■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
惨敗のカーネギー
カーネギー、ワイルホールでのリサイタルからほぼ2週間が経過。肉体的にも精神的にもボロボロになりました。
残念ながら、今回の演奏に対しての自己採点は30点。たった6分の演奏の間に、色々と信じられないようなことが起こりました。

今回のカーネギーを入れて連続3回のコンサートで失敗をしている私です。それらを見てみると・・・

2013年12月、チャイコフスキー、アンダンテマエストーソ
どれだけ練習しても全然音楽が見えずに、最後まで仕上がり切りませんでした。その状態で本番に臨んだので、中途半端な出来でした。でも本番ではそれほど大きなミスはしませんでした。技術的なことへの後悔と言うことよりも、音楽をつかみきれなかったことへの後悔が大きい演奏会でした。

2014年6月、ショパン、木枯らしのエチュード
これもチャイコフスキーと同様、とにかく仕上がらなくて苦労しました。音楽的には見えかけていたのですが、技術がついていきませんでした。本番では自分では許せないレベルのミスをいくつかしてしまいました。

2014年12月、ベートーベン、熱情ソナタ
今回の演奏会のことですが、今回は準備的には今の自分が出来るベストの90%以上の完成度で仕上がっていました。暗譜も2か月前までにほぼできており、本番前3週間ぐらいから通して弾いて、暗譜抜けするようなことは一度もありませんでした。音楽的にもかなり深いところまで見えてきて、それを如何に表現すべきかと言う部分に後半は時間を費やしました。 にもかかわらず、本番ではちょっとしたミスタッチが引き金になり、そこから一瞬の暗譜抜け、2小節ほど自分で作曲、何とか立ち直ったもののそのあとは頭と手が別々の生き物となり、頭からの指令が指には届かなくなり、コントロール不能状態。ミスタッチの連発で雪崩のように終わりました。

終わってみて、あれはいったいなんだったのだろう???と言う思いだけが残りました。
極度の緊張状態だったのか、何か別の理由があったのか、とにかく全くわからなくなってしまいました。でもここ3回の演奏会の結果を見てみると、どんどん悪くなってきているような気がします。本番前のクオリティーはあがっているのかもしれませんが、本番でのクオリティーはどんどん下がっているような気がします。何なのでしょうか。誰もが通る道なのか、もうやめた方が良いのか。。。ただ、もうこれ以上の準備をして演奏会に臨むことはこれから先にできないと思うので、それだけ準備してもこんなひどい演奏しかできないのであれば、もう演奏会に出るのはやめた方が良いのではないか?と言うのが今の気持ちです。ピアノはやめません。むしろ前以上に弾きたくて仕方がないのです。

今回の演奏が終わってわかったことは、「ベートーベンが如何に難しいか」ということだけでした。全然到達できない境地でした。疲れました。



スポンサーサイト
Piano | 20:27:00 | Trackback(0) | Comments(0)
憎きクリスマス-その2-
先ほど、死ぬ気で巨大ツリーに巻き付けたライト。
さて、点灯!とスイッチを入れてみたところ、3本のうちの2本がついていないことが発覚!!!!!
なぜだかわかりません。Made in Chinaだから?
わかっているのは、
これからもう2セットライトを買ってきて、
せっかく巻きつけたライトをまた全部外して、
新たにライトを巻きつける。

そんな時間はどこにもありません。

あああ、なんと憎きクリスマス!!!

daily life | 11:32:49 | Trackback(0) | Comments(0)
憎きクリスマス
ホリデーシーズン真っ只中のアメリカ。何かもが怒涛のようになって、飲み込まれていく恐ろしい季節です。

カーネギーを3日後に控えて、引きこもり中の私です。
家の中はめちゃくちゃな状態になっています。
掃除もできない、料理も適当、洗濯はするもののたたむ暇がない・・・
全ての家事は、音を出せない夜にやることになるので、どうしたって限界があります。

ところが・・・
こんな最中にクリスマスツリーを買ってこられてしまいました。しかも巨大な・・・数日そのままに放置してしまったところ、家族からちくちくと嫌味を言われる始末・・・ 今、1時間だけ!!!って決めて、ライトだけつけましたが(先にライトをつけないと飾りはつけられないのです!)、重いライトを腕にかけて、ツリーの周りをぐるぐる周りながらライトをつけただけで、既に腕が筋肉痛になってしまいました。この巨大なツリーにオーナメント1個ずつつける何て、いったいいつやればよいのでしょうか?玄関にはまだかぼちゃが転がっているのに、ガレージにはリースが待ってます。

ああなんと、憎きクリスマス!

daily life | 10:14:35 | Trackback(0) | Comments(0)
あと少し・・・
カーネギーまであと3日となりました。
今週は引きこもり状態で練習をしていますが、次から次へと迷いと欲が出てきて、仕上がることなど一生ないのだと言うことが身に染みてわかります。

今回のベートーベンからは多くのことを学びました。
今回比較的早くある程度まで仕上がった背景には、「古典」ということがあります。私のようなハイフィンガータッチでもとりあえず曲として聴こえる、古典の隙の無さ、に今回は助けられているような気がします。これがロマン派になると、音色で勝負!!という部分がほとんどなので、私のような音色に幅のない人にとってはおくるしみ以外の何物でもなくなるのだと思います。それが去年のチャイコフスキーと今年のショパンのエチュードだったのでしょうか。古典だって、さまざまな音色を操れるピアニストが弾けば、青緑色の古典から彩り豊かな古典としてとして生まれ変わります。

練習するたびに、「ここはもっとこういう風に弾けないかな?」と思うところが次々と出てきます。N先生曰く、これが演奏会をすることのメリットだそうです。人前で弾かない限り、ここまで突き詰めることはなかなかできないそうです。

最後の最後まで、本気でやります。本気で音楽を楽しんでみたいです。

Piano | 22:36:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad