■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Depression glass
先日近所でガラス専門のアンティークショーがあり行ってきました。
そこで見つけたのがこれ。

glass01_042712_250 glass02_042712_250


ディプレッションガラスのデザート皿とシャーベット皿。
淡い桜のようなピンク色で、プレーンではなく少しだけ角のないカッティングが入っています。滑らかで薄いガラス。アメリカのガラス製品は、今日本で大人気のファイアーキングのようにもっとぼってり、どっしりかと思っていましたが、こんなに紙のように薄いガラスがあるのだと初めて知りました。

ここしばらく冷たいアペタイザーに使えるガラスのお皿を探していたので、これには大満足。このシャーベット皿にだって、キャビアやウニを使った冷たい前菜を載せたら素敵だと思いませんか?こうやって想像が膨らんでいきます。

自分で作る料理を載せるためにお皿を作ってしまった魯山人の気持ちがわかります。って私にはお皿は作れませんが、買うことはできます。(笑)

私はもともと陶磁器が好きなので、これまでガラスには手を出しませんでしたが、うーんこれははまりそうです。
まずい・・・

スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

食器 | 00:38:51 | Trackback(0) | Comments(0)
Green Keeper
今年は隣町のゴルフ場で主にゴルフをしている私。プレーをしていて感じるのが、このゴルフ場は大事にされているなあということ。手がかかっているのです。

sfg_01_250

レイアウトもきれいなのですが、各ホール隅々まで良く手入れがされています。町営とは思えないです。東京近郊のパブリック、河川敷などとは大違いなパブリックコース。レイアウトもダイナミックだし、ホールごとの顔つきも違って、なかなか良くできたコースです。

このコースの手入れを任されているのはなんと女性。女性のグリーンキーパーって初めてみました。もう20年近くこのコースでグリーンキーパーをしているのだそうです。春先の今は、特に芝生の管理に目が離せません。本当にいつ行っても彼女はどこかで仕事をしています。

greekeeper_042512_250

男所帯の中に入っての仕事、大変なんだろうなあと思っていたら、コース内にあるアプローチの練習グリーンのところで、作業の男性を怒鳴りつけている彼女を見つけました。かっこいい。。。私もあと10歳若かったら、弟子入りしたかったな。日本のホームコースのキーパーさんが懐かしいです。色々とお世話になりました。


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 00:41:04 | Trackback(0) | Comments(0)
Flower of the Day - Pieris 2012 馬酔木 -
ashibi01_040912_250

今年も馬酔木の木がたくさんの花を咲かせています。

去年よりも一房の花が長さが長いような気がして・・・

ashibi_0401212_01_250

馬酔木と書いて、”あしび”と読ませる。
馬が酔うような香りがするのでしょうか?

確かこの木は毒性があったはず。。。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Flower of the Day | 15:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)
Flower of the Day - Tombo 蜻蛉 -
我が家の楓の木にたくさんの蜻蛉が出来ました。

maple_041012_250

このトンボの季節を秋と思っている人が意外と多い。
実は楓の木は春にまず花を咲かせます。赤いちりちりとした花。そしてその花が終わると、こうしてトンボができます。このトンボが落ちると、そのあとから新緑が出てくるってわけ。

春の新緑前の枯れ木を見るとぼわっと赤くなっている木がたくさん見えますが、それは楓の木。トンボの頃は、黄色く見えます。春の落葉って感じです。

この楓の種をトンボと呼ぶ日本人の風情。良いですね。
あああ、そういう空気が恋しいです。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Flower of the Day | 15:03:05 | Trackback(0) | Comments(0)
さすがは柿右衛門!
そろそろ盛りを過ぎてきた、我が家の庭の木瓜。
これで最後かと思い、枝をいくつか切ってお部屋に活けました。なんせ、地面に這うような感じの枝ぶりなので、花瓶に生けるのはなかなか難しいです。

ふと思い出した柿右衛門の一輪挿し。食器棚にしまってあったのですが、試しに生けてみると・・・

bokekaki_041212_01_250

これにはびっくり。やっぱりしっくりくるものです。一気に木瓜が和風に見えるのが不思議。
花まで立派に見えるのは、まさしく柿右衛門のなせるわざ。

この柿右衛門の一輪挿し。去年亡くなった叔父が御祝にくれたものでした。趣味の人で、折に触れてこういう気が利いたものを送ってくれました。

bokehina_041212_01_250


柿右衛門独特の美しい生地に桜の絵付け。花を生けると、更にその美しさが引き立ちます。
しかし。桜の一輪挿しに木瓜を生ける人もどうなのでしょうか?
そしてその横にはとっくに終わったはずのお雛様があるのもどうなのでしょうか?
海外にいると、こういうざっくりした季節感になってしまうのがいけません。反省、反省。。。



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 22:51:15 | Trackback(0) | Comments(0)
Flower of the Day - Quince 木瓜 -
もう長いこと雨が降っていません。こちらでは
April showers bring May flowers
と言って、4月の雨が5月の花々をもたらすそうですが、今年は4月になってからパタッと雨が降らなくなりました。そんなおかげで、4月の花々は長持ちしているのですが・・・

もうそろそろ、盛りをすぎてきたかな?という感じがの花がこれ。

boke_040912_01_250

木瓜(ぼけ)です。英語ではQuinceと言います。最近ではハイブリッド種のド派手な八重咲きのものを見かけますが、我が家にあるのはきっと古い古いものです。何十年もの間、巨大な生け垣に押しつぶされていたからか、それともこの木の習性なのか、なぜかあまり直立して成長しません。グラウンドカバーという感じ。花もつぼみの時は、真ん丸で開いても真ん丸。

040712_02_250


私的には一重のひらっとした木瓜の方が好みですが・・・
まあ、文句は言うまい。




テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Flower of the Day | 09:23:45 | Trackback(0) | Comments(0)
Flower of the Day - ビバーナム カレーシー -
caressi_041012_01_250

今、満開なのが我が家のビバーナム カレーシー。スイカズラ科の植物で、大手まりなどと同じ仲間です。ラッパ状の小さな花が集まってボールの形を作ります。

caressi_041012_05_250

つぼみの時は、ピンク色ですが、花が開くと限りなく白いピンクになります。

caressi_041012_03_250

あまり派手とは言えないこのカレーシー。この木にさわると、何だかかゆくなる気がするし・・・
なぜか我が家にこの木は2本あります。元々1本あるのに、間違って同じものを買わされてしまったのです。
でも、素晴らしいのが香り。この木一本で、庭中が良い香りになります。去年かなり大胆に剪定をしたせいか、今年の花付きはこれまでで一番です。

あとしばらく香りが楽しめそうです。殿下の幼稚園のある教会の入り口にも丸く刈り込まれたカレーシーがありました。

caressi_041012_04_250







テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Flower of the Day | 15:52:01 | Trackback(0) | Comments(0)
独り占め
異常に暖かった冬のおかげで、1月も2月も数回だけゴルフをすることができました。そしていよいよ、春本番。
なまる体に鞭打って、一人でふらっと出かけました。
最近気に入っている、隣町のゴルフ場。水が多く、戦略的なコースで、私が住む町の町営コースよりもずっと挑み甲斐のあるコースです。

sfg_01_250

コースは、もうすっかり準備万端。芝も青く、グリーンのエアレーションだって終わって、早いこと。。。
今日のご褒美は、自分一人でまわれたこと。誰もいないのです。こんなにいい日なのに。

sfg_04_250

途中で練習ボールを打ちながらも、18ホール歩きで3時間15分。日本では考えられないことです。
こんなかわいい野草も花を咲かせていました。

sfg_03_250

シクラメンのような花の形です。なんという植物なのでしょうか?

しかし、本当に18ホール独り占めというのも、たまりません。スコアもたまらない出来でした。(笑)プレッシャーがないですからね。

sfg_02_250

スコアと言えば、今週はマスターズウイーク。夢のようなオーガスタで熱戦が繰り広げられています。オーガスタの名物は、各ホールを彩る花々。私のホームコースもオーガスタの真似をして、ホールごとに違う種類の木が植えられていました。懐かしいです。私の一番好きな大手まりの咲き乱れる17番は今も健在でしょうか?

マスターズと言えば、さっくり予選落ちの遼くん。やっぱり彼女同伴で浮かれている場合ではありません。アメリカでも笑われています。やっぱり日本人の男の子は、欧米人の同年代と比べて精神的に幼く見えてしまうのは私だけでしょうか?






テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 21:02:45 | Trackback(0) | Comments(0)
花屋さん要らず
040712_03_250

春は花を買わなくて済むので、嬉しいです。
今日は庭の木瓜とビバーナムカーレシーというアジサイ科の植物を生けてみました。このビバーナム、ものすごい良い香りのする花です。この小さな花瓶から部屋中に香りが漂います。

明日はイースターです。再生の春、多産の象徴のウサギ、卵。
春の始まりです。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 20:49:10 | Trackback(0) | Comments(0)
Easter Egg
今年は4月8日がイースター。キリスト教の復活祭です。
殿下が通っている現地の幼稚園は、キリスト教の教会が経営しているので、幼稚園でこんなものを作って持って帰ってきました。

easteregg_02_250

ゆで卵を染めて、カラーエッグを作り、それを芝生に見立てた草(本物)の上に置いてあります。
なかなか可愛いです。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 20:42:02 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad