■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キッチン改装途中経過-2週間-
ようやくキッチン大改装も開始から2週間が過ぎました。今週はクリスマス休暇のせいで、工事は水・木・金の3日だけ。その3日間ともほとんど家で過ごした私は、ほとんど気が狂いそうな状態でした。

幸い、キッチンと私が今暮らしているダイニングエリアや正面玄関へのオープニングはビニールシートで目張りをして、埃が飛び散らないようにしてくれたので、思ったよりも埃は飛んできていないようです。
今のところは・・・
また、職人さんの出入りはキッチンから1階にあるファミリールームからガレージへ通じる部分だけを使ってくれることになったので、家の中で職人さんと鉢合わせをする心配もほぼ無くなりました。おかげさまで、Rudyもお閉じ込めの恐怖からは開放されて、やれやれです。

アメリカの職人さんの朝は早い。特にこの冬の時期は日中明るい時間が短いので、朝は7時過ぎにやってきて大体午後4時ごろに帰って行きます。

これまで彼らが働いた日数は合計8日。この8日で新しいドアと窓が入り、全ての電気・水道管・ガス管の配線が終わりました。アメリカの業者にしたらかなり立派な進行状況かと思います。そして仕事が終わった後は、きっちり掃除をして帰ります。道具類の整理整頓もきちんとしている。ゴルフ仲間から紹介されたこの業者は意外に正解だったみたいです。

開始から8日が経過したキッチンはこんな感じ。

kire_1229_01

kire_1229_02


夕方、職人さんが引き上げて行った後にキッチンに行って、その日の進行状況を見るのが私の一番の楽しみ!

ところが、ビニールシート1枚を通して私の気配を感じるRudy。しかし、彼はシートの向こう側には行かれない!当然鳴きまくりです。試しに彼に向けてシャッターを切ってみたところ・・・ビニールシート越しに光る2つの目。ほとんどゴースト状態です。あああ、ここはゴーストハウスです。

rudy_throughplastic


スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 13:50:36 | Trackback(0) | Comments(0)
kitchen改装 途中経過-1週間-
先週の月曜日にキッチン改装が始まって、ようやく1週間。今週はクリスマスホリデーと重なったりして、大して仕事をしてもらえないのですが、今のところ思ったより順調に進んでいるようです。

ちなみに現在わがキッチンはこんな感じ。

kire_1221_02


住宅って壁一枚、皮をはいで見ればこんなタダの木の板だったのです。悲しい!
最初の4日でで古いキッチンのカウンターやオーブンなどの電化製品、そして壁・天井・床の全ての撤去が終わり、5日目には新しい床も入りました。

写真に写っているのは、現場監督のマリオさん。とても親切でよく気がつく働き者です。外見から判断すると、おそらく南米系の人だと思いますが、とにかく感じの良い人です。かれは2ヶ月の工事期間中ずっと我家で仕事の段取りをしたり、自身も大工さんとして働いてくれる人です。

全工程、10週間の中でやっと終わった1週間。後まだ9週間も残ってます。キッチン無し生活は、なかなかきついです。ほとんど地震か何かで被災した難民状態です。キッチンが無いことがこれほど大変だとは思いませんでした。難民生活の詳細については、これからゆっくりお話させていただきますので、乞うご期待!





テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 17:26:46 | Trackback(0) | Comments(1)
10歳でハイヒール???
今年はキッチンの無い惨めなクリスマスですが、ありがたいことに例年通りボストンにいる親戚にお招きいただいたので、片道3時間ドライブをして泊りがけでクリスマスに行ってきました。去年と同様、気の毒なRudyはキッチンの無い工事中の我家で一人でお留守番。

クリスマスパーティの段取りや内容自体は、去年と同じ。今年も私はエプロンかけっぱなしで、人間ディッシュウオッシャーと化すことに・・・見てみないふりの出来ない私の悲しい性です。

今年、一番驚いたのが親戚筋の10歳の女の子。何と!ハイヒールを履いているではありませんか?去年までジーンズにスニーカーで走り回っていたちょっとおデブな可愛い小学生が、今年は何だかお色気ムンムン。髪の毛もカールしちゃったりして・・・

christmasboston_01


日本で10歳って言ったら、4年生か5年生。こんなものなんでしょうか?
女の子が1年も経てばガラッと変わるのは承知ですが、ちょっと早すぎやしませんでしょうか?

私がおばさんになったのか、彼女がおませさんなのかわかりませんが、彼女の行く末に一抹の不安を覚えたクリスマスでした。確かに、欧米人は東洋人と比べて発育が早いので、女の子も色っぽくなってくるのは早いとは思いますが、それにしてもボーダーが10歳とは思いませんでした。

なるほど、これならブリトニー・スピアーズの妹、ジェイミーが16歳で妊娠が発覚(ちなみにパパは18歳)、結婚へ!って流れも理解できるような気がします。
早熟ってどうなんでしょうね?


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 17:46:16 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチンは無くとも・・・
我家のキッチン大改修、月曜日から始まりました。とりあえず冷蔵庫はダイニングエリアの横の書斎に運び込まれ、そこがこれから2ヶ月間臨時キッチンになります。

さて、キッチンは無くとも毎月楽しみにしているお料理教室はあります。1ヶ月ぶりにマンハッタンへ。

今日のメニューは、クリスマスにふさわしい
ショートリブの赤ワイン煮込み
クッキー2種とパテドフリュイ

全くどうしてこんなに美味しいのでしょうか?(それはプロだからですけど)

cooking1219_02


これ以上できないぐらいに手間をかけて煮込んだショートリブ。かまなくても良いぐらいの柔らかさ。そして一般的なビーフシチューにありがちなしつこさが全く無い驚くべき軽さながらもコクのあるソース。
(いつも思うのですが、“コク”って英語で何て訳せば良いのでしょうか?)

cooking1219_01


あああ、このデザート。絶品です。
スノーボールは、胡桃を練りこんだ生地のバランスが絶妙で・・・
チョコレートサブレは、この上も無くサクサク。
そして、フルーツピューレを固めたパテドフリュイ。
こんなお菓子が自分で作れるかもしれないなんて・・・
(全ては努力と経験です!)

いつもはお教室から帰ると、すぐに自分でも試してみる私ですが、今はキッチン大改装中。2ヶ月待たなくてはいけません。新しいキッチンで、ショートリブの煮込みを作り、新しいオーブンでクッキーを焼く。ああああ、本当にそんな日が来るのでしょうか?

そしてこの時期恒例、帰りはちょっと足をのばして、ロックフェラーセンターにあるクリスマスツリーを見てきました。

treeinny03


まあ混んでること。ものすごい人出です。前に進めないほどです。来週はもうクリスマスですから、当然ですけれど。

電車に乗って家に帰って見れば、キッチンの無い我家です。
あああ、むなしい。



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 10:50:32 | Trackback(0) | Comments(0)
bye bye kitchen
我家のキッチンは35年もの。35歳にしたら、きれいな方かとは思いますが、私が越してきてからと言うもの日々酷使され続け、次々と電化製品が壊れ始めました。2個あるオーブンの1個はもう1年前に壊れ、4個あるうちの電気レンジの2つはほぼ壊れ・・・

byebyekitchen04


我家のリフォームプロジェクト第一弾が去年やった外壁と窓の全取替えだったわけですが、続く第二弾はキッチン。このキッチンのリフォームですが、部分的な修理ではなく全くの大改装です。春から業者の選定を始め、数々の打ち合わせ、数々の店舗回りを経て、とうとう来週から工事が始まります。完成まで2ヶ月!そうです。2ヶ月間キッチン無しで生活をするのです。

クリスマスにもお正月にもお台所はありません。
・・・・・

そんな訳で、今週末はキッチンの中の物を全てキッチン外に運び出さねばなりませんでした。まああるわあるわ。運んでも運んでも物があります。キャビネットの上に貼られた黄色い星。これは「このキャビネットは空っぽです!」というしるし。何かそう言った進行状況が把握できるものが無いと気力が続かなくて・・・

byebyekitchen02


この素敵なコイル状の電気レンジともお別れです!ガスレンジで育った私にはまあ使いにくいこと。なかなか熱くならず、一度熱くなればガスのようにすぐには温度が下がらない。最悪です。次は超ハイカロリーのガスレンジがやってきます!イエイ!

正面のキャビネットから下がった箱は何とおよそ30年前の電子レンジ。30年前に既に電子レンジがあったこの国はすごいです。中で何も回転しない、ただの四角いお部屋です。私はあまり電子レンジは使わないので、これに関しては特別不自由は感じませんでした。

とりあえず、バイバイキッチン!
君は35年の人生の中で最後の2年間は本当に良く使ってもらえて幸せな最期だったね。
感謝・感謝!

このおんぼろキッチンをこよなく愛していた彼はこれからつらい2ヶ月が待っています。
頑張れRudy!!

byebyekitchen01



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 21:33:02 | Trackback(0) | Comments(0)
Is it a present?
先週末、去年と同じツリーマーケットで生のクリスマスツリーを買ってきました。

早速一日がかりで飾り付けです。飾りつけは大変ですが、生木のすがすがしい香りをかぎながら、オーナメント一つずつ付けていく作業はなかなか楽しくもあります。

何とか飾り付けが済んで、ツリーを支えるスタンドの上に“ツリースカート”をかぶせてスタンドを隠して完了!オーナメントが入れてあった箱を片付けて振り返ってみれば・・・

rudy_tree01


アップで見ると・・・

rudy_tree02up


もうしっかり座ってます。家の猫。いま出したばかりのスカートの上に。
さっきまでお気に入りのディナーチェアーで寝てたはずなのに・・・

スカートの上はプレゼント置く場所です。ってことは、Rudyもプレゼント?
こんな巨大な猫をもらってくれる人は果たしているのでしょうか?


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 17:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
おにぎりハウス
最近猫の話題ばっかりです。冬は猫の季節なのでしょうか?

日本の実家の猫、ゆきのすけ君はこのたびハウスを新調してもらいました。
その名も
おにぎりハウス
おにぎりのような△だからだそうです。当然命名は母です。

さて、このおにぎりハウスをゆきのすけは大変気に入り、毎日その中でぐっすり。

yuki_onigirihouse


ちょっと狭いところに、ぎゅーっと入るのが猫にとってはたまらない快感!
頭がちょっぴり外にはみ出したりしてます。

だいたい猫は丸くなって眠る習性があると思います。
家のRudy以外は・・・

rudy_oomatabiraki01


Rudyはいつもこんな感じで寝てます。
これじゃおにぎりハウスの中になんかぎゅーっと入れるわけがありません。

この人、本当に猫なのでしょうか?



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 17:43:22 | Trackback(0) | Comments(0)
いたちごっこ
6月に念願のダイニングテーブルを注文し、待つこと約3ヶ月。9月にようやく新しいダイニングセットが届いたのでした。これまでの小さなテーブルと違って、今度のテーブルは調節次第で最大12人まで座れる快適なサイズ。これでお客様をするの楽しみがうんと増えました。

dinnertableset


我家の巨大猫は、その巨大さ(単にデブ?)ゆえか、普通の猫のように高いところに飛び乗ったりカーテンをよじ登るなどエネルギー消費量の大きいことはほとんどしません。新しいダイニングセットが来ても、椅子に上がったり、ましてやテーブルに上がるなどと言う心配はありませんでした。
それもつい先週までのことですが。

猫の習性の一つに、何か新たに物事を発見すると、次のターゲットを見つけるまでしつこくやり続けるということがあります。そして、我家のRudyもある日突然発見してしまったのでした。
ダイニングチェアーが意外にも快適
だということを。

このダイニングチェアー、座るクッション部分には私のドリームカーペットであるペルシャ絨毯・ナインをいつか購入することを計算して、光沢のあるブルーの生地を選んで張ってもらいました。

chair01


そんな生地の椅子の上に猫が乗った日にはたまりません。
おかげで我家の椅子は、

chair_branket03


はたまた

chair_branket01


どれもこれもクッションにタオルをしくことに・・・
あああ、悲しや。念願のダイニングセットにいつもタオルがしいてあるなんて。

そして僕ちゃんは、タオルの上でおくつろぎです。鬼の敵のようにこの上でしか寝なくなりました。
嫌です。このしつこい猫の習性。

rudy_onthechair_02


お願いです。くつろがないでください。落っこちます。

rudy_onthechair_01



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 05:59:09 | Trackback(0) | Comments(0)
寒くなると・・・
ここ数日急に寒くなり、外の水溜りも公園の池にも氷が張り始めました。
こう寒くなってくると我家の巨大猫は

rudybranket


お布団かけて、日がな一日眠ってます。
ナンなのでしょうか?

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 21:50:45 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴルフの神様  -Ocean Course-
またまた小休止。すみません、途切れがちです。

さて、季節は師匠も走る師走へ。そしてここコネチカットには早くも雪が降ってます。
それは、
もう春までゴルフが出来ない!
という悲しい勧告でもあります。

あああ、これから長い冬をどうやって過ごせばよいのでしょうか?

そんな私の頭をよぎるのは、この10月に行ってきたゴルフバケーション。美しいゴルフ場の数々。

今回のゴルフバケーションの中で最も印象に残ったコースが
キオアアイランド(Kiawah Island)にある
オーシャンコース(Ocean Course)

このコースは、今年PGAのシニアチャンピオンシップが開催されたチャンピオンコースです。
設計はピート・ダイ、いわゆる“リンクス”と呼ばれるタイプのコースで18ホール全てが海に面しているという贅沢極まりないコースです。アイルランドやスコットランドのゴルフ場に行ったことの無い私ですが、「かの地のリンクスはこうであろう」と思わせられるような、そうです夢のようなコースです。

ocean_small


クラブハウスも海に面したフェスキューの草原の中に、淋しげに聳え立ってます。

ocean_clubhouse


しかも午前中は担ぎのキャディー付きプレーのみです。
まるでプロのよう。私専属のキャディーさんが私のバッグを担いで一緒に歩いてくれるのです。なんと、まあ、“夢のような”としか言いようの無いこのコース。

ところが、ゴルフの神様は時にちょっと意地悪。
この前日のラウンドは絶好調!ひょっとして70台?と言うような年に数回あるかないかのゴルフ。

ところが・・・今日の私は
シャンクの嵐

シャンク・シャンク・シャンク
どこに行っても、どこで打ってもシャンク。
キャディーさんがずっと一緒なのに!悲しい!
これまでプレーした中で一番美しいとも言えるコースで、シャンクの嵐。
私は比較的よくシャンクが止まらなくなることがあります。

昔、師匠とプレーをした時にシャンクが止まらなくなった私に師匠が言ってくれましたっけ。
「おめでとう!」
師匠曰く、シャンクは上達の証なんだそうです。もうすぐ次のレベルに達するという証なんだそうです。本当でしょうか?

たとえ本当だとしてもあんな美しいコースで、シャンクばかりになるのは上達の証だとしても嬉しくありません。あああ、ゴルフの神様って意地悪です。
それでも翌日もまたゴルフをしていた私でした。つくづく好きだわ・・・









テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 19:13:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。