■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
You Tube さまさま
昔、プロを目指してピアノを弾いていた時には、私にとってアルゲリッチだけが神様でした。今もその気持ちは変わりませんが、ちょうど1年前に20年ぶりにピアノを弾くことになってから、色々な人の演奏を聴くようになりました。その中で、前は好きだったのに、今はそうでもなくなったり、これまでは好きになれなかった人の演奏に感銘を受けたり、音楽のとらえ方が大きく変わっている今日この頃です。

世の中で「一流」と呼ばれるピアニストは、どの人も例外なく素晴らしく、そして上手い!あとは、その中で自分の好みに合うかどうかだけです。

今は、You Tubeで色々な人の演奏が映像つきで見られる時代!しかも無料!これはすごいことです。このYou Tubeによって、損害を被っている人たちも相当であろうと思います。でも、私のようなただの人にとって、これほどすごいサービスはありません。CDでは見えない、指使いや、間の取り方、ペダリングやスタイルなどを音源と共に見ることができるのは、ものすごいことです。そして色々な人の映像を見るたびに思うのは、今世界で活躍しているピアニストで、私が日本で習ったように弾いている人はほとんどいない!ということ。これには本当にがっくりきます。1990年頃まで、日本に輸入されたピアノの指導方法は、ヨーロッパなどでは当の昔から採用されていない方法だったのです。これが私が今の先生との最初のレッスンで言われたあの衝撃的な一言
その弾き方では、ロマン派以降は弾けませんね
につながってくる訳です。

全く失礼な話です。私は17歳まで人生の大半をピアノを弾くことに費やしてきましたが、それが時代の裏側を行く方法だったとは・・・責任をとってもらいたい気分です!正しい方法を教えてもらっていたら、もしかしたらピアノをあきらめなかったかもしれない?って思ってしまう自分が悲しいです。まあ、どちらにしてもきっとあきらめたとは思いますが・・・きついきつい世界ですから。

でもふと思い出すのは、私が8歳から3年習ったハンガリー人の先生が、事あるごとにおっしゃった言葉。
「ピアノを続けるなら、貴方は必ず日本を出なさい。」
今なら、そういう意味だったのかなあと思います。彼女は日本の指導方法の限界をわかっていて、そうおっしゃったのかもしれません。

あーあ、今頃気が付いてもねえ。20年遅い!!!


スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 23:23:20 | Trackback(0) | Comments(2)
まだやってますっていうか、ますますはまってます
去年の今頃始めたピアノ。
ちょっと試してすぐにやめようと思っていたら、大間違いでした。どんどん深みにはまって、もう後戻りはできない状況になりました。

私のピアノ漬けの15年は何だったのかなあと思います。あまりに知らないことが多すぎて、腹が立ちます。
相変わらず、横でさらっと弾いてみせる先生の音はあまりにも美しくて、そのあとに自分が弾くと泣きたくなります。何が違うのか?もちろん才能なのだとはわかっていても、納得できない自分があります。

今の私の目標は、自分の音を探すこと。
15年もずっとピアノだけをやっていて、自分の音だと思っていた音は自分の音ではなかった。
きついなあ。でもやめられなくなってしまいました。

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:36:30 | Trackback(0) | Comments(0)
三寒四温とインフルエンザ
早くも3月の3週目。だんだん春が近づいてきた感があります。
既に夏時間になり、夕方暗くなる時間も遅くなりました。チューリップや水仙の芽もすくすくと伸びてきて、空気の中にも春の香りが感じられるように・・・

昨日の夜からまた雪が少々降りましたが、それもすぐに雨に変わりべちょべちょのシャーベット状態。
三寒四温とはうまいことを言ったものです。

三寒四温を感じている最中、先週はインフルエンザにかかりほとんど無機能状態に陥った私です。
なぜこのインフルエンザももう終わろうというこの時期にインフルエンザにかかるのか!
予防接種もしたのに・・・
そして、この国ではインフルエンザにかかっても、健康な成人には抗インフルエンザ薬は処方されません!!
ってことは、自力で治るまで頑張れってこと???
それは39度の高熱の中、市販の解熱剤だけで乗り切れってこと。
市販の解熱剤だけで効くわけはありません。
ほとんど3日間は死にかけました。

アメリカ、ひどい国です。
しかし、アメリカのお医者さん曰く、それは自己免疫力を高めるためなのだそうです。
ということは、抗生物質をガンガン処方する日本のお医者さんは、遅れていると言うことなのでしょうか?

ここ数年、一年に一度の割合で、どうにもならないくらい具合が悪くなる病気になってます。
一昨年は食中毒、去年は溶連菌、そして今年はインフルエンザ。
いやはや・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 21:31:35 | Trackback(0) | Comments(1)
殿下、モテモテになった?の巻
先日めでたく殿下が5歳の誕生日を迎えました。
時がたつのは遅いようで早いものです。一日一日は長く感じますが、振り返ってみると5年はあっという間だった気がします。

殿下は去年の9月からローカルのプリスクール(日本の幼稚園にあたる)だけに通っていおり、日々英語人の子供たちと一緒に過ごしているので、当初心配していた英語はあっという間に達者となり、母のレベルを超えてしまいました。ううう。。。

そして今週、その殿下の幼稚園カバンにこのようなものが入っていました。

022613_01_250

クラスメートの女の子からでした。絵には風船と女の子が描かれていたので、先週が殿下の誕生日だったのでお祝いに描いてくれたのだろうなあと思いました。

そしてその翌日、

022513_01_250


また同じ女の子からでした。今度は女の子の絵だけではなく、色とりどりのハート付き。
ふーーーーん???と思った私。

そしてその翌日は、クラスで殿下の誕生日パーティーをやってくれたので、私も招待されていってきました。するとそこで繰り広げられたのは、結構シリアスな女の戦い(4歳)でした。パーティーの時に殿下の片側に私の席が用意されており、私は何も考えずにそこに座ったのですが、もう一つの殿下の隣の席を巡って二人の女の子が席取り合戦を繰り広げました。(笑)勝ったのは、今週二日続けて絵を贈ってくれたお嬢さん。その後も二人はしきりに殿下にアピールをしていて、それを見て私は笑ってはいけないと、赤くなったり青くなったり・・・

いやいや、女の子は進んでいます。当の殿下は何が起きているのか全くわからず、クラスで一番好きなのは気の合う男の子。自分は男の子の母親なのだなあということを実感した一日でした。年頃になった時のことを考えると何だか今から怖いです・・・


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 16:59:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad