■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Please, DO NOT TOUCH!!
先日東京に住む友人からのメールに
「梅が咲き始めたよ!」と書かれていました。

いいなあ。梅の香り。
ここには梅なんてまだ咲いていないし、だいたい梅の木自体もあまりみかけません。

3月に入るとすぐに桃の節句です。
ここには梅も桃もありませんが、気分だけでもお節句をしようと先週お雛様を飾りました。

ohinasama07


アメリカに来るにあたって、どうしてもお雛様も持ってきたかった私は、かねてから大好きで憧れていた“一刀彫(いっとうぼり)”のお雛様を買ってはるばる日本から運び込んだのでした。

このお雛様を飾るのは、アメリカに来てもう2回目。本当に時間がたつのはあっという間です。

去年の経験から、このお雛様に欠かせないものが…
pleasedonottouch


“さわらないで!!”
の貼紙。

そうなんです。触るんです。アメリカ人ってすぐに。
私が「触らないでね!」って言う間もなく。
「わあ!なんてきれいなの!」
って言った瞬間にはもうお人形をつまみあげています。

何ででしょうか?国民性でしょうか?
そう言われてみれば、NYのMOMAにもこんな貼紙がいたるところにありました。

Please do not touch art works! Even your hand is clean, it can hurt them!
“作品に手を触れないで下さい!たとえきれいな手でも作品を傷めます!”

これは
「手がきれいなんだから、触ったっていいじゃなあい!!」
って抗議する人がいるってことです。

つくづく面白い国民性です。アメリカ人。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 05:23:02 | Trackback(0) | Comments(2)
ついにここまできた!プチパン登場!
アメリカのパンがおそろしく不味い事は、既に何度も書いていますが、
でも実際、何度でも言いたくなるほど本当に美味しくありません。
冗談ではなく、時々死ぬほど美味しいクロワッサンを食べている夢を見たりする私。あああ、パリへ住みたい!パリで食べた焼きたてのクロワッサンの味が忘れられません。

かなりのパン好きである私は、日本に居る時から朝は、コーヒーと美味しいパンを食べることに決めています。多くのアメリカ人は、朝食に“シリアル”なるものを食べるようですが、私はいや!そんな朝からあんなバリバリのコーンフレークに冷たい牛乳をかけたものなんて食べたくありません。

しかもアメリカ人曰く…
アメリカ人は、朝、サラダを食べない!
そうです。

何でかわかりません。でもそう言うことになっているそうです。果物だって食べないお家の方が普通だそうです。
「じゃあ君たちは、朝ごはんに何を食べているんだい?」
って聞くと、
私の大嫌いな 「シリアル」
だそうです。特別な時には、これにヨーグルトがついたりするらしい。
また朝ごはんは食べない人もたくさんいるらしい。

前置きが長くなりましたが、私にとって“幸せな朝食のひと時”を実現するために、私はだいたい週に2回の割合で自分でパンを焼いています。

既に2台目のBread Maker(日本製!)をゲットしてからは、私のパン焼き技術は日々進化を続けております。
newbreadmaker


日本製のパン焼機に日本のレシピ!
これさえあれば、怖いもの無しです。

パンを自分で焼いてみて初めて知ったことはたくさんありますが、パン焼はとても時間と手間がかかります。ブレッドメーカーで焼くにしても普通の山型食パンが焼きあがるまで4時間ぐらいかかります。これは生地を醗酵させる時間があるからです。更に自分で成型しなくてはいけないタイプのパンだと、パンを仕込み始めてから焼きあがるまでの4時間あまり、わがままなイーストさんのご機嫌をうかがいつつ、ツキっきりでお世話をすることになります。

週に何度も4時間ツキっきりでパンを焼くのはちょっと時間的に無理なので、私が普段焼くのは、ブレッドメーカーの釜をそのまま使って焼くいわゆる食パン型のパンです。

しかし、先週末初めて、自分で成型するタイプのパンに挑戦してみました。

ブレッドメーカーで1次醗酵まで終わらせて、その後は全て手作業。
生地を等分し、成型し、ちょっとお休みさせて、また成型して暖かい場所で二次醗酵。それからオーブンで焼き上げる。

ptipan01


パリッ、サクッの外皮。そして湯気の立ち昇るふわふわの中身。あたたかい小麦の香り。
全ての努力が報われた瞬間でした。

日本では考えても見なかった“パン焼”。始めてみると、これが意外にも面白くてはまります。
この発見、美味しいパンが無いアメリカのおかげであるとも言えます。

cooking | 08:40:14 | Trackback(0) | Comments(6)
氷点下で○○すると・・・
先週のアイスストームから1週間。今週はちょっとだけ暖かい日が続いています。ちょっと暖かいって、今日は摂氏だと5度~7度ぐらいです。ちなみに先週はずっとマイナス5度ぐらいでした。

マイナス5度の中、ゴルフの練習場に行っていたことは別にして…
ちゃんと暖房機能のついている練習場だから暖かいんですよお!

雪が降ると車が汚れる

dirtycar01

※ちなみにこれは私の車ではありません。駐車場の隣に停めてあった車です。

これは雪国に来て知ったことの一つです。もちろん車を車庫に入れっぱなしにしておけば話は別ですが、普通に雪の中や雪の後を走り回ると、車が真っ白になります。特に足回り部分は、とても汚くなります。時には、バンパーからツララが生えてきたりもします。

そんな訳で思い立った洗車。もちろんセルフです。お天気もよさそうだし、さっと終わらせよう!なんて考えた私が馬鹿でした。

氷点下の中で車を洗うと…

 1.洗ったそばから車に付いた水玉が凍ります。
 2.自分の洋服に飛び散った水も凍って雪のようになります。

そして極めつけがこれ!
洗車のために、地面にたまった水はすぐに凍って氷になります。
ツルツル滑ってかなり危ないです。

そんな訳で、今日の教訓。
氷点下の洗車は危険なのでやめましょう!

って、そんなこと考えるの私だけですね…



daily life | 06:39:53 | Trackback(0) | Comments(2)
凍れる河
先週バレンタインデーに降った雪が、今や氷になってしっかりと道路や庭にはりついてます。雪かきをしていない我が家のお向かいさんのドライブウエーは、こちらから見るとまるでスケートリンクのような輝き。積もった雪の表面が、つるつるつやつやになっています。

先週末、家から街の中心部への裏道を車で走りました。この道はちょっと大きな川沿いにあって、夏も冬もなかなか風光明媚。いつも夕陽にきらきら光る水面を眺めながら、ここだけはちょっとゆっくり走る私。ネズミ捕りも良くやっているので…

ところが今日は光る水面が見えません。

frozenriver01


そうです。川が凍り、その表面に雪が積もっているのです。

そりゃあ、2月に入ってから川が部分的に凍って、スケートをしている人もたまには見かけましたが…それなりの大きさのあるこの川が全面的に凍って、しかもその上に雪が積もるなんて…ショックです。生まれて初めてみました。
あああ、ここは雪国です。

そう言えば昔、“凍れる河”って言う映画か本があったような気が…

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 01:32:58 | Trackback(0) | Comments(0)
I am like ロボコン
バレンタインのアイスストームから一夜。
今日は快晴です。

積もった雪に太陽の光が反射してまぶしい!
なんて言っている場合ではありません。
今朝起きたら大変なことになっていました。

 全身が鉄の板のようにこわばってしまって、体が動かない
 息をしても胸が痛い


なぜ?

それは昨日の夕方、“氷かき”をしたからでした。
昨日の嵐は普通の雪ではなく、ほとんど氷のような雪がふりました。そのため降った直後でも既に地面に凍り付いてしまって、たった10センチ弱ぐらいの積雪でも、いつものようには雪かきができなかったのです。

一人でスコップを持って、氷と格闘すること2時間半。
それでも、家の車庫から家の前の道路までの雪かきを終了させることが出来ません。暗闇の中、しまいにはムキになってやった“氷かき”。

snowydriveway


その結果が、これです。
気分はまるで“ロボコン”のようです。

robocon01


ちょっと古すぎるでしょうか?

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 09:33:19 | Trackback(0) | Comments(6)
Icy Cold Valentine's Day
今日2月14日は、バレンタインデー。

街中が
ハート ハート ハート
の日です。

varentine_03


こちらのバレンタインデーは、愛し合う男女がお互いにプレゼントを送りあいます。そして夜はバレンタインディナーへ!

アメリカのレストランが1年で最も満席になる日が、この“バレンタインデー”となぜか“母の日”だそう。(あれっ?父の日は?)人気レストランは、この日は“2交代制”で、おしかけるカップルの要望とクレームに応えます。

ところが、今日はあいにくの荒れ模様。

icy valentine

すごいです。
雪と言うよりは、氷の塊が降っています。風もビュービュー、まるで雪嵐です。

私も車通勤なので、お昼で会社を早退してきました。
路面の状況はひどく、皆慎重にのろのろ運転。いつもは20分ぐらいの道のりが、倍以上の時間がかかりました。

Hot Valentine's Day
のはずが
Super Icy Cold Valentine's Day
になりました。
これではいくら愛があっても暖まりません…

加えて、停電が怖い…


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 06:40:41 | Trackback(0) | Comments(0)
返り血ならぬ返り○○
我家の猫太郎のおトイレの話。

日本での猫トイレの経験から、こちらで猫を買うことが決まった時に、「どういう猫トイレを買うか?」というビジョンがはっきりしていた私。

それはこれ。
catlitter01

フード付き、いわゆる“ドーム型猫トイレ”

ご存知のとおり、一般的に猫は砂地でトイレをすることを好みます。ですから家で猫を飼う場合も、トイレには砂状のものを敷き詰めます。
この猫砂にも色々な種類があるのですが、私の好みは“固まる猫砂”。
砂に水分が含まれるとその部分だけが固まる仕組みになっています。このタイプの砂だと汚れた部分だけを取り替えられるので、比較的お掃除が楽。

ところが、多くの猫は
トイレをした部分に砂をかけて隠す
という習性を持ち合わせているので、おトイレが終わると、ざくざくと周囲の砂を汚い部分にかけて隠します。

この“ざくざく”と本人がおトイレから外に元気良く飛び出す動作で、おトイレの周囲には猫砂が散乱することになります。

前置きが長くなりましたが…
この“砂の飛び散り”を防ぐために、ドーム型トイレを選んだ私でした。このトイレにも、Sサイズ・Mサイズ・ちょっと大きめの僕ちゃんのためのLサイズとあります。当然、かなり大き目の僕ちゃんのためには、
Lサイズ

我家のルー太郎は、このドーム型トイレにあまり抵抗感を感じなかったようで、我家に来た直後から、普通にこのトイレを使ってくれました。
このトイレの難点は、おそうじのたびに、フードをはずさなくてはいけないということ。まあしかし、トイレの周りが砂だらけになるよりはましです。そんな文句は言うまい。。。

ところが、ある日。
おトイレ帰りのめちゃくちゃハイテンションな僕ちゃんが、なぜか全身濡れたようになって部屋に戻ってきました。本人も気にして、ぺろぺろ毛づくろい。

???

匂いたくないけれど、匂ってみなくちゃいけない私。
予感は的中しました。
そうです。濡れているのは、じぶんのおしっ○で濡れているのでした。

いったい何が起こったのかとおトイレを調べてみると…
駆け込みトイレで、きっちりしゃがまずにおトイレをした僕ちゃんはドームから
返り血ならぬ返りおしっ○
を浴びてしまったのでした。

デカ太郎ちゃんには、特大サイズのトイレさえ小さかったのです。

そんな訳で、私の夢の“ドーム型トイレ”は設置から2週間で、ドーム無しのただのトイレに。
catlitter02

がっかりです。

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 05:48:10 | Trackback(0) | Comments(2)
Put to sleep
先週、いつもの仲良し3人組が集まる機会がありました。
今回お世話になった家には、14歳になる小型犬がいます。

この犬はもともと彼女のご主人の実家で飼われていましたが、加齢と共に体の故障が多くなり、飼い主に見放されてしまったため、私の友人が見かねて引き取ったのでした。とてもショッキングなことですが、この14歳の犬は体調不良を理由にもう少しで飼い主(友人の義理の母)によって安楽死をさせられるところだったのです。

驚いたことに、アメリカでは
“ペットの安楽死”
が普通に行われています。

この友人のように、高齢で体調がすぐれなくなったからと言うのは、良い方です。 
 ・引越しをするから
 ・子犬を飼いたいから
 ・飼ってみたらよい犬では無かったから

こんな理由で、簡単にペットを安楽死させてしまう人がたくさんいるそうです。

私も猫をシェルターから引き取ってから、捨てられてしまったペット達の話を興味を持って聞くことが増えました。シェルターに引き取られたペット達は少なくとも飼い主から“安楽死”はさせられなかっただけ、まだマシな方かもしれません。

動物を安楽死させることを英語では“Put to sleep”と言います。安楽死を遠まわしに、聞こえ良く表現した言い回しです。獣医さんでさえも、高齢になって病気がちになったペットを持ち込むと、率直に“安楽死”をすすめるそうです。

私が小さい頃、「何か動物を飼いたい!」と言うたびに言われたことが
最後まで責任を持って飼えないのなら、飼うな!
と言うことでした。

どんな小さな動物にも我々と同じ命があります。虫を飼う時にだって、そういう話を学校の先生や両親からしつこいほどされました。
アメリカにはそう言う話はないのか?家族は大事なのに、犬や猫は家族じゃないのか!
と友人と語り合った私。

私達が知らないだけで、日本でも同じことが行われているのかもしれません。

彼女の愛犬はこの頃特に体調がすぐれず、私が彼女の家にお邪魔した時には、ほとんど寝たきりの状態でした。夜も一人になると淋しくて、くんくん鳴くので、彼女は数時間おきに起きて犬の様子を見に行っていました。

楽しかった友人との集いから2日後、彼女からメールが来ました。
「ついに愛犬が天国に行ってしまった」
と書かれていました。
彼女と旦那さんに大事にされて、寝たきりになっても添い寝してもらうほど愛されて、ついに天国に旅立った彼女の犬。こんな幸せな最期を迎えられる犬がどれほど居るのか?と思うと実際涙が出そうになりました。

私も彼女のように我家の猫を最期まで看取ってあげたいと心から思います。

rudy erimaki


ちなみにこのデカ太郎、まだまだ当分は元気そうです。
このサイズですから…

ミンクの襟巻きにしたら、ちょっと大きすぎ???


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 00:48:06 | Trackback(0) | Comments(0)
おうまがとき
今週、アメリカで数日にわたって大衆紙や新聞の1面を賑わせた事件がありました。

その事件についてざっと説明をすると…
NASAの宇宙飛行士である女性(43歳・既婚)が、
astronout female

恋人である宇宙飛行士(41歳・離婚歴あり)
astronout male

の浮気相手を誘拐しようとした。

この事件自体は、どこにでも良くある“男女関係のもつれ”、特に珍しくも無い事件です。しかも犯行自体は未遂です。それにもかかわらずこの事件がここまで大きく取り上げられる主な理由として
 1.NASAの宇宙飛行士が逮捕された。
 2.犯人の女性が、恋人の浮気相手の女性にアタックするために、ヒューストンからフロリダまで900マイルをノンストップで運転して移動した。
 3.BBガンやペッパーガンなどを持ち合わせていた。

があります。

900マイル(約1450キロ)をノンストップで運転するために彼女がしたこと。
それは、トイレに行く時間を節約するために
オムツをはいた
ということです。

オムツは、英語でDiaper(ダイパー)と言います。
事件の翌日あたりから、TVのトークショーなどでこの″Diaper”という単語が流行語となっています。

NASAの宇宙飛行士が、自分を裏切った恋人の新しい彼女にアタックするために、オムツをはいて900マイルノンストップで運転をする
ことが、トークショーの笑いのネタになるほど面白かったようです。

ところが、外国人の私にとっては
“オムツ”がそれほどおかしいかな?
と思ってしまうこの事件。

私には“オムツ”よりも“何が彼女をそこまで思いつめさせたのか?”と言うことの方が興味があります。

日本より宇宙飛行士の数がはるかに多いアメリカとは言え、宇宙飛行士になることは非常に困難なアメリカ。今回の事件を起こした女性は、アメリカの軍隊の中では最もランクの高いと言われるエアフォースのキャプテンの位も持ち合わせた、言ってみればかなり成功している女性です。そんな人が羨むようなキャリアを持ち合わせた女性、おそらく頭脳回路も普通以上であろう人が、恋敵を襲撃するためにオムツをはいて900マイルを運転する。

何が彼女にそうさせたのか?

日本語で“魔がさす”と言いますが、それと同じような意味で“逢魔が時(おうまがとき)”と言う言葉があります。アメリカでもかなり成功した部類に入る彼女が、今やこんな姿に。
astronout female after


彼女は一瞬の“おうまがとき”に入ってしまったのだと思います。
恋心は、良くも悪くも人の心に“魔”をもたらします。

“オムツ”で熱狂しているアメリカ人に対して、ひさしぶりに“おうまがとき”という言葉を思い出した私でした。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 21:52:50 | Trackback(0) | Comments(4)
Chocolate Haven
先週、特別な計らいでマンハッタンで話題のチョコレート店
Jacques Torres Chocolate Haven
のファクトリーを見せていただきました。

このチョコレート店のオーナーパティシエである
Jacques Torres氏

chocorate11


私の通っているお料理教室の先生の師匠。

先生が師匠にお願いして、お教室の生徒20名ほどにチョコレートの製造過程を見せていただく機会を特別に作ってくださったのでした。

さすがトレス氏は、フランス人。丁寧な説明にもウイットを盛り込むことを忘れません。
途中では師匠と弟子の掛け合いもあったりして…

chocorate10


そして最後に、トレス氏自ら“テンパリング”と言う作業を見せて下さいました。

テンパリングとは
チョコレートを溶かして固める時に、チョコレートを一定の温度に整えて、中に含まれている脂肪の分子配列を整え、艶のあるチョコレートに仕上げる過程のこと
※先生の説明引用

大理石の板の上で、ドロドロに溶かしたチョコレートを手早く均一に混ぜながら、チョコレート全体を一定の温度に下げていきます。

chocorate05


これぞプロの技です。
それまでジョークなどをにこやかに飛ばしていたトレス氏の顔が一転して、真剣に。
どんな業種でもそうですが、一流の人の仕事は美しく無駄がありません。そしてオーラが出るのです。見ていてため息が出ます。

私のゴルフの師匠もそうでした。それまで皆でべらべらしゃべっていても、一旦彼がアドレスに入ると、ぼわーっとオーラが出るのです。
トレス氏のテンパリングを見ながら、急に師匠のことを思い出した私。

もうすぐバレンタインデー。
この見学の後チョコレートを買わせていただいて、翌日エアメールで師匠に送りました。



続きを読む >>

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 09:17:35 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad