■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
N先生の今日の一言
もうすぐ日本に帰ります。ここのところ、色々とあってちょっとホームシック気味なので、1年ぶりの日本がとても楽しみです。

そんなわけで、これまで駆け足でつづけてきたピアノのレッスンもちょっとお休み。
もちろん一人で練習は続けますが・・・

結局、ルバートという壁にぶち当たって、のたうちまわってます。

ショパンのエチュード、OP10-4を弾いていたのですが、そこで言われたこと。

もっと魂から弾いてください。聴く人の心を揺さぶってください。」

これまた厳しいお言葉です。
でも、その通りだと思います。さらっと、こ綺麗に弾けているのに、心が苦しくならない。
綺麗に歌う、そういうことは考えて弾いていましたが、魂から音を出す、ということを考えて弾いたことはないです。

結局、その辺の意識が全然違うってことなんですね。また落ち込みます・・・

スポンサーサイト

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 23:24:09 | Trackback(0) | Comments(0)
N先生の今日の一言
ここしばらく、ルバートと格闘しています。
ルバートとは意図してテンポを揺らすことですが、上手くルバートがかけられれば曲の魅力を更に増すことが出来ますが、下手にかければ曲自体を台無しにしてしまうという恐ろしいものです。

概して、上手い人の演奏を聴いていると、あまりに自然にルバートかかっていて、曲が流れているので、どれだけテンポが揺らされているかなんて気が付かないことが多いです。N先生も然り・・・

今、弾いている曲の一曲、ノクターンの13番。ちょっと前に、見事なまでにインテンポで弾いて見せた私に、N先生のきつい一言。

この曲でルバートかけないで、何でかけるんですか?

すいません。かけ方がわからないんです。



テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 10:31:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。