■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
主のいない庭
neighboryard090525_250

この春、私が日本に帰っている間に、お隣さんのご主人が亡くなりました。88歳でした。
先週の土曜日、メモリアルサービスがあったので私もごミサに出席してきました。

家とお隣との間には、昨今良く見られる柵はなく、生垣だけで隔てられており、裏庭の一部は生垣も無くなんとなくお互いがつながっていたりする、とてもゆったりとした気持ちの良い関係でした。
庭いじりが好きで、良く私と庭で顔を合わせ、立ち話をしてくださいました。お庭にいらっしゃる時には、普通のお庭おじいさんでしたが、実はあの年齢でMIT(マサチューセツ工科大学)を卒業したというスーパーエリートだったことが、メモリアルサービスでの神父様のお話でわかり、驚きました。

お隣の庭は、家のそれぞれが勝手に育っている庭とは大きく違い、しっかり管理が行き届いていながらも、それぞれの植物がゆったりと枝葉を広げている、美しいお庭でした。季節ごとに、花が咲き乱れ、特に家との境にあるコリアンライラックの木は見事でした。

ところが、今年はそのライラックもほとんど花が咲きませんでした。そして、毎年楽しみにしていた大輪のオレンジ色の花をつけるつつじも、花数が例年よりはるかに少ないのです。
主がいなくなってしまったことを植物が嘆いているように見えてしかたがありません。

そういえば、その昔、父がお客さんにこう言ったのが忘れられません。

「植物は手をかければかけただけ、美しい花になって返ってきますから。いやいや、娘は手をかけたのに思い通りに咲きませんでしたからねえ。」

ひどい父親です。(笑)

スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 12:07:21 | Trackback(0) | Comments(0)
夢うらない
rose01


最近、同じ人がとても頻繁に夢に出てくる。

先週は何度出てきただろう。

会いたいと思っているから、出てくるのだろうか?

夢の中でも会えれば嬉しかったけれど、それにもだんだん疲れてきた。

どうすれば夢に出てこなくなるんだろうか?

人生って本当に少しのタイミングの差で別の方向へ動き出す。

実際に会って元気な姿を見れば、夢に見なくなるのだろうか?

夢うらないでもやってもらおうか?

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 11:37:40 | Trackback(0) | Comments(2)
妖精あらわるる
我が家の裏庭にあった生垣が切り倒されてしまってから一夜。
窓の外を見るたびに、見慣れない光景が広がり、裏の家が見えるたびに吐き気さえ感じます。
今日は、朝から切り倒した木を撤去する作業が続けられました。木の枝を粉砕する車が来て、朝から轟音、大振動。迷惑千万。

そして、夕方には本当に本当に何も無くなって切り株だけになってしまいました。

backyard090520_01_250

いやいや、良く見えること。裏の家。
見たくないのです。こんな景色。

そして、木を切り倒してしまってから、小鳥たちが来なくなってしまいました。
バードフィーダーに餌を補給しても、誰も来ません。ちゃんとわかっているのです。こんな荒れ野には誰も来ないのです。

作業の車が帰ってから、切り株の周りを歩きました。昨日の朝まで元気に茂っていた木が今はこんな切り株だけの姿になって・・・涙が出ました。
がっくりとうつむくと、足元に何かが埋まっているのを発見。なんだろう?と思って掘り出してみると・・・

gardennorm01_250

なんと小人のおじさんです。
いつから埋まっていたのでしょうか?きっとあの木が植えられた時に側に置かれていたのでしょう。木がどんどん生い茂り、いつのまにか忘れられて40年たってしまったのでしょうか?静かに、あの木の下で庭を見守り続けてきた妖精。それが40年の眠りから覚めました。体に塗られていたペンキは剥げて、ところどころ苔むして、まるでギリシアの難破船が海底での100年の眠りから地上に引き上げられたような風格です。

しかもこのおじさん、しっかりと裏の家の方を向いて寝そべっていました。ずっと番をしていてくれたのでしょうか?

早速、レスキューです!!だって家の敷地にあったのですから。
体長70センチぐらいのこのおじさん、石で出来ているので、むちゃくちゃ重い!とりあえず近くの花壇の枠の上に乗せてみました。

側で見ると、何だかどこかで会ったような?
これからは日光の下で庭の番をお願いすることにしました。

gardennorm02_250

後でお向かいのおばさんにこの話をしたら、大喜び。早速見に来ました。
彼女によると、このおじさんは
ガーデン・ノーム
と言うんだそうです。縁起の良いおじさんらしいです。

何にもなくなってしまいましたが、縁起の良いおじさんが来てくれて、少しだけ救われました。
ありがとう。ガーデン・ノーム。


続きを読む >>

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 09:12:07 | Trackback(0) | Comments(0)
そして何も無くなった
backyard_250

家の裏庭には、裏側の家との間に高さが20メートルほどの生垣があります。(ありました)
おそらくこの家が建った時に植えられたものでしょうから、40年以上たった生垣です。
お隣との目隠しだけでなく、多くの鳥や動物の隠れ家になっていました。

それが、今日全て切り倒されてしまいました。

backyard090519_03_250

アメリカ人はとにかく木を切らない。そして剪定もしないので、スペースがあるだけ木が大きくなります。おかげで私の住んでいるエリアは本当に緑が多く、空気もきれいです。
ところが、家の裏側の住人は、このアメリカ人の法則とは異なり、どうも木が嫌いなようです。2年前に庭にプールを新たに作った際には、彼の裏庭にある木を50本以上切り倒し、ご近所中と物議をかもしました。

そして、今度は家との間です。残念なことに今回切り倒されてしまった木は、彼の敷地の中にあります。ですから、私は何も出来ません。ただ指をくわえて見ているだけです。

40年以上かけて育った木、15本を切り倒すのにかかった時間は2時間ほど。午後の3時から始めてどうするだろう?と思ったとおり、我が家の裏庭には切り倒した木の枝がそのまま放置され・・・爆弾でも落ちたかのようです。明日続きをやるそうですが、よくもこのまま帰ったものだと腹が立ちました。

backyard090519_02_250

40歳を超える木が次々と切り倒されるのを見るのは、本当に心が痛みました。素敵な木ではありませんでしたが、裏の家との間で十分に目隠しの役割を果たし、鳥や動物にとっては大切な遊び場所でした。それが今はなくなって・・・

裏の家が丸見えです。
ということは、向こうから我が家も丸見えってことです。
非常に不愉快です。もう裸で部屋を歩くことも出来なくなりました。
今まではキッチンで洗物をしている時には、庭の緑しか見えなかったのが、今や裏の家が丸見え。

私が出来ること、間にフェンスが立ち次第、すぐに木を買って自分の敷地の側に植えます。
でもそれが両家の目隠しができるほどに育つのには何年かかるのでしょうか?

そして本当に何も無くなりました。
無くなってみてわかること、たくさんあります。でもその時ではもう遅いのです。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 20:18:43 | Trackback(0) | Comments(0)
新しいおもちゃ登場!
この夏は渡米してから親しくしていた友人が数人、駐在の任期を終えて故郷へ帰ってしまいます。趣味を通じて、日本人だけではなく、色々な国の人と仲良くなってとても楽しかったのに、寂しくなります。この引越しにあたり、多くの人が家具や電化製品などを知り合いに安く譲ったり、ガレージセールを開いて売ったりします。

先日、6月にオランダに帰ってしまう友人から未使用のワッフルメーカーを譲ってもらいました。
実はワッフルメーカー、こちらに来てからずっと欲しいと思いつつ、でも使う頻度を考えると意外に高いのでずっと迷っていて今日まで来ました。それが思いがけず、友人から安く譲ってもらえて大興奮。すぐに焼いてみました!

今回譲ってもらったのは、ちょっと変わった形のワッフルメーカー。普通は丸型や四角なのですが、これはスティック状に焼けるというタイプ。パーティーなど人が多く集まる時に、ディップと一緒に出すということを想定して作られたもののようです。

外はこんな感じ。

waffle01_200

ふたを開けると、ノンスティックのワッフル型が並びます。ホットプレートみたいなものです。

waffle02_200

ここに、ワッフルの生地を流して・・・

waffle03_200

蓋をして待つこと数分。6段階の焼き色が調整できるのですが、私は白っぽいワッフルではなく、香ばしくかりっと焼けたワッフルが好きなので、かなり濃い目に設定しました。(そのために、クリスピーワッフル!というレシピを使いました)

ピーとブザーが鳴って蓋を開けるとこのとおり!

waffle04_200

たまらない臭いがぷんぷんです。
取り出して、一本ずつにして、メープルシロップを添えて・・・

waffle05_200

この後、一人で8本も食べてしまった私です。(朝からワッフル8本も食べるか?)
隣の僕ちゃんにもかなり好評だったようです。

また一つ、楽しいおもちゃが増えました!
あともう一つ、ずっと買わずに悩んでいるものがあります。
パニーニメーカー
買っちゃおうかなあ・・・
アメリカの電化製品、日本よりずっと安くて、面白いものがたくさんあるのです。
置き場所も日本よりたくさんあるし、ついつい。困ったものです。

友人が故郷に帰ってしまうのは寂しい限りですが、嬉しいお土産をいただきました。
これからワッフルを焼くたびに、彼女の顔を思い出せるのも良いかもしれません。

もし、私が日本に帰る時は、この電化製品の数々・・・
どうするんだろう???

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 10:58:05 | Trackback(0) | Comments(0)
ついに今年初・・・
アメリカに来て早くも4年。
12月から4月ぐらいまで約4ヶ月間、クラブを握らないでいることにすっかり慣れてしまった私です。特に去年からは、障害が多く、大好きなゴルフはほとんど出来ないまま。

そして、今年も4月に入るとゴルフ友達、老若男女、からじゃんじゃんと電話がかかってきます。
「もうラウンドした?」
と・・・

出来るわけがないじゃないか!!!
こっちは1歳児がいるんだぞ!!!
あああ、悔しいです。悲しいです。

去年より更にパワーアップした僕ちゃんのお世話は大変です。
とっても優雅にゴルフなんて出来る状態ではありません。

と言いつつも・・・
先週ついに今年の初ラウンドをしてきました!ハーフだけですけど。

golf0905_250


ああああああ、なんて素晴らしいのでしょうか。
緑の芝生、そよぐ風、風に流されるスライス球・・・
ゴルフが出来ることへの純粋な喜び、感謝に満ち満ちた一日でした。
日本に居る時はありとあらゆる休日はゴルフをしていたのに、そんな風に思ったことはあまりありませんでした。やっぱり人間、我慢もたまには必要かもしれません。

でも・・・
ゴルフを思う存分やりたーーーーい!!

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 10:52:11 | Trackback(0) | Comments(0)
メタボな僕ちゃん
昨日の夕方、自分の足の爪を切ろうと床に座ったところ、僕ちゃんがにゃーんとやってきました。
どうも
「僕の爪も切っておくれ!」
ということらしい。(たぶん違う)

よいしょ、と10キロの巨体を膝に抱え上げて、爪チェックをしてみると。
なるほど伸びてます。

僕ちゃんの爪きり風景は、こんな感じ。この猫、どうやら爪切りは全然嫌ではないらしいです。

rudynail_250

しかし、まあ、このお腹のサイズ。
いまだに、1歳児より体重の重い猫ちゃんです。厳しい食事制限をしているにもかかわらず、全然痩せない僕ちゃん。

普通サイズの猫の爪切りをするとこんな感じです。

yuki_nail_060103

比べてください。お腹のサイズ。
Rudyは今をときめくメタボ猫なのでした。


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 12:48:31 | Trackback(0) | Comments(0)
見事復活!!
我が家の前庭には、メインの木としてハナミズキが植えられています。
これは去年の5月の写真。

yard_hanamizuki_080518_01_300

前の住人が植えたのだそうで、それほど古いわけではないのに、どうも調子があまり良くありません。花の数も少なく、死んだ枝が多い。一昨年、木のお医者さんを頼んだ時には、もう無理だからと別の木へ植え替えを勧められました。

ところが、去年、あのカルロスと知り合い、彼に庭のこまごまとしたことを頼むようになってから、この木のことを相談しました。すると、死んだ枝を切ったらどうだろうか?ということになり、中が空洞化した枝を全部切り落としてもらい、木の周囲の地面を耕してもらいました。上の写真はちょうどそのすぐ後に撮ったものです。

そして、今年・・・

dogwood09_02_250

見事、大復活を遂げました!
私がここに越してきて、これほど花がたくさんついたことはありませんし、これほど花がピンクだったことも無い!そして一つ一つの花のサイズも去年よりぐんと大きいです。

dogwood09_01_250

ああ、お医者さんのすすめで切り倒さなくて良かった。死んでいると言われたこの木は、まだこんな力を秘めていたのです。カルロスのおかげです。先週、彼に我が家の庭のスプリングクリーニング(雑草を抜いたり、枯葉を取り除いたり、庭全体のお掃除をする)を頼んだ時に、二人で「切らなくて良かったね。きれい咲いたね。」と喜び合ってしまいました。

庭師という職業の人、さぞかし花や木が好きなんだろうと思いきや、意外に本当に花や木が好きな人は少ない気がします。植物に対する態度を見ていると、その人の思いがわかるというもの。
英語がなかなか通じないカルロス(彼はガテマラ人でスペイン語を話す)は、ちょっと大変な庭師ではありますが、彼は本当に花や木が大好きな庭師です。そんな彼が私はとても好きです。きっとハナミズキの木も私と同じように思っていることでしょう。

そんな訳で、今年は満開の花の色が窓から差し込んで、リビングの中が何となくピンクです。とっても幸せな気分にさせてくれます。
写真だと上手く撮れないのが残念です。

dogwood09_05_250


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 10:57:12 | Trackback(0) | Comments(0)
いやいや何だって大きいです
先週、数日間初夏のように暑い日が続いたために、春を通り越して一気に初夏になってしまったコネチカット。

待ち焦がれた春があっという間に進んでしまうのは、残念です。
春の花々だって、いつもならゆっくり少しずつ咲いていくのに、たった数日間の間に何もかも咲いてしまいました。

そして今、満開なのがこちら。

cherry_02_250

我が家の八重桜です。
植えてから8年たったそうで、だいぶ大きくなりました。

しかし、こんなものではありません。

cherry_01_250

近所にある見事な大木。これ2本とも八重桜です。花の重みで枝が下がってます。
しかし、アメリカ。何だって大きいんです。

人だけじゃなくてね・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 10:46:46 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。