■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おぼれた。。。
私の住んでいるエリアには、プールのある家がたくさんあります。
家ぐらいのこじんまりした敷地でも、裏庭いっぱいにプールを作っている家を普通に見かけます。
青森と同じくらいの緯度に位置するコネチカット州、一年のうちでプールを使えるのはほんの数ヶ月。それでも皆プールが欲しいようです。

230px-Backyardpool


さてここ数週間のうちに、2度ほどプールのあるお宅で催されるパーティーに招待されました。
1件目、何の予備知識も無く、子連れで水着だけもって出かけました。もちろん子供はすぐにプールに入りたがります。しかし2歳児は一人では泳げませんから私が抱っこしてプールに入ります。
そして、ステップになった部分からプールに入って歩くこと5歩。

早速
おぼれました。

プールの底が突然、私の身長を超す深さになっていたことに気がつく余裕も無く、私はあっという間に水中に。当然のことながら、腕に抱いた2歳児も水中に。。。とっさに、腕を高く掲げて殿下だけを水面に出し、自分は水中に沈んだまま、浅いであろう方向に歩いてみました。おかげさまで数秒後には無事に水中から脱出できましたが、いやはや怖かったなんてものではありません。ぞーっとしました。そしてもっと怖いと思ったのは、私たちがおぼれていることをプールサイドに居た人々は誰も気がついていなかったという事実。おぼれるってこういうことなんだなあとつくづく思い知らされました。
家庭用のプールなので、まさかそれほど深いとは思っていなかったのが浅はかでした。大抵のプールはかなり深いのだそうです。特に飛び込み台の付いたプールは3メートル近い深さの部分があるのだそうです。恐ろしい・・・

先週末、2件目のプールつきのお宅でのパーティー。今回はしっかり殿下の浮き輪付きベストを用意していきました。自分一人だけならば何の問題もなく泳げても、腕に子供を抱えていては泳げないのです。でも仮に水中胴着があったとしても、やっぱりプールは怖い!たとえ子供が10歳ぐらいの年齢になっても、ひとりで泳がせるのは怖いです。何がおこっても不思議はありません。大人だって然り。

つくづく、自宅にプールは要らない、と思いました。


スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 20:05:58 | Trackback(0) | Comments(6)
Fortune Cookie
久しぶりにアメリカの美味しくない中華を食べました。
日本で食べる中華とアメリカの中華は全くと言っていいほど違います。なかなか馴染めないんですよね。何だか独特のにおいがする気がして・・・

アメリカで中華を食べると、大抵の場合“Fortune Cookie”というものが付いてきます。クッキーの中にはおみくじのような紙が入っています。これは日本の中華には付いてこないので、面白いなあと思います。おみくじとはわかっていてもやっぱり真剣に見てしまったりして・・・

200px-Fortune_cookie200px-Fortune_cookie_broken_20040628_223252_1


さて、昨日私が取ったフォーチュンクッキーには、こんな文句がありました。

A secret admirer will soon send you a sign of affection.

おっと!久しぶりのちょっと意味深なフォーチュンです。

思い当たるふし???
うふふ・・・・


続きを読む >>

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 21:55:48 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。