■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
美しい姿勢と美しい音の関係
私は元来、姿勢が良くありません。気が付くと背中が丸くなっていて、姿勢を直そうとずっと思いながら結局直らないまま今日を迎えています。

先週のレッスンでM氏に特に姿勢のことを注意されました。それは単に背中が丸いと言うことではなく、
大きな音を出そうと思った時には腕が延びていなくてはいけない!
ということでした。腕を伸ばそうとすると、背中が起きて、前のめりにはなれなくなります。

例えばチャイコフスキーの有名なピアノコンチェルトの冒頭の和音の部分、オケに負けない豊かなffを出すためには指の力や腕の力だけではどうにもなりません。色々な人の演奏を見ていると、身体が比較的小さな人たちはほとんど椅子の上でジャンプするような感じにさえ見えます。これは、下半身の重さを鍵盤に伝えるためです。確かにここで背中を丸めて小さくなって弾いている人はいない・・・

レッスンの後に自宅で練習をしていて、ふと自分自身の弾いている姿をビデオに撮ってみました。
なるほど・・・背中は丸いし、あごは前に出ている。。。そこには全く美しくない自分がいました。。。がっくり。。。

私の大好きなホロヴィッツもリヒテルも皆、背中がまっすぐ。弾いている最中もほとんど動きません。トリフォノフ君の様に音が出ている間中ぐにゃぐにゃと動きまくっている人ももちろんいますが、そういう人でも大きな音を出す時には背中はちゃんとまっすぐになっているのです。もちろんどんな世界にも例外はあるわけですが、たとえばグルドとか。。。

美しい姿勢と美しい音の関係。
これはとても緊密につながっています。
遅まきながら、今から一気にこの問題を直そうと思います。

そういえば、N氏は自分の姿勢に関して非常に気を付けている人でした。以前に、お客さんから見える自分の横顔や姿勢をどうやったら美しく保てるか?ということをいつも研究していると話してくれました。いつもビジュアルに気を遣うN氏だからこその発言ですが、これはもちろんビジュアルだけではなく、音の美しさとも緊密に関係しているのです。

N氏と過ごした3年間。私にはちょっと時期が早すぎだとつくづく思う今日この頃です。今ならもっと色々なことが理解できたかもしれない。。。

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 08:41:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad