■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奇跡の演奏会 Oxana Yablonskaya
昨晩、ニューヨークにある小さな音楽サロンで行われたロシア人ピアニスト、Oxana Yablonskayaのリサイタルを観に行ってきました。彼女はN氏の師匠でもあった人で、N氏から彼女にまつわる色々な話を聞かされていましたが、これまでに実際に演奏を聴くチャンスがありませんでした。暫く前まで、NYのジュリアード音楽院で教鞭をとっていた彼女は今年77歳、年齢から考えても小規模なサロンコンサートなのだろうなあと思って出かけたら、大間違い。
プログラムをみてびっくり。
ベートーベンのソナタ2曲、チャイコフスキーの四季から6曲、そして、ラフマニノフのコレリの変奏曲。
カーネギーホールでの演奏会のようなプログラムです。

本当にこれだけ弾くのかい?とちょっと半信半疑で始まったコンサート。
ところが、あっという間に彼女のエネルギーが作り出す磁場に引き込まれて、茫然自失、瞬きもできないほどでした。
とにかくすごい。まず、音が大きい。でも決して乱暴なわけではなく、とにかく丁寧。一音一音を丁寧に扱う様子には感動しました。パワフルでありながら可憐。色彩豊か。そして一番感動したのが、彼女の演奏にみなぎるエネルギーの強さ。このエネルギーが音楽が向かっていく方向を作り出し、聴く人を導いていくのだと納得させられました。

インターミッションを挟んで、チャイコフスキーの四季、そしてラフマニノフ。
これがもう。。。気が付かないうちに泣いてしまった私でした。
同じロシア人でも、去年リンカーンセンターで聴いたトリフォノフ君はまだ子供だと実感してしまいました。ラフマニノフは元々大好きですが、こんなにも美しくて、こんなにも苦しいと思ったのは初めてだったかもしれません。

終わりが近づくにつれて、「まだ終わらないで!!!」と心の中で叫んでしまった私。こんな風に思えるコンサートってこれまでにいくつあっただろう?2週間ほど前に行ってきたバイオリンのコンサートでは、「まだアンコール弾くのね?」って思ってしまった私だったのに。。。

アンコールで弾いたショパンのノクターン。そして最後にスカルラッティのソナタ。まあこのスカルラッティの美しいこと・・・ショパンとは音色が全く変わり、ピアノが変わったのかと思うほどでした。

あああ、何でことでしょう。これまでの人生で一番感動した演奏会と言っても良いかもしれません。
たった20ドルで、小さなサロンで、お客さんはほとんどが知り合いのような小さな演奏会で、こんな経験をしてしまうとは・・・
初めて、演奏会で幻想を見てしまいました。はあああ。


スポンサーサイト
Piano | 21:41:31 | Trackback(0) | Comments(0)
譜面台という壁
                       SW002.jpg

ここのところ身辺が色々と騒がしく、ゆっくりピアノを弾く時間が取れずストレスがたまる一方です。
ところがそんな時だから気が付くこともあったりして・・・

まず、自分のピアノが如何に良い音の持ち主だといういこと。
(親ばか発言ですが、本当に私には分不相応な素晴らしいピアノです)

長時間練習をしていると良くも悪くも音に慣れてしまって、このピアノが生み出すドキッとするような音に気が付かなくなってしまうのですが、あまり練習をしていないときほど(良くも悪くも手の力が適度に抜けているので)簡単なスケールを弾いただけで「あれっ?このピアノってこんな良い音がしたっけ?」って気が付かされるのです。

そして、今日もう一つ再認識したことがありました。
それは、譜面台が邪魔者である、ということ。

M氏に教えをこうようになってから、暗譜をする機会が増えました。子供のころは、覚えようと思わなくても曲が仕上がるころには自然に暗譜できていたものですが、この年になると頑張って覚えようと思っても覚えられないのです。出来る限り二十歳までにたくさんの曲を覚えてしまえ!と言われるのは、そのあたりにあります。20年のブランクがあっても、子供のころに弾いた曲は今も覚えているのに、1か月前に必死で覚えた曲はもう忘れている・・・そんな悲しい現実があります。でも、そんな老体に鞭打って、どんな曲も出来る限り暗譜するようにしているこの頃です。不思議なもので、この暗譜という行為もある程度は習慣化できるようで、最近脳の暗譜に使われる部位が再稼働してきたらしく、最初のころよりも少しだけ暗譜が出来るようになってきました。

暗譜が出来ると、よいっしょ!と譜面を譜面台に置かなくても、好きな時に座ってさらっと弾くことができます。そして、譜面台を倒すことができます。
今日は久しぶりに譜面台の後ろ側のほこりを掃除してみたりして、譜面台を倒してそのことに気が付きました。

驚くほど音が違う!!譜面台ありとなしでは・・・
譜面台なんてそんなに大きなものでもないのに、不思議なものです。
音が通るスペース何ていくらでもありそうなのに、譜面台は私と音を遮る壁なのだと気が付かされます。

そういえば、日本でご縁をいただいたO先生もそうおっしゃっていらっしゃいました。先生のところにレッスンに伺った時は、譜面台は立てずに、寝かせた譜面台の上に譜面を置いてのレッスンでした。響きを大切になさる先生ならではのスタイルでした。ところが、この寝かせた譜面台の上に譜面を置いて練習する方法は、ある程度曲を覚えていないと難しい(譜面が非常に見づらい!)のでなかなか実行できませんでしたが、今日改めてその意味を実感しました。


Piano | 09:33:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。