■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Will
                   pp

ここしばらくほぼ引きこもり状態でピアノを弾いていますが、とにかく感じるのが自分の意志の弱さ。
自分の意志が演奏に反映されない、されたとしてもすぐに途切れてしまう。音楽の中に意思が感じられない。

バレンボイムが自分の少年時代の思い出として、ホロヴィッツのレッスンを受け、その時にホロヴィッツが言った言葉を決して忘れられなかったと話しています。それは「どんな短いフレーズの中にも、たったの一音の中にも必ず意思が無ければいけない。」と言う言葉だそうです。がつーん、と頭を殴られたように感じるこの言葉。そしてそれを受けてバレンボイムが「たった一音にどれだけ集中して、どれだけ自分の意思を反映させようと出来るか!たった一つのクレッシェンドにどれだけの意思を持たせることが出来るか!」と話したことが本当に心に突き刺さりました。

もちろん私はただのアマチュアですから、そこまで求める必要があるのか?自分が気持ち良く弾ければそれで良いのではないか?と思うときもたまにありますが、やっぱりそれではだめなのだと思う今日この頃。。。

ここしばらく繰り返し聴いているホロヴィッツのスカルラッティのD Major。その演奏の中には、信じられないほどのPのバリエーションがあるのです。これ以上まだ音を小さくできるのか?と思ってしまうほど、どこまでもどこまでも音は小さくなっていくのです。そして音が小さくなればなるほど、音は輝きを増して、より強い意志を持って空気中に飛んでいくのです。このスカルラッティを聴いた時に、バレンボイムの話が思い出されました。

そういうことなんです。
たったの1小節さえもピアノを保つことができない、クレッシェンドは得意なのに、デクレッシェンドは苦手、すぐに気持ちよくなりたくて音が大きくなってしまう。
それでは全然だめなんです。
私の意思はどこに?
また音楽が遠ざかっていきます。

スポンサーサイト
music | 09:48:41 | Trackback(0) | Comments(0)
魔法の音
先日ラフマニノフ中毒でボロボロになっている私に、神様からの素敵なプレゼントがありました。

久しぶりにN氏のピアノを生で聴くチャンスに恵まれたのです。
驚きました。
背中に羽が生えて飛んで行ってしまったN氏のピアノの音は、更に磨きがかかって、もう別の次元の音になっていました。驚くことにiphoneでこっそり録音して聴いてみても、その音のクオリティはあまり変わらないのです。

絶好調のご本人自体にも後光が差しているようですが、彼の奏でる音にもまさしく後光が差していました。
つくづく、人の心を動かすものは音なのだと実感しました。
もちろんそれだけでもダメなのですがね。

ただ一言、すごい音です。
プリズムのようにきらきらと色を変化させながら、それでいてずどーんと心の奥に突き刺さるような・・・
ああいう音が出せるのです。ピアノで・・・

あああ、あの音でラフマニノフが聴きたかったなあ。
でも、そうしたらまた中毒がひどくなりますね。
罪作りな音です。

Piano | 18:24:41 | Trackback(0) | Comments(0)
私とラフマニノフ
数日前からラフマニノフ中毒を発症してボロボロになっている私です。このラフマニノフ中毒は、どきっとするようなラフマニノフの演奏を聴いてしまうと発症してしまうことが多く、今回はM氏の演奏するタブローのビデオを見てしまったことが発症の引き金となりました。そして今回はかなり重症です。

なぜ、ラフマニノフだけこういう風に反応してしまうのかはわかりません。こういうリアクションは、他のどの作曲家にもありません。ラフマニノフ以外にも大好きな作曲家や曲はいくらでもありますが、ここまでボロボロになるほどの中毒症状が出るのはラフマニノフだけです。もう好きとか嫌いとかそういう次元を超えた何かが、私とラフマニノフにはあるみたいです。最近の人ですから、前世でどうこうってことはないのでしょうが、本当に何か因果を感じずにはいられないほどの、ボロボロ様です。

ラフマニノフを聴けばいつでもこうなるってわけではありません。中毒が出るには、きちんとした法則があります。この曲なら出やすいってこともありません。ラフマニノフの音楽が持つ麻薬のような何かが、そしてその何かをひきだせる演奏家が、またその人自身から出るエネルギーと一緒になって、何かブラックホールのような次元をを作り出す時に出る磁場のようなものに感染するのではないかと思います。こんな話、誰も理解できないことは百も承知です。

でも、もしそういう演奏のできる誰かが(例えばホロヴィッツのような人が)、
「毎日、ラフマニノフを聴かせてあげるから、僕の奴隷にならない?」
って言ってきたら・・・
間違いなく、私はすぐに奴隷になります。(本気)

これが私とラフマニノフの関係です。
まずいですねえ・・・違う世界に行ってしまいました。(汗)
今回はリハビリに時間がかかっております。。。

music | 11:14:19 | Trackback(0) | Comments(0)
禁断のラフマニノフ その2
昨日、偶然見つけてしまったロシア人(無名、知人)の弾くラフマニノフのエチュード、タブロー。
あっという間に、中毒状態でぐらんぐらんになってしまいました。

何で、ラフマニノフってこういう毒があるのでしょうか?
もちろんその毒を放出できる演奏家でなければこうはならないのですが、それにしてもすごすぎる。

いつもは理性的に完全にコントロールされた演奏をする人が、半分壊れそうになりながらラフマニノフを弾く。
天国と地獄、理性と本能の狭間を綱渡り。あああ、これがラフマニノフの持つ禁断の蜜なのです。

もう今日はだめです。全身にラフマニノフがめぐっていて、全く使い物にならない私です。

そういえば、以前にもラフマニノフの鐘を聴いてこうなりましたね。私はとにかくラフマニノフに弱すぎます。大好きなんです。

Piano | 11:31:57 | Trackback(0) | Comments(0)
ペダリング
ここしばらくペダリングで悩んでいます。
ペダルについて徹底的に習った記憶はなく、おそらく経験の中から感覚的に踏んできて、これまではそれでよかったのが、それでは良くなくなってきたこの頃。

N氏との出会いから目覚めた、左の弱音ペダル。
そして今悩んでいるのは、ダンパーと言われる右ペダル。

ショパンあたりだとかなり深く踏み込んでOKなのですが、ベートーベンだとそうはいかなくなります。ペダルなしではドライになりすぎるし、底まで踏み込むようでは朦朧としすぎてしまう。1/2なのか1/4なのか、はたまた1/8なのか・・・足ペダルを踏み込む深さとタイミング、そして鍵盤上のフィンガーペダル。

ペダルの世界は奥が深いのです。
名人と言われる人たちは、得てしてペダリングが上手い。
特にホロヴィッツのペダリングにはいつもうっとりさせられます。彼の演奏を聴くと、一見ペダルがあまり感じられないのですが、実はかなりペダルを使っています。でもそのタイミングがあまりに巧妙でペダルの存在を感じさせないのです。本当にホロヴィッツほど、ピアノと言う楽器の性能を知り尽くしている人もあまりいないように思います。どの音域をどのように弾けばもっとも効果的なのか、どこでペダルを使えばもっとも人の心を揺らせるのか、そういった楽器に関する知識とテクニック、音楽の魔法、全て駆使してあの演奏は生み出されます。

ここ1か月ほど練習している、またしてもメンデルスゾーン。全く気楽に間違って選んでしまった一曲、あの有名な「春の歌」。全編つうじてのアルペジオに加えてこれもまたペダリングが非常に難しい曲であります。私の悲しいフィンガーペダルと足ペダルでは、春の歌が、真冬の歌・・・

M氏にも「ペダルを研究しなさいよ!」と言われてしまった。耳で踏むしかないってわかっているのに、近道を探してしまう自分がいます。あああ、春はいずこや・・・

テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:21:39 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。