■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
○○取り、約28000円也!
アメリカに来てから早くも約2年半が経過、いつ頃からなのかはわかりませんが右手の甲に直径3ミリぐらいのタコだかイボだかわからないようなものが出来ました。

何だろうなあ?と思いつつ、きっとタコだろうからそのうちタコ取りでも・・・なんて考えていた私。しかし、とある人に「それってイボじゃない?」と言われてから、急にその存在が気になり始め、先週とうとう病院へ行くことに。

アメリカで病院に行くのはちょっと勇気が要ります。
と言うのは、医療費が高額なので・・・例え保険に入っていても、どの程度保険でカバーされるのかは毎回予測が付きません。またこの医療保険の高いこと!だからと言って、質があまり良くない保険に加入すると、実際かかれるお医者さんがものすごく限られてしまったり、質の良い医療を受けられなかったりします。そして保険のシステムも様々。

日本の皆様、日本の国民健康保険というシステムは素晴らしいですよ。
“ちょっと風邪を引いたので、ちょっとお医者さんに行ってみる”
これって素晴らしいことです。アメリカでは“ちょっとお医者さんに行ってみるなんて”なかなか出来ません。

さて、気になり始めると猛烈に気になるこの手のイボ?タコ?。
右手は握手をする時に使う手なので、社交に良くないのでは思い、かかりつけのお医者さんへ行ってみると。やはりイボであることが判明!すぐに処置をしてもらえることになりました。
その処置とは・・・
イボの部分だけをカバーするようなプラスチックのリングをあて、患部にドライアイス(二酸化炭素?)のスプレーを吹き付け瞬間焼却。絆創膏をはってハイおしまい。
施術時間、およそ2分。その後、先生と好きな食べ物についてしばし歓談。

外にでてみれば、請求書が待ち構えていて・・・
2分のイボ取り施術費用、260ドル!(約28000円)

そんなことだろうと思いました。実はもうちょっと高いかも?と思っていた私。
この病院は私の契約している保険会社との取引が無いので、書類をもらって帰って自分で保険会社に請求をしなくてはいけません。いくらカバーされるかは全く予測不能!

これがアメリカの医療の実態です。
簡単には病院に行かれません。つまり、簡単には病気になれないってこと。

まあもう慣れましたけどね。つくづく日本は恵まれてます。

※ところでこのイボはどこから?気になる方は続きを読むへどうぞ!※

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 11:59:54 | Trackback(0) | Comments(0)
なぜか今、マイブーム -Duran Duran-
最近、一昔前に活躍したミュージシャンの再活動やグループの再結成などのニュースを良く目にします。

去年のスーパーボールのハーフタイムショーはあのストーンズだったし、ダイアナ妃の追悼コンサートにはあのDuranDuranが登場しました。

デュランデュランと言えば、かつて私がティーンだった頃のスターです。(年がばれる!)

duranduranphoto

※いやあ思いっきり80年代!

当時洋楽に夢中で、MTVやベストヒットUSAなどを一生懸命見ていた私。その昔、私は原宿は歩行者天国(通称ホコテン)で少々ドンチャンやっていたことがありました。(恥)竹の子族やローラー族が、バンドブームに押されて、どんどん勢力を失っていった頃のことです。ホコテンからCDデビューを果たすバンドが次々と生まれました。(懐かしいですねえ。って私だけ?)

そんなある日、私がホコテンでチョロチョロしていた時のこと。。。
突然あのデュランデュランのメンバーの数人がホコテンに現れたのでした!本当に突如私の目の前に普通の見物客のようにデュランデュランが歩いていることに気がついた私!周囲の人も「もしかしてデュランデュラン?」と思いつつも、まさかあのデュランデュランが自分の目の前を普通に歩いているとは思えず、ほとんど誰もノータッチ状態。遠巻きに「デュランデュラン??まさか?」ってささやく程度。

その時確かに彼らは来日していました。(コンサートではなく、確かCMの撮影だったはず)
どこをどう見たってデュランデュランです。あの美しいジョンテーラーとニックローズがペチャペチャとおしゃべりしながら、私の前を通り過ぎていきます。もうこれは行くしかないでしょ?ってことで、私はずんずんとジョンテーラーにまっしぐら。そして
握手をしてください!
とのたもうてしまったのでした。
そして、ジョンテーラーはあの美顔に優しいスマイルを浮かべて握手をしてくれたのです!
しかも
ニックとも握手する?
とまで、おっしゃられて・・・
そりゃ、お断りする理由はありません。そして普段からお化粧の厚いニックとも握手をした私。

これを皮切りに、その場は一気に黒山の人だかり状態。あっという間にホコテンにたむろしていた人々に囲まれてしまったのでした。

いやあ、これは何年たっても忘れられない貴重な思い出です。ジョンテイラー、かっこよかったなあ。

しかし、ダイアナ妃追悼コンサートで演奏していたジョンテーラーは、あれからおよそ20年の歳月を経て普通のおじさんに・・・(涙)ニックは相変わらず厚化粧だけど、思いっきり太ってるし。まあ、そんな文句を言うものではありませんね。20年たてば誰でも年を取ります!自分も然り!

先日パバロッティーのCDをアマゾンで注文した時のこと、なぜか一緒にこんなものも見つけてしまった私。

ddcd


思わず買ってしまいました。
早速聞いてみれば、いやあ懐かしい!20年前にタイムスリップです。

そんな訳で今なぜかマイブームです。Duran Duran。

※実は、この秘話には続きがあります。ご興味のある方は続きを読むへどうぞ!※

続きを読む >>

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 11:02:44 | Trackback(0) | Comments(0)
カウンタートップ テンプレート
キッチン改装6週目の金曜日、石屋さんにカウンタートップのテンプレートという作業に行ってきました。

さて、カウンタートップには様々な素材が使われます。
大理石、御影石、人造石、コンクリート、ステンレス、木
などなどあげればきりがないほど。

それぞれに長所と短所があります。プロに人気があるのはステンレス。傷はつきやすいですが、熱に強く、また手入れも楽。レストランのキッチンはだいたいステンレスなのはそういった訳です。もちろん私のお料理の先生のキッチンもステンレス。プロ使用の超かっこいいキッチンです。

ただ一般人の家庭には、ステンレススティールのカウンタートップは無機質で家の他の部分とあわせるのが難しいと敬遠されがち。昨今のアメリカのキッチンで一番一般的なのは、Granite、御影石かもしれません。我家も色々なオプションを考えましたが、結局御影石に落ち着きました。

御影石は、石を専門に扱う石屋さんで購入します。ここにはスラブと呼ばれる大理石や御影石などの大きな石の板が何百と置いてあり、その中から自分の好みの色や柄の石を選んでいきます。白系がいいのか、黒系がいいのか、模様はどんな感じなのか・・・など。大理石や御影石などの天然の石は、同じ種類の石でもそれぞれに模様が違うため、この世に2つと同じ石はないという面白さがあります。私もこの石屋さんに何度も足を運び、最終的にMadura Gold(マデュラゴールド)という名前の御影石を選びました。

stone_080125_04


そして今回この予約済みの板から、どの部分をどこに持ってくるか決める作業をデザイナーの人同伴で行いました。

カウンターのサイズは、あらかじめ職人さんによって計られて、それを示す木枠が作られています。その木枠を御影石の板に当てて、実際の仕上がりをイメージしていきます。

stone_080125_09

stone_080125_07


石にある天然の模様をなるべく生かすように、レイアウトをしていきます。我家程度の小さなキッチンでもこの大きな石の板(だいたい縦1.5mx横3m)を2枚使って、きれいな模様の出ている場所を選んでいきます。特に白系の地の石の場合は、地の色も石ごとに違うので地の色があった石を選ばなくてはいけないなど制約も多いです。

stone_080125_03


一度場所が決まってしまえば、後は石屋さんが型紙の通りに切り出し、エッジを削りだし、表面を磨いて仕上げていきます。このカウンタートップが出来上がって我家に搬入されるのは、おそらく次の週の中頃。意外に早く作業をしてもらえそうで良かった。

キャビネットに始まり、カウンタートップ、タイルなど全て別々の場所で別々に選んでいるので、実際にキッチンに搬入してみないと本当に色が合うのかどうかはイメージできません。

カウンタートップが納品されて設置される日が待ち遠しいです。

キッチン改装にあたる全ての工程中で、石屋さんで過ごした時間がなぜか私にとっては一番わくわくする瞬間でした。天然のものだからでしょうか?


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 16:37:40 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチン改装途中経過 -6週目-
こちらコネチカットは気温の低い日が続いています。だいたい毎日0度前後と言ったところでしょうか。

さて、クリスマス前に始まったキッチンの改装も早6週間が経過しました。長いと言えば長いし、そうでも無いと言えばそうでもないような。いや、やっぱり長いです。

6週目の今週はキャビネットの設置、周囲のトリミングも終わり、いよいよペンキ屋さんが入り、壁や天井などのペンキ塗りの作業に費やされました。そしてペンキ屋さんが毎日遅くまで作業をしてくれたおかげで、なんと4日で全てのペンキ塗りの作業が終了しました。

kire_080123_02


アメリカはペンキの国。ペンキ屋さんのレベルも高いです。今回我家に来てくれたペンキ屋さんは一昨年外壁工事を請け負ってくれたあのジビちゃんではなく、工務店の人が連れてきたペンキ屋さん。これが意外にも当たりだったようで、なかなかクオリティーの高い仕事をしてくれています。ペンキは通常、プライマーと呼ばれる下地塗りから始まって、セカンドコート、そして最後のフィニッシュコートとだいたい3回塗りで仕上げられます。そのつど物理的に乾かさなければいけないので、どうしても日数がかかってしまうもの。

金曜日には3度目のコートも終わり、土曜日にはガラスやキャビネットなどとの境目の部分をキレイに掃除する作業をして、ペンキ塗りの作業を終わらせてくれました。

kire_080125_03


キャビネットには取っ手も取り付けられ、だんだんキッチンらしくなっていきます。

そして金曜日には石屋さんに“カウンタートップのテンプレート”に立会いに行ってきました!
これがなかなかわくわくする楽しい作業でした。別立てでご紹介したいと思います。

来週の中旬にカウンタートップが設置されれば、後は上下のキャビネットの間のタイル貼り、ガスレンジ・オーブンやシンクなどの設置、電気と水道の最終配線、床の仕上げと磨き、これでほぼ終了です。だんだん終わりが見えてきました。

しかし、ここはアメリカ。楽観は危険です。ここからとんでもないハプニングが発生する可能性も十分に・・・無いことをただただ願うばかりです。


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 16:36:17 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチン改装途中経過 -5週目-
ようやくキッチンの大改装が始まって5週間が経過しました。簡易キッチンでの簡単な調理やバスルームのシンクでの洗い物にもすっかり慣れてきたこの頃。

キッチン改装5週目は、キャビネットの設置に費やされたようでした。キャビネットはキッチン改装の山場。またキッチン改装の中でも最もお金のかかる部分でもあります。当然作業も慎重に行われます。

作業から2日、火曜日の夕方にはほぼ全てのキャビネットが設置されました。一気にキッチンらしくなっていきます。キャビネットの色が、思っていたより赤かったのでちょっとドキドキ。

kire_080116_01


そしてその翌日から、モールディングと呼ばれるキャビネットの上部の縁飾りが設置されていきます。これが実に細かく、時間のかかる作業です。職人さんが1箇所ずつ長さを測り、切りそろえてキャビネットの上部に設置していきます。キャビネットに帽子を被せて行く感じです。特に職人さんの腕の見せ所は、角の部分の処理の美しさ。この状態で、2段目のお帽子を被せる作業が終わっています。

kire_080117_01


そして金曜日、最後の帽子(3段目)が取り付けられ、キャビネットと天井の隙間が無くなりました。

kire_080118_05


このキッチンのデザインを始めた時に「とにかくシンプルで使いやすく!」とデザイナーに伝えた私。このクラウンモールディングも一番シンプルなデザインにしてね、と頼んだのですが、これが一番シンプルだったらしい。これでもかなり重厚感があります。キッチン雑誌などでみかける、こてこての装飾を施したキッチンなどは、このモールディングもすざまじく装飾的です。まあそれに比べれば、シンプルかも?キャビネットはカスタムオーダーなので、
シンプル=価格帯が安い
と言う方程式が成り立ちます。自分の好みが安い価格帯にあるのは助かります。

という訳で、今週はここまで!
来週から上手くいけば、ペンキ塗りが始まるとのこと。ペンキを塗って、上下のキャビネットの間にタイルを貼って、カウンターが設置されればだんだん終わりが見えてきます。

そうそう、今週はガスレンジの換気扇も取り付けられました。夢にまで見た超ハイカロリーのガスレンジに対応したアメリカでは超ハイパワーとして扱われる大きな換気扇です!

kire_080118_03


目に見える変化、必要です。。。
はああ・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 20:02:49 | Trackback(0) | Comments(0)
もう!素敵すぎ!
今週の水曜日は、毎月楽しみにしているお料理教室でマンハッタンへ。
キッチン難民5週目の私にとって、シェフのキッチンはまさしく“ドリームキッチン”。リークを刻む手も弾みます。そしてまた、シェフの包丁の切れること切れること。我家の包丁のように、
リークを刻んで、ホッと一息取り上げてみてみれば、一番下の皮がしっかりつながっていた!
なんてことはありません。さすがはシェフ!道具からして全く違います。(手入れが違う!)

さて、今日のメニューも盛りだくさん。

メインコースに、
 
 ホタテのソテー、カルバドス風味のクリームソース
 にんじんと生姜のスープ
 フォッカッチャ


cc_080116_main02


ホタテには美しい焼き色がしっかりつけてあり、りんごのブランデー(カルバドス酒)を使ったクリームソースとの相性もばっちり。
にんじんと生姜のスープは、口ざわりも滑らかで体に優しいお味。
生地から作るフォッカッチャは、モチモチで上に載せたオニオンの甘みも凝縮されてます。

そして
デザートは・・・
 ラズベリースフレ、クレムアングレース添え

cc_080116_sfree02


なんと、飴細工の鳥かご付き。
もう!素敵すぎます!

飴細工の鳥かごを外してみれば、中には・・・

cc_080116_sfree01


ふっかふっかのラズベリースフレを崩して、そこにクレームアングレースをかけていただきます。

つくづく、幸せ・・・
美味しいデザートは人を幸せにします。

キッチン改装が完了した暁には、作らなくてはいけないレシピが山盛りです!
あああ、つくづくお料理できるって幸せなことです。キッチン難民の私には本当にありがたいいつものお料理教室でした。

※ クレームアングレースについての面白い話は、続きを読むへどうぞ!

続きを読む >>

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 12:13:54 | Trackback(0) | Comments(0)
好きなタイプ きらいなタイプ
私のゴルフライフは雪の到来と共に小休止ですが、先週から早くもPGAの2008年度の試合がハワイで始まりました。タイガーなどの大物はまだ出てこないシーズン始めですが、これまで聞いたことのない名前の選手が一生懸命プレーしているのを見るのはなかなか楽しいもんです。

そして13日の日曜日が最終日のソニーオープンでは、韓国のKJ・チョイが優勝しました。

kjchoi


昨シーズンの終盤には背中を痛め、調子の悪かった彼。先週の試合でも一日は79というスコアを叩き、今シーズンの活躍が心配されましたが見事に復活!嬉しい久しぶりの優勝でした。

私は、KJ・チョイのようなタイプのゴルファーがとても好き。
静かであまり感情を表に出さないタイプ。ミスをしても腹立ち紛れにクラブを投げたり、大げさなリアクションはしない。大事なパットやアドレスに入った時にギャラリーが物音を立てても、タイガーや他の多くの選手のように露骨に不愉快な顔をしない。淡々と自分のプレーに専念するタイプ。周りでプレーを見ていて、とても清清しい。

去年の夏に近所で開催されたバークレークラシックを観に行った時にも、彼のプレーを側で見てきましたが、私の期待は全く裏切られませんでした。ありえないけど、もし一緒にプレーをするチャンスがあったら、とにかくとても気持ち良く、楽しくプレーできるだろうな?と思わずには居られない彼。

ゴルフって恐ろしいほどその人の本当の性格が現れるものです。
仕事の付き合いしかなかった人とたまたまゴルフを一緒にする機会があって「えっ?この人って実はこんな人だったんだ。」と驚くことは良くあります。逆にどんなに調子が悪くてもぐっと我慢をして頑張っている人を見ると、「ああ、この人はいい人だなあ。」とこれまでの見解を見直したりすることも。

他人とゴルフをしていて、何が嫌いって、一緒にプレーをしている人がミスショットをした時にクラブを地面に叩きつけたり、投げたり、悪態ついたりするほど嫌なことはありません。感情処理の一つの方法だと言ってしまえばそれまでですが、周りの人の気分を不愉快にすることは間違いなし。

そして最近気になるのが、ジュニアゴルファーの行動。10歳・11歳でもミスショットをすると、いっぱしにクラブを投げたりする子供を時々見かけます。ものすごーく腹が立つ瞬間です。私が親ならクラブを取り上げて、しばらくゴルフはやらせない!と思う。それぐらい不愉快にさせられる瞬間です。これには親の教育もあるでしょうが、プロの試合の影響も大いにあると思います。子供達はプロの姿を見て育ってます。まねっこしてます。だからこそ、ゴルフ界の頂点に立つタイガーがクラブを投げたり、地面に捨てたりするのを見ると腹の立つ私。
KJのような選手を見習ってくれれば良いのにと切に思います。

そして、今日も師匠の話を思い出します。
ゴルファーとして一流でも、人間として一流じゃなきゃダメなんですよ。
ああ、師匠。おっしゃるとおりです。今年はKJのような紳士の選手にたくさん活躍をして欲しいです。



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 10:47:22 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチン改装途中経過 -4週間-
キッチン難民となって早4週間。これが他人のキッチンなら早いですが、自分のキッチンとなると「まだ4週間しかたってないの?」という気分。
ああ、思いっきり料理したい!そして自分のご飯が食べたい!

母の影響かわかりませんが、私はこれまで出来合いのお惣菜ってほとんど食べたことがありません。買うこと自体にも何だか抵抗があるし、どうしても自分で作った方が美味しいだろう、って思ってしまうのです。
そんな私もついに昨日は買ってしまいました。日本のスーパーで、出来たハンバーグステーキなんぞ。パックからハンバーグを出してお皿に移して、電子レンジでチンをした時にはむちゃくちゃ悲しい気分になりました。しかし食べてみれば、これが意外に食べられるもんです・・・自分で材料を買って一から作るより安上がり?なんて思ったりも。

さて、今週のキッチン改装工事ですが、火曜日についに待望のキャビネットが搬入されました!

まず月曜日、壁や天井の最後の下地処理が終わり、ドアや窓の周辺の飾り枠が取り付けられました。

kire_080107_01


kire_080107_02


どこにでも光る、僕ちゃんの二つの目玉・・・

そしてキッチンの外側の外壁も去年新しくした外壁と同じようにやりなおしてもらっているのですが、その貼りこみもほぼ終わりました。

kire_080107_05


ペンキが塗れるかどうかはこれから気温次第!

そして火曜日のお昼頃についにキャビネットが搬入されてきました。

kire_080108_02


ものすごい量なので、今日は荷物の仕分けと荷解きだけで終わってしまったようでした。

水曜日にいよいよキャビネットの設置を開始。ファミリールームへの新しいドアも入りました。ドアノブはまだついてないですが・・・

kire_080109_02


それから金曜日まで職人さんはキャビネットの設置にかかりっきりでした。このキャビネットの設置は私が思っていた以上に大変な作業のようで、丸3日2りがかりで働いてくれましたが、まだ出来上がりません。工事工程表の所要時間が7日、となっていたのもうなずけます。

kire_080111_02


金曜日が終わった状態で、ここまで仕上がりました。まだあと3日ぐらいはかかりそうです。
そしてラッキーなことに今週は気温が高かったので、外壁のペンキ塗りも2度目のコートまで終わりました。最後となる3度目はいつできるか?

kire_080111_04


ようやく1ヶ月が経過。あと残り1ヶ月です。
出来合いのお惣菜を食べて頑張ります!(涙)


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 17:05:23 | Trackback(0) | Comments(2)
ただいま工事中
アメリカで家の玄関先や駐車場にこんなものを見かけたら、大抵の場合その家では何かしらの工事をしています。

dump02


Dumpster-ダンプスター-と呼ばれる、巨大な四角い鉄製のゴミ箱。
工事の際に出た廃材や廃棄物などを入れていきます。

現在、我家のガレージの前のドライブウエーにはこのダンプスターがドカンと置かれています。
ご近所にも何軒か、お仲間が・・・

ダンプスター=ただいま工事中

日本では馴染みのないアメリカの常識です。

あああ、早くダンプスターの無い生活に戻りたい・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 15:36:56 | Trackback(0) | Comments(0)
イタリアのパパさん
先日友人の週末の家にランチにお招きいただいた時の事。
ランチを準備して下さっている間に、BOSEのスピーカーから流れてきたのは昨年惜しくも亡くなられたイタリア人テノール歌手
ルチアーノ・パバロッティ
全集でした。彼の十八番のオペラはもちろんのこと、声楽入門アイテム、カロミオベンまで収録されているのには驚きました。

日本では三大テノールの一人として、特に人気のあるパバロッティ。私も彼の声はとても好きです。
昨年彼が亡くなってからは、更に頻繁に彼が歌っているオペラを聴くようになりました。

私のお気に入りは、彼が黄金期に演じたラ・ボエーム。

pavarotti02


このCDに収められた演奏は、まるで奇跡のような組み合わせです。指揮者も共演者も素晴らしい!「これでどうだ!」と言わんばかりのパバロッティ節が笑ってしまうほど・・・

パバロッティは、好き嫌いが分かれる歌い手さんかもしれません。音楽学校で正統に声楽を勉強してきていない彼は、その歌い方が自己流だとか、品がないとか、演歌だとか色々と批判されました。しかし、その一方熱烈なファンが多いのも彼の特徴ではないでしょうか?以前、ちょっとだけイタリアに滞在した時に、知り合ったイタリア人のおばさんはパバロッティが大好きでした。「彼はイタリア人にとってのパパさんのようなもんだよ。」って言ってました。わかるような気がします。

そして、友人のご主人が食事の時にこうおっしゃいました。
オペラのCDを聴いていて、彼の声だけはすぐにわかるんだ。
ものすごく印象的な一言でした。

私は人間の肉声が好きなので、オペラも大好きです。確かに、パバロッティの声はものすごく人間臭いです。晩年の彼の声は、ちょっと衰えてしまいましたが、それをカバーする歌唱力は更にアップしたように思います。

さっきアマゾンをちょろっと見ていて、こんなものを見つけてしまいました。アメリカはなぜかクラシックのCDがむちゃくちゃ安いのです。これは1500円しなかったので、ワンクリックオーダーしてしまった私です。届いてきたら晩年のパバロッティを満喫したいと思います。

pavarotti


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 10:10:59 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。