■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キッチン改装途中経過 -ついに完成!9週目-
キッチン改装が始まって9週目にあたる今週の木曜日についにキッチンが完成しました。いやあ長かった、この9週間。レンジのみならず、シンクも無しで過ごしてきました。まるっきりキャンプ生活です。キャンプ生活を送ってみてわかったのは、無くてつらいのはレンジではなく、シンク。煮炊きの必要性よりも洗い物の必要性の方が高いのだということが良くわかりました。

さて、9週目の月曜日はフロアの最後の塗装。2回目まではさっとニスのようなものを塗って終わりでしたが、この日は一度ブラシのようなもので磨いてからニスをかけていました。この最後のニスは乾くのに時間がかかるらしく、ここから待つこと2日です。

じりじり待つこと2日、ようやく待望の水曜日がやってきました。火曜日の午後から雪が降って積もっていたのですが、この日は朝から大雨。あっという間に積もった雪も融けました。そんな中、職人さんが入って最後の仕上げと掃除、ペンキのタッチアップをしていきます。これが予想より時間がかかって、全て終わったのは結局夕方の5時。9週間の間、仮設キッチンとなっていた書斎から冷蔵庫を動かしてもらうのも明日へ持ち越しになってしまいました。

でも、とりあえずキッチンは使えます!と言っても空っぽのキッチンです。しかも電化製品の使い方も良くわからないし・・・既に「冷蔵庫が小さくて物が入らないぞ!」などと当初の予測に反したことも見えてきたりして。

kire_080215_05

kire_080215_02

kire_080215_03

kire_080215_04


木曜日の朝7時半から職人さんが冷蔵庫を動かしに来てくれてようやく全ての工程が終了。もう以前のキッチンがどんなだったか良く思い出せません。これからは、ここが私のキッチン。でもまだまだこれを使い勝手の良いキッチンにするまでには、長い時間がかかりそうです。まだキッチンに立っていても誰かよその人の家にお邪魔しているような気がします。

この9週間、職人さんとのやりとりなど本当に全速力の毎日でした。日中シンとした家なのも本当に久しぶりです。何だか力が抜けました。猫も狂ったように眠ってます。一番お疲れなのは彼かもしれません

rudy_sleep


本当にお疲れ様でした。もうこういう形でのキッチンの改装をすることなんて、一生無いことを願います!

スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 10:23:11 | Trackback(0) | Comments(0)
一日千秋、絵に描いた餅、蛇の生殺し
今、月曜日の朝7時半。シャワーを浴びようとしていたらドアベルが鳴ったので、急いで洋服を着て玄関へ出てみると、大工さんのマリオさんでした。今週の工事の工程を説明するためにわざわざよってくれたのでした。

今日でキッチンフロアの最後の塗装(3度目)が終わります
キッチンご開帳はいよいよ明日か?
と期待に胸をふくらませている私に、マリオさん。

今日最後の塗装が終わって、明日一日乾かして、水曜日に最後のクリーニング、街の査察が入って終わりになります!

がーん。
また一日延びてしまいました。

kire_080207_wolf_01


ビニール越しに見えるキッチンはもう完全スタンバイ状態。私に使われるのを待っています!まさしく“絵に描いた餅”!それなのに、床を完全に乾かすためだけにまた明日一日待てだと???あああ、これって“蛇の生殺し”です。またもう一日、私は“一日千秋”の思いでキッチンの仕上がりを待たなければならなくなってしまいました。

つくづく日本語って豊かだわ・・・


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 08:42:25 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチン改装途中経過 -8週目、ゴールは見えども・・・-
早いものでもう今年も2ヶ月目に入りました。
振り返ってみれば、我家のキッチン改装が始まったのが去年の12月17日。今週で丸2ヶ月(8週目)が経過したことになります。よくも2ヶ月もキッチン無しで過ごせたものです。自分でも驚きます。
そして最近、出来合いのご飯のおかずを買ってくることにだんだん違和感を感じなくなってきた私。人間慣れっておそろしいものです。いけない、いけない・・・

さて、8週目にあたる今週はなかなかもどかしい1週間でした。
まず月曜日には電気屋さんが来て、天井の埋め込みライトや電気コードの差込口など、電気に関する部分の仕上げをしてくれました。

kire_080204_01_ceiling


確かに「電気コードの差込口は出来るだけ多くして下さい!」とお願いした私ですが、こうして出来上がってみると、本当に多い。まあ注文したとおりになったわけですが、ちょっと多すぎやしないかい?と思ったりも・・・まあいいです。

kire_080204_03_outside


そして火曜日、ついにガスレンジ・冷蔵庫・ディッシュウオッシャーなどの電化製品が搬入されました。搬入された時間が遅かったらしく、設置作業は翌日へ持ち越し。この設置には大工さんだけでなく、水道屋さん兼ガス屋さん(アメリカではプラマーと呼ぶスペシャリスト)が一緒に作業をしてガスレンジや水道の蛇口などを取り付けていきます。

kire_080206_03


kire_080206_02


そしてついに待望の待望のガスレンジ、ウルフちゃんも無事取り付けが終了

kire_080205_03


夢にまで見た赤いノブがキラリ!

kire_080206_wolf_01


もう水も流れる・ガスも出る。ほぼキッチンは出来上がったようなものです。後は床の仕上げだけ・・・ところが、この床の仕上げに、一晩ずつ乾かす時間が必要なために、ここから何と4日もかかるのです。私は木(オーク材)の床を選んだので、まず木曜日にこの表面を一度全て削って工事期間中の汚れを落としました。そしてその上にステインと呼ばれる染料で色付け。一晩乾かして、翌日の金曜日から3回にわたって表面にラッカーをかけていきます。家の小さなキッチンには、
ラッカーをかける所要時間およそ10分、乾かす時間そこから24時間。
金曜・土曜とこれを繰り返し、週末。来週の月曜日にもう一回これをやったらいよいよ終わりです。

あああ、ほとんど拷問のようです。
全く“絵に描いたもち”とはこのことです。
ゴールはもうすぐそこに見えているのに、まあ最後の1週間の長いこと長いこと・・・


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 12:44:10 | Trackback(0) | Comments(0)
何たる幸せ・・・
今週の水曜日は恒例のお料理教室でマンハッタンへ。
先月のメインコースは、美味しい美味しいホタテのカルバドスソース、デザートは見るだけで幸せな気分にしてくれるラズベリースフレでした。

さてさて、今月のメニューは。
まずメインコースはダック(鴨)。

ローストダック、チェリーとポートワインソース

cc_080206_ma02


本当に本当に美味しかった!感動ものです。私はダックが大好物。自宅でこんな鴨料理ができるなんてまるで夢のようです。サイドに添えてあるのは、クランベリーが入ったワイルドライスのピラフ。ああ、ダックってフルーティーなソースがとても良く合います。

そしてデザートは、来週のバレンタインでーにあわせて

フォンダンショコラ

cc_080206_de01


そうです。フォンダンショコラはスプーンで外を崩すと中からはトローリトロトロのチョコレートクリームが流れ出します。あまりの美味しさに絶叫する生徒達。
そして出ました先生のいつもの一言
「簡単でしょ?」
いやいや、それはシェフだからです。家に帰って試してみれば、何でこんなことになるの?という結末になること間違いなし。
フォンダンショコラの周りを飾るのは、金柑のコンポート。アメリカでは今が金柑のシーズンで、スーパーでも良く見かけます。

この他にメインコースには、キャンディードウオルナッツとゴートチーズを散らしたベビーグリーンサラダが添えられて・・・なんとも幸せな食卓です。今日はペロッと完食してしまった私。

cc_080206_pc04


先生のキッチンで惜しみなくその威力を発揮するウルフレンジ。強い火力のおかげでダックの表面は限りなくかりっと焼きあがります。うふふ、これからは私も先生と同じレンジでクッキングです!ウルフちゃん、使う人を選ばずしっかり働いて下さいね!

って、果たして私にこのガスレンジが先生の1/10も使いこなせるのか?それが問題です・・・



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 19:21:09 | Trackback(0) | Comments(0)
ついに・・・ WOLF 登場!!
キッチン改装8週目、昨日待望の電化製品が搬入・設置されました。

kire_080206_03


そしてついに・・・私が夢にまで見た
超ハイカロリーガスレンジ WOLF ウルフ が我家にやってきました。

kire_080207_wolf_01


私とウルフの出会いは、約2年前に初めてうかがったお料理の先生のキッチンに遡ります。アメリカにやってきて半年、慣れないクルクル巻きコイルの電気レンジで格闘していた私は、お料理の先生のお宅で初めて、ウルフなるガスレンジを見たのでした。まず驚いたのが、火力の違い!いつも自宅でお料理をしていて、それまで両手鍋の取っ手が持てないほど熱くなるなんてことはありませんでした。そのつもりで安易にお鍋の取っ手を握ってしまった私は軽く火傷をしてしまったのでした。「熱い!痛い!」よりも「ええ?こんなに火力が違うんだ!」がとっさにうかんだ感想でした。そしてお料理教室に参加して先生のキッチンを使わせていただくたびに、その火力の強さゆえの調理時間の違い、出来映えの違い、そして味の違いを感じずにはいられない私でした。

それから2年近くが経過し、ようやく我家もキッチンの大改装をすることとなり、キッチン改装雑誌を購入したり、知り合いのキッチンを見せてもらったりとリサーチを重ね、お料理の先生のキッチンが如何にすごいか改めて認識した私でした。

chefkc_02


キッチンの改装は、家の改装の中でも最もお金のかかる部分です。特にキャビネットは凝り始めたらきりがありません。そして電化製品も然り!冷蔵庫1台が100万円也!なんて簡単なものです。我家の場合、私が何でも「シンプルに!そして機能的に!」をスローガンとして掲げたため、キャビネットのコストは自然に抑えることが出来ました。そして冷蔵庫や食洗機は一般的なものを選びました。ただ、私がどうしても譲れなかったのが、ガスレンジ。これだけはどうしても強い火力のものが欲しかった!このウルフの他にも選択肢はありました。しかし電気屋さんの担当者の強いアドバイスもあったり、他の電化製品を調整することで、ここだけは贅沢をさせてもらうことに・・・

こうしてウルフちゃんが私のキッチンにやってきたのでした。
あああ、何と言う輝き!そしてあの赤いノブ!
※赤ノブのついたレンジといえば、ウルフ!というぐらいこのノブがチャーミングポイントなんです。

さて、どうやって何を調理しましょうか?お料理教室で習ったコックオバン?それともホタテショートリブの煮込み?いやいやウズラ
あああ、夢のようです。自宅でこのレンジを使う日が来るなんて。
しかし、火傷には注意です!


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 09:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
He is in bad mood
キッチン改装が始まって8週間目。私もつらいですが、彼もつらい日々が続いてます

rudypirrow02


元々キッチンは彼のくつろぎの場所でした。そのキッチンは無く、行動範囲は大いに制限され、日中は職人さんが来てビニールのシート一枚向こう側でドンガラドンガラ。落ち着けるはずがありません。それでも彼は猫にしたら非常におおらかなタイプ、何とか持ち前の図太さを発揮して頑張ってます。彼がもしも私が最初に飼った猫のように神経質なタイプだったら、とてもではありませんが、この2ヶ月のキッチン改装の工程をもちこたえることは出来なかったでしょう。

ところが、昨日はさすがの彼も超不機嫌。と言うのも、日中にキッチンに冷蔵庫やガスレンジなどの電化製品が正面玄関から搬入されることになり、彼は私のベッドルームに一日お閉じ込めになってしまったのです。あいにく私は会社で、付き合ってあげることも出来ず・・・

私が仕事から帰って来て、すぐにお閉じ込めから解放された彼はひと時の間狂ったように遊びまくっていました。ふと見ると・・・

rudy_080204_01


しっぽが・・・

rudy_080204_02_up


U字しっぽになってます。
ナンなんでしょう。これ・・・
ストレスが溜まっているってことでしょうか?

もうすぐ工事も終わるからね!RUDY!



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 19:18:53 | Trackback(0) | Comments(0)
Fire! Fire! Fire!
キッチン改装中の我家では、かつての書斎が簡易キッチンとなり、そこでの煮炊きはこのToastmaster(商品名?)なるものでやっております。

toastmaster


我家のかつてのキッチンにあったレンジと同じ構造。スイッチを入れるとコイル状の鉄線が熱くなる仕組みです。そしてこのコイル状の電熱器は、
あたたまりにくく、冷めにくい
という素晴らしい特性を持ち合わせています。

さて、一昨日のスーパーボールナイト。
冷凍庫に何か食べるものが残っていないかと物色したところ、キッチン改装前に作って冷凍してあったチキンカレーを見つけました。さっそくお鍋に移して、この電気調理器の上で温め始めたのですが、火力の調節がほとんど全くと言って良いほど出来ないこのトーストマスター。あっと言う間に鍋の中のカレールーがビチビチと外にはねて飛んできました。おかげで、調理器の上もカレーの飛沫だらけに・・・

あらら、なんて言いながら側にあったキッチンペーパーで周囲に飛び跳ねたカレーをふき取っていたところ・・・なんと

手に持っていたキッチンペーパーが燃え始めました!

ふだん肝心な時になかなか出てこない英語も、なぜかこういう時はするっと出てきて
Fire! Fire!
(ってちょっと違うような気もしますが・・・)
叫ぶ私。
手に持っているペーパーは最初は赤くなっていただけだったのに、いまやメラメラと炎まで出てしまって。

さて、どうする?
テーブルは木。外までは遠い。窓は閉まってる。近くにある金物は・・・
さっきドレッシングを作って準備したサラダ用のステンレスのボール

仕方がありません。ここにいれるしか・・・
せっかくわざわざドレッシングを作ったのに。。。

入れました。ドレッシングの上に。そして目の前にあったポットのお湯をかけてみました。
おかげさまで鎮火成功です。
サラダのドレッシングは台無しです。しかも焦げ臭いです。
もうちょっとで手まで焼けるところでした。

おそるべし、トーストマスター。電熱線に紙類を近づけるのはやめましょう!
って知らなかったのは私だけ?

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 13:42:16 | Trackback(0) | Comments(1)
タイルワーク
キッチン改装から7週目に迎えたバックスプラッシュ部分のタイルの貼りこみ。
Backsplashバックスプラッシュとは、シンクの上などの壁が水に濡れたりするのを防ぐための壁のこと。
一般的にはタイルが使われることが多いようです。

kire_080125_02


このバックスプラッシュ。アメリカのキッチンでは特にシンクの上だけではなく、上下のキャビネットの間にデコレーションとして貼りめぐらせるのが最近の流行のようです。材料もタイルだけではなく、スレートやカウンタートップと同じ素材の御影石やコンクリートなど様々。

特にレンジと換気扇の間の広い壁面は、各キッチンの見せ場となります。
キッチン雑誌を見ると、ほとんどのキッチンがこの部分に凝ったタイルワークを施しています。
例えばこんな感じ。

seasonedmain


私がデザイナーと一緒にタイルの専門店を訪れた時に相談に乗ってくれた、タイルのデザイナー(男性)も図面を見ながらにこやかにこうおっしゃいました。
彼:「この巨大なレンジの上には、イタリアの手描きタイルとかが合いそうね!」 (注:男性)
私:「あのお、その部分は全面ステンレスになる予定なんです」
彼:「ええっ?あら、そう・・・」

そうなんです。私はお掃除が一番しやすいもの!と言うことで、この部分は全面ステンレス貼りにしたのでした。だって、タイルの目地に油が入り込んだ場合の掃除を考えると・・・

kire_080131_backsplash


タイルデザイナーにとってこの部分は、デザインの楽しみだけではなく、凝ったタイルを使ってもらって$を稼ぐ重要な部分でもあるのです。そこが要らないお客さんなんて、つまらないものです。それでも変わらずにこやかに私に色々なタイルを見せてくれた彼。

そして私は、少しクリーム色がかったハンドメイドのサブウエイタイル(NYの地下鉄の駅の壁に使われた型のタイルだからこの名がついたらしい)にところどころアクセントして、薄い草色のガラスのタイルを入れもらうことにしました。本当は全面ガラスのタイルにしたかったのですが、それだとこの部分だけ現代的になりすぎてしまうかも?ということで断念。

カウンタートップが設置された翌日、タイル屋さんが彼のデザインを元にタイルを貼りこんでいきました。

作業1日目は、ベースとなるサブウエイタイルを貼りこむ作業で終了。

kire_080131_tile02


タイルの間には、貼りこんだタイルが自分の重みで下がってこないようにプラスティックの楔のようなものが差し込まれています。この状態で一晩乾かします。
電気のコンセントなどが設置される部分は、それにあわせてタイルをカットしなくてはいけません。私が選んだタイルは硬いタイルで、職人さん泣かせだったと翌日聞かされました。

そして2日目。昨日貼ったベースのサブウエイタイルの間にアクセントとなる小さなガラスのタイルを貼りこみます。レンジや窓の横などは左右対称になるように注意深くアレンジされています。さすがアメリカのタイル屋さん、細かい仕事に慣れています。

kire_080131_tile01


そして乾かすことまた一晩。
最終日はタイルの間に目地を流し込み、タイルの表面を洗って仕上げます。

kire_080202_ti_01


ハンドメイドのサブウエイタイルの表面は完全に平らではないため、独特の温かみのようなものがあります。このタイルが入った途端にキッチンがポップな感じになったのには驚きました。

タイルデザイナーのこの一言を実感した瞬間。
バックスプラッシュはね、キャビネットと比べてその面積はずっと小さいけど、オーナー(キッチンの)の個性の見せ所なのよ!キッチンで一番物を言う部分なんだから!だからお金をケチっちゃダメよ。大して高いものじゃないんだから、キャビネット比べて・・・
注:このデザイナーは男性です!

ロジャー(デザイナーの名前)、貴方は正しかった!
このバックスプラッシュが入った途端にキッチンが私のキッチンとして息を始めました。
貴方の腕の振るう場所を提供できなくてごめんなさい。

kire_080202_05



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 16:12:02 | Trackback(0) | Comments(0)
キッチン改装途中経過 -7週目-
ついにキッチン改装を始めて7週間が経過。これまで順調に進んでいる工事。
アメリカで良くありがちな
“なぜか職人さんが来ない”
“もしかして放置されてる?”
と言うような状態も全く無く、ここまで驚くほど順調にきました。

しかし!ついに、この工事にもつまづきが・・・
と言うのも、ペンキ屋さんが工務店の人の予想を上回るスピードで頑張って働いてしまったために、先週私がテンプレートをしてきたカウンタートップの搬入日までに空白の時間が発生。この後の工程は、全てカウンタートップが入らないと出来ないため、全てはカウンタートップの納品待ちと言うことに。

これもアメリカではあまりありえない現象。遅れることはあっても早くなることはほとんどありえないこの国。特にペンキ屋さんという業種は、最もコントロールがしにくいことでも知られています。そのため工務店側もペンキ塗りの工程を長めに設定していたのでした。それがその予想を裏切ってペンキ屋さんは、毎日朝は早くから晩は遅くまで、しかも土曜日まで出てまじめにお仕事をしてくれたおかげで、当初6日と見ていたペンキの工程が何と4日で終了。そうしてこの“空白の2日間”が出来てしまったのでした。
良いんだか、悪いんだか・・・まあ猫は久しぶりに静寂を楽しめたようで、良かったのかもしれません。

じりじり待つこと水曜日。ついにカウンタートップが搬入!
これがあっという間にキャビネットの上に固定されて、搬入から数時間後にはこんな感じ。

kire_080130_ct03


あああ、ついにここまで来ました!一気にキッチンらしくなります。
キャビネットと色が合うかとても心配でしたが、とりあえず大丈夫なようです。

kire_080130_ct02


シンクも同時に入れられて、水道などの蛇口のための穴が開けられます。

kire_080130_ct07


とにかくちょくちょく工事現場に潜入している私。穴あけ作業にもしっかり立ち合わせていただきました。どうやらアメリカ人の奥様にはあまりありえないことのようです。

そしてこの翌日から、今度はタイル屋さん登場!
このタイルワークがまた面白いのです。タイルを貼る工程をじっくりみたのは初めてでした。このタイルの工程はまた別立てでご紹介したいと思います。
タイルに費やした時間およそ2.5日。7週目最後の土曜日にはついにここまで来ました。

kire_080202_01


あああ、長い道のりでした。感無量。(まだ終わっていませんが)

振り返ってみれば我々はここからスタートしたのです。
kire_1221_02


マリオさん(マルチ大工さん兼、現場監督)、貴方の働きは大きいです!感謝感謝。

完成までに予想される所要時間、ついにあと1週間!
そろそろこの新しいキッチンで最初に作る料理のメニューを考えなくちゃいけません。
何たる幸せ・・・


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 15:37:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。