の家の近所でも金曜日の夕方は、会社から早めに帰ってきたお父さんが外で子供と一緒に遊ぶ姿を良く見かけます。
社交もほとんどが夫婦単位。プライベートなパーティーはもちろん、ビジネス関係のパーティーなどにも夫婦揃って出て行くことは良くあります。

家庭持ちのアメリカ人にとっての最小の単位は、
夫婦
なのです。

上述の日本人男性の言葉を聞いたときに、ちょっとむっとしてしまった私。個人的に私は、アメリカ的な家族観はきらいではありません。

でも結局、これは人種による違いではなく、個人差なのかもしれません。日本人でもアメリカンな人は居るし、アメリカ人でも接待尽くしの人は居るということです。

最近私はすっかりアメリカ風の“FAMILY”感覚に慣れてしまいました。
悪くないと思います。特に女性には…

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 06:57:33 | Trackback(0) | Comments(4)
コック・オ・バンの秘密
そう言えば…
前回のお料理教室の時にあった楽しい?くだらない?エピソードをご紹介するのを忘れていました。

前回は寒い冬にふさわしい、フランスの冬の煮込み料理
コック・オ・バン
を教えていただきました。

cooking class main0117


日本語にすると
チキンの赤ワイン煮込み
になりますでしょうか?

さて、いただいたレシピを見ながら、先生の説明を聞いていた時の事…

ふと私にはお料理の名前がこんな風に見えました。

コック・オ・バン

こっくおばん

こ○○、おばん

私の本名をご存知の方なら、すぐにピンと来るかと思います。
※ご存じない方には、面白くない話でごめんなさい。お許し下さい。

ここで黙っていられない私。すぐお隣にいらした関西ご出身のお姉さまに、

「あのお、これって“こ○○、おばん”って見えませんか?」

とうかがってしまったところ…

お姉さま、その後3時間ぐらい、帰るまでずーっと私の顔を見るたびに笑い転げていらっしゃいました。

思いっきり関西人の笑いのつぼに入ってしまったようです。
私の吉本デビューも近い???

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 00:46:48 | Trackback(0) | Comments(0)
Gorgeous Freezing Day in Manhattan
今週の水曜日は、恒例のお料理教室のために久しぶりにマンハッタンに行ってきました。
コネチカットの田舎暮らしをしていると、たまに出るマンハッタンは空気が違います。活気も刺激もあります。何よりも道行く人の緊張感が違います。

恒例のお料理教室、今日のメイン料理は寒い冬にふさわしい煮込み料理です。

コック・オ・バン
丸ごとのチキンの赤ワイン煮cooking class main0117


いやあ、これは絶品でした。赤ワインの中でコトコト煮込んだチキンは、なんとも優しくそして深い味わいでした。脇に添えられているのは、トリュフバターのヌードル。これがトリュフの香り、ぷんぷんなのです。

そしてデザートは、
ガレット・デ・ロワ
cooking class desert0117_01

フランスではこれを食べないと一年が始まらないとも言われる、1月定番のお菓子だそうです。
さくさくのパイ生地の中には、アーモンドの粉で作ったクリームが入っています。昔どこかで食べたような懐かしい味です。

そして、1月のフランスの家庭料理を堪能した後には、私の心のオアシスへ…

moma_bangoh

MOMAこと、ニューヨーク近代美術館

近代美術館には、コンテンポラリーしか展示していないと思っている方もあるようですが、実はそんなことはありません。この新しくなったMOMAは、超コンテンポラリーの映像アートから、デザイン、写真、建築など以外にも、おなじみのゴッホやモネなどもかなりの点数が展示されていて、展示を見て回ると
「あっ、これ見たことがある!」
という作品がいっぱいあります。
上の写真には、ゴッホの「星月夜」とルソーの「横たわるジプシーとライオン」
(訳題が微妙に違うかも…)が隣り合っている、贅沢な空間です。

特に素晴らしいのはピカソのコレクション。初期のものから、時代を経てかなりの点数がいつも展示されています。

私はMOMAの年間会員になっていて、MOMAの近くを通るとだいたいちょっとだけ寄って、好きなフロアだけを見て回ります。
常設展示も定期的に展示替えがされているので、何回行ってもいつもいつも新鮮な気持ちで絵画と向かいあうことができる貴重な空間。

特に私のお気に入りのギャラリーは、5階のマティスの部屋
moma_matis01


そして、3階の建築・デザインの部屋
moma_design


家具だって、立派なアートです。実用品をアートとして展示してしまうこの楽しさ。このフロアに来るといつも展示物から、なんとも言えないエネルギーを感じます。

氷点下のマンハッタン。
お腹はフレンチ。心はMOMAで満たされた何とも贅沢な一日でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 12:30:12 | Trackback(0) | Comments(0)
ついに!初雪到来!!
今週は気温の低い日が続いています。
昨日も今日も気温は氷点下。
先々週末は20度を超えるぐらいの陽気だったのに、いきなり氷点下とは体調管理も難しい今日この頃。

例年の寒さを予測して、12月末辺りから本格的な冬が
いつ来るか?いつ来るか?
と構えていた私。。。

しかしこの冬は暖冬で、異常なほど暖かな日が続きました。
12月にほんの数分雪がちらついただけで、その後はさっぱり。

今日会社に行って、夕方オフィスビルを出てみると、この通り。

firstsnow0118

本当の意味での初雪です。

気温はほぼ0度なので、それほど寒くはありません。
天気予報を見ると、
雨まじりの雪
とあるので、果たして今晩積もるかどうか?

とうとうやってきました。雪の季節。
あああ、雪国暮らしはつらいです。
春はまだまだ遠く…
そして私のゴルフデビューも遠いです。


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 08:32:44 | Trackback(0) | Comments(3)
He is on "Hari no Mushiro"(針のむしろ) now...
アメリカでは1/15は、マーティンルーサーキングデーで祝日。
13日の土曜日から3連休でした。

ちなみに昨年のこの3連休は、今思い出しても寒気がする
“恐怖の3日間停電”

で丸つぶれ。


今年は何があるかなあ?なんて気楽に思っていた私。

そして、しっかり何かありました。
そうです。やってくれましたRudyさん。

rudypirrow02

Rudyちゃんのおトイレ掃除は私の楽しくない日課の一つ。
しかしまあ、やるとなったら完璧に!と言う訳で、彼のおトイレはいつも清潔ピカピカ。

ところが、先週の木曜日におかしなことに気が付きました。
朝私がおトイレの掃除をすると
“う○こ”はあるが“お○っこ”が無い
???の私。

そして金曜日
やっぱり“う○こ”しかない
いよいよ???の私。

考えられる原因として
1.具合が悪くて“お○っこ”が出ない
2.トイレ以外の場所にした


出かける時は寝室などの扉は閉めていく私。それでも一応あたりをチェック。特に“お○っこ”の気配は無し…
それじゃあきっと具合が悪くて出なくなったに違いない!
金曜の夜は優しくおなかのマッサージをしてあげた親切な私。明日も出なかったら、いよいよ病院かな?なんて思いながら。

そして土曜日の朝。
やっぱり“う○こ”だけのトイレ。
いよいよ病院です。尿路結石にでもなったのかもしれません。
それにしては、いつも以上に元気な僕。
またまた???の私。

それから数時間後、客間の一つでアイロンがけをしていた時のこと。
クローゼットの中で何かザクザクと音がします。
覗いてみると、中から出てきたのはRudy。
そして、あの温かい何とも言えないにおいも…

まさか???
客間のクローゼットの中に入れてあった、超厚手キャンバス地+皮のトリミングの旅行かばん&ガーメントケースの上に何やら池が…

しっかり3日分です。
毎日ほんの数分の隙を見つけて、私が客間の扉を開けた時に忍び込んでトイレをしていたことが判明!
おなかなんて痛かった訳がありません。
おなかマッサージをしてあげた私の立場は?!

当然のごとく
百叩きの刑

掃除に1時間。
かばんを洗うのに2時間。
猫を無視すること2日間。


やっぱりこの3連休、何も無い訳がありませんでした。
去年は、停電。
今年は、水害。

最悪です。

当人ならぬ当猫もこれはさすがに不味いと思っているらしく(予想)、
可愛く転がってみたり…
ゴロニャン!
rudy_liedown01

いつもお姉さんが「可愛い!」と言ってくれるフミフミをしてみたり…
フミフミフミフミ…
rudy_fumifumi

急にトイレに“お○っこ”を2回もしてみたり…

しかし!!
そんなことが通用するほどお姉さんは甘くない!!

※せめてもの救いは、私のバッグではなかったこと…それでもいや!!!許せない!

続きを読む >>

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 02:03:22 | Trackback(0) | Comments(0)
フミフミフミフミ・・・
動物を飼うたびに驚くのが
それぞれ全く性格が違う!
ということ。

私はこれまでに日本で2匹の猫を飼ったことがありますが、その2匹の性格は正反対でした。
現在の日本の弟分“ゆきのすけ”は言うなれば
犬猫
きわめて犬に近い性格を持ち合わせた猫です。

そして、アメリカ生まれの“お騒がせRudy”は、ゆきのすけの上をいく
犬猫
いつも私の側にぴっとりくっついて、猫にしたらやたらに手がかかる僕ちゃん。

さて、私が愛してやまない猫独特の可愛い習性の一つに、英語で言うと
Keading
と言うものがあります。

私の母はこの猫が前足で地面をならすような行為を
フミフミ
と命名しましたが、これは言い得て妙で、
猫が真剣な顔で、前足を動かす様子は確かに
フミフミフミフミフミ…

ところで、アメリカの猫はこの“フミフミ”をするのだろうか?と疑問に思っていた私。
答えはこの通り!
rudy_fumifumi

Rudyは超がつくほどの“フミフミ猫”でした。
しかも面白いのが、日本のゆきのすけは“フミフミ”気分の時には場所を選ばずフミフミするのですが、Rudyは一風変わっています。
彼はお気に入りのアニマル柄クッションの上でしかフミフミしません。
ちょっとでも嬉しいと、クッションの前に走ってきて、すぐにフミフミします。

発見:フミフミには国境がありませんでした!

続きを読む >>

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 01:09:05 | Trackback(0) | Comments(6)
バイリンガルへの道
こんにちは!Rudyです。

rudypirrow01


街のアニマルシェルターから養子にもらわれて、早3週間。
新しいお家にも新しい家族にもだいぶ慣れました。

この3週間の間に、パンを盗み食いしてお姉さんに百叩きの刑にされたり、僕が寝ている間にお姉さんにこんな風にいたずらされたり、ダイエットさせられたり、色々と大変な事もありますが、何とかやってます。ちなみにお姉さんの強行ダイエットのせいで2パウンドも痩せてしまった僕。グラムだと800グラムぐらいかな。結構厳しいです。

rudy-ribbon01


でも、実はちょっと大変なことがあります。
それは、お姉さんが英語以外の言葉をしゃべることです。
お姉さんは、その時の気分で英語をしゃべったり、日本語をしゃべったりします。僕はどちらでもわかると思っているみたいです。
でもそんなわけはありません、だって僕はアメリカ生まれのアメリカ育ち、正真正銘のアメリカ猫です。日本語なんてわかるわけもありません。今のところ、お姉さんが日本語を話すときには、その言葉の感じから内容を推測して頑張ってます。

そんな訳で、この3週間でたくさんの日本語を覚えた僕。
まず一番最初に覚えさせられたのが
お座り
※英語ではSit Down!とかSit!と言います

お手
※英語ではShake Hands!とかPaw!などと言います。

お座りはすぐに出来ました。なんとなくお姉さんの言っていることがわかったから…
でも、お手はちょっと難しかったです。最初はお姉さんの言っている意味が良くわかりませんでした。でもご飯のたびに、お姉さんが僕の手を取って
「これがお手よ!」
と言うので、だんだんお姉さんがどうして欲しいのかわかってきました。

一昨日の事です。お姉さんが「お手!」って言った時に、ためしに右手を挙げてみました。そうしたらお姉さんは大喜び!どうやらこれが「お手」だったらしいです。その日は、お姉さんは僕が本当にお手が出来るか確かめるために、何度もスナックをくれました。僕もそのたびに「お手」をやってあげたよ。だって仕方が無いから…

これで終わりかと思いきや、その次の日からお姉さんはまた別のことを言い始めました。
おかわり!
「お手!」をさせられたすぐ後に「おかわり!」と言います。お姉さんは、僕がしたお手と違う方の手をとって
「これがおかわり!」
と何度も言っています。
またこれから色々と試さなくちゃいけません。どうすればお姉さんが喜ぶのか…

日米バイリンガルへの道。なかなか大変です。
ちょっと疲れ気味の僕に愛の差し入れを…
rudyup



テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 07:49:15 | Trackback(0) | Comments(4)
“のだめカンタービレ”
私は日本に居た時からほとんどTVを見ない人でしたが、アメリカに来てから英語がわからないので、ますますTVから遠ざかる日々が続いていました。

なぜTVを見ないのか、自分でも理由は良くわかりません。TVの前にじっと座っていると、時間がもったいないような気がしてくるのか、それともようは「じっとしていられない」だけなのかもしれません。

先日、まもなく日本に一時帰国する友人が日本のTVドラマのDVDを貸してくれました。
時間がたつうちに、すっかりその存在を忘れていた私ですが「いつまでも借りっぱなしは良くない!」と思いたち、再生してみました。ちょっと観て面白くなかったら残りは観ないでお返ししてしまおう、なんて思いつつ…

ところが…
これが意外にも面白かったのです。
とうとうTVの前に正座してDVD3本連続して観る事に。

そのTVドラマとは
のだめカンタービレ
昨年秋からフ○テレビの月9に登場したドラマ。

nodame01

その名前も存在も何も知らなかったのは私ぐらいなものでしょうか?

原作は二ノ宮知子さんの漫画で、今回私が借りたのはそれをドラマ化したもの。
音楽大学の学生達が繰り広げる笑いや恋の物語。

私が驚いたのは、なかなかどうしてクラシック音楽のツボを押えていること。
一話ずつメインになる音楽(クラシック)曲があるのですが、この選曲が結構いけているのです。
もちろん、かなりクラシックに詳しい人にはちょっと「それはないでしょう?」と思う部分も多々あるかとは思いますが、それでもクラシック入門編としてはなかなかなもので、クラシックに馴染みの無い人でもとっつきやすいように上手く選曲されています。

私の大好きな
ベートーベンの交響曲7番

ラフマニノフのピアノコンチェルト2番
も、しっかり取り上げられていました。
※私ってミーハーなのかな?

アメリカに来て1年。こちらで初めて観た日本のテレビドラマでした。
原作の漫画を読んでみたい気分になりました。

もうすぐこのDVDを貸してくれた友人がアメリカに戻ってきます。
彼女が帰ってきたら、すぐに続きを貸してもらわなくちゃ!
ち○子さん、よろしくお願いしますね。

続きを読む >>

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

music | 01:29:12 | Trackback(0) | Comments(0)
Spring Day in January
この冬は暖冬です。
去年の今頃は何度目かの雪が降りましたが、今年はまだ雪らしい雪は降っていません。
寒さが苦手な私には、大助かりの1月です。

特に1月6日は、何と20度近くまで気温があがりました。
1月のコネチカットとしては、異常な暖かさです。
小春日和を通り越して、初夏の勢いです。

貴重なこの日を逃すまいと、街のビーチへ繰り出しました。

なんと…
ビーチへ続く道が、手前1キロほどからずーっと渋滞しています。
普段なら家から10分かからず到着するビーチへ、なんと30分!

着いてみると、これです。
湘南海岸並みの人出です。真夏並みの人出です。

beach02


子供連れと犬連れがずらり・・・

beach03


皆考えることは一緒です。。。
こんなに一度にたくさんの子供と犬を見たのは、初めてかと思うほど。

それでも、日暮れにはこんな美しい景色も見ることが出来て・・・

beach01


真冬の貴重な小春日和を堪能できた週末でした。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 11:01:22 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad