■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Missing Cat
先々週のある日のこと、ルーディーがいつもの場所に居ません。
いくら呼んでもちっとも現れないので、彼のスナックの入ったプラスチックの入れ物を鳴らすとどこからともなく現れました。食べるものだけしっかり食べて、またふらっとどこかへ。

それからまたしばらくして、やっぱりルーディーが見当たらないので、もう一度スナックの入れ物を鳴らしてみますが、今度はそれでも来ません。
家中の捜索をすることに・・・

しかし、どこを探しても居ません。ベッドの下もテーブルの下も地下も全て探しましたが、どこにも居ません。もしや、さっき私が外に出た時に一緒に外に出てしまったのではないか?という不安がよぎります。

30分以上捜索しても結局見つからず、はあ~とため息と共に殿下の部屋のじゅうたんにすわったところ・・・
どこからか、荒い寝息(というか、鼻息)が聞こえてきます。

もしや!!と思ってみると・・・

rudy_inbed_01_300


居ました。殿下のベッドですっかりくつろいでました。
昨日代えたばかりのシーツなのに、既に毛深い彼の毛がちらほら。

そう言えば、昨日ぐらいから殿下の部屋でうろうろしていたルーディー。ベッドの中はどうなっているのか下から物色していたようです。幸い殿下は別の場所に居たので、体重9キロのアタックを受けずにすみました。でもこれってものすごーく危険です。

私が
「ルーディー?」
と言うと、ごろんとおなかを見せた彼。本気でくつろいでます。

rudy_inbed_02_300


メリーの下でくつろぐ巨大猫です。
これから殿下の部屋のドアはいつも閉めておかなくてはいけません。
次から次へと色々やってくれる猫です。

ちなみにこの後お尻をべちべち叩いてみましたが、ベッドから降りる気配の全くない彼。しまいには、むんずと捕まえてベッドから引きずり下ろすことに。

その後当分の間、機嫌の悪い彼です。


スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 08:11:36 | Trackback(0) | Comments(0)
Do you know how to use it?
去年、近所にあるお気に入りのキッチン用品屋さんのワゴンセールでこんなものを見つけました。

warmer02_300


メキシコ料理でお馴染みのトルティーヤを温めるトルティーヤウオーマーです。
アメリカではメキシコ料理は人気があります。サンドイッチも“WRAP”というタイプのものは、トルティーヤで具が包んであります。美味しいパンにお目にかかることはまず無いアメリカ。そんな時はパンを使わないこのWRAPサンドを頼むと便利です。

このトルティーヤウオーマー、素材はテラコッタ(だと思う)。通気性を良くするためでしょうか。
中には黄色の釉薬が塗ってあります。

warmer01_300


我が家では時々なんちゃってメキシカンの日があります。
タレに漬け込んでおいたお肉を焼いて、炒めた野菜や自家製のワカモーレディップなどと一緒に温めたトルティーヤで巻いて食べます。これから暑くなる夏の夕食には簡単で美味しいメニューです。

先日無性にファフィータが食べたくなり、久しぶりにメキシカンを作りました。
その時に突然思い出したのが、このウオーマー。
ところが、使い方がわからないんです。

普通、トルティーヤは弱火で温めたフライパンで軽く温めていただきますが、その温めたトルティーヤをこの入れ物に入れるだけで良いのでしょうか?このウオーマー自体を何か別の方法で温めておくのでしょうか?とりあえずいつもどおりフライパンで温めたトルティーヤを入れてみましたが、確かに時間がたっても温かいし、ソフトです。でも、何か違うような気もするのですが・・・

どなたか、トルティーヤウオーマーの使い方をご存知の方がありましたら教えてください!!

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 11:38:56 | Trackback(0) | Comments(1)
また、衝動買い
食器を扱う店に行ってはいけない

とわかっているのに、ついつい行ってしまう。
しかも数ヶ月ぶりにそのお店の前を通ったりする時に限って、セールをやっていたりする。

と前置きをしたところで・・・
先週、近所にあるキッチン用品のお店の前を意図的に通りかかってしまった。
そして中に入ってしまった。
ちょうどセールをやっていた。
そしてこんな物を見つけてしまった。

polishpot_300


ポーランド製の手描きのティーポットとシュガーポット
東欧らしい色気とハンドペインティングのむらむらな感じが稚拙で可愛い。
(お店の人は完全ハンドペイントだと言ったが、見た感じ怪しい)
あいにくクリーマーは残っていなかった。クリーマーだけを買っていく人がいるようだ。
ものすごく残念。

私は、こういう素朴系の食器はあまり持っていない。どちらかと言うと、磁器と呼ばれるたぐいの薄いきりっとした食器が好きなので。そんな訳で和食器でも土物はほとんど持っていない。でも、このティーポットとシュガーポットには何だかとても惹かれた。スキだらけの素朴な感じがとても好ましく見えた。

食器好きの母の遺伝子を色濃く受け継いでしまった私。食器棚にはお店が開けそうなほど食器があるのに、また別のものが欲しくなってしまう。つまりこれは病気??

お店で気に入った食器に出会う瞬間。
どんなシーンで、どんな風に使うのかを頭にイメージするとわくわくしてくる。

たとえば、この蓋に小鳥ちゃんの付いたシュガーポット。。。
梅干にぴったりかもしれない。
コノ手の素朴系な食器は、和食との相性も意外に良い。

そんなことを考えているうちに、また衝動買いしてしまった。あーあ。
でもまっ、いいか・・・

そうだ!そろそろ、ウッドベリーコモンにも行きたいなあ。新しい食器を買いに・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 11:48:35 | Trackback(0) | Comments(2)
緑の親指を持つ男、その名はカルロス
ありとあらゆる花が咲き乱れるこの時期のコネチカット。
これからはいよいよ芝生の青さでご近所と競い合う季節がやってきます。
春ほど花の咲く木が無いこれからの季節、とにかく芝生の美しさが一際目立つのであります。

去年までお世辞にもきれいとは言えなかった家のおむかいさんの芝生。
それがなぜか今年は妙にきれいなのです。なぜだろう?と思い、時々窓から眺めていると、去年とは違うガーデナーが芝生の手入れに来ていることに気がつきました。芝生だけではなく、植木の手入れもしている様子。そして、そのガーデナーはお向かいのお隣さんの庭の手入れもしています。そのお隣さんの芝生もいつもとてもきれい。

我が家は一昨年外壁の取替え作業をした際に、作業効率を良くするために壁面に近い部分に生えていた大きな木2本が切られたのですが、それが切り株となって残っていました。とにかくその部分をきれいにしたい!と思いつつ、なかなか適当な人が見つからずに早1年半が経過。

home2007


そんな訳で、お向かいのガーデナーが作業中ににこやかに歩み寄り声をかけてみた私。
ところが、ひとつの問題が発覚。
英語が通じない
のであります。

そうです。彼はガテマラ人だったのです。当然、母国語はスパニッシュ。
アメリカに住んでいると、
「あーあ、スペイン語が出来れば便利なのになあ」
と思う瞬間が多くあります。この時も然り!
しかし、私にはボディーランゲージという言語があります。得意の身振り手振りで、交渉成立!

まず切り株やもうほとんど枯れかかっている植木を取り除いて、きれいに整地してもらいます。

fyard_0805clear_02_300


それから植木を植えてもらいました。
植木は私が用意しましたが、開始から3日後にはこの状態。

fyard_080605_01_300


見違えました。さすがカルロス。
彼は緑の指を持つガーデナーです。
これを機に一気に親しくなった私とカルロス。お互い花が好きなもの同士。
彼はスペイン語、私は変な英語、それでも通じ合うものです。

そうだ、おまけです。今からおよそ3年前に私が越してきた時は、家はこんな感じでした。
変われば変わるもんです。

myyard0625



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 22:44:15 | Trackback(0) | Comments(0)
6月の雪
4月に遅い春が訪れてから、コネチカットの花前線は休み無く続いています。
先週ぐらいから急に目立つようになってきたのが、アカシヤの白い花とヤマボウシの白い花。
花が咲いて初めて、ヤマボウシの木を庭に植えている家が多いことに気がつきます。

yamaboshi_01


yamaboshi_02


今年の3月にとても大切な知り合いが亡くなりました。長いこと私を支えてくださったとても素敵な女性でした。歩く植物事典のごとく、ありとあらゆる植物の名前に精通していらして、一緒にでかけるたびに「あれは○○の木よ。」と教えてくださいました。ある年の6月、その方と一緒に箱根に行ったときのこと、ハナミズキのような花がたくさん咲いていました。「あれはハナミズキでなく、ヤマボウシというのよ。」そう優しくおっしゃられた時の横顔が忘れられません。遠く離れたアメリカ大陸にこんなにもたくさんのヤマボウシの木が植えられているとは思いもしませんでした。これから6月にヤマボウシの花を見るたびに、彼女のことを思い出せるのはとても素敵なことです。

さて、先週ぐらいから外を歩いていると雪のようなものがふわふわと舞っているのに気がつきます。何かの木の花の綿毛だと思いますが、何の木の花なのかはわかりません。ただ本当に雪のように、ふわふわと綿毛が舞う様子はとても美しいです。
そう、5月のドイツもそうでした。菩提樹の木に花が咲くころ、外では綿毛が雪のように舞っていました。屋外のテーブルで濁ったビールを飲みながら食べるシュパーゲル(白アスパラガス)。お皿の上にも綿毛が落ちてきましたっけ。

たくさんの思い出にちょっとだけ胸がきゅんとなった一日でした。
ああ、シュパーゲル食べたい・・・


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 22:28:48 | Trackback(0) | Comments(0)
こちらが駄目でも・・・
毎日24時間体制で殿下に振り回されているうちに、季節はすっかり初夏。

まだまだと思っていた我が家の芍薬もこんなにきれいに咲き乱れ、

shakuyaku_0806_02_300


そして、去年剪定したバラも見事に咲きました。
ここに越してきてこれほどきれいに咲いたのは初めてです。
手をかけた甲斐がありました。

rose_080604_01_300


さて、殿下の夏のお出かけ用に!といただいた高級なフランス製のお帽子。
初夏の陽気にそろそろかな?なんて思いつつ、試してみたところ。

既にきつくて入らない

そうです。赤ちゃんの成長は早いのです。
ショックです。一度も被ってないのに・・・

そんな私の目の前を毛深いあの方が通過。むむむ?
思ったとおりです。ぴったりです。

笑ってください

rudy_080603_300


つまり・・・
彼の帽子のサイズは41ってことです。


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 22:46:34 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad