■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Mazrukas -ショパンのマズルカ-
前回のレッスンの時に、M氏がショパンのマズルカの最初の3曲を弾いてくれました。
今度のツアーで弾くんだ!と聞いていたので、ツアーのあとの最初のレッスンでリクエストをしました。

ショパンのマズルカは全部で50曲以上もある大きな作品群ですが、私の第一印象は「とにかく難しい!」。生まれ故郷のポーランドの民謡だけにショパンの血の中にあるリズムがとてもストレートに表現されていて、それだけに恐ろしく難しいという印象しかありません。あまりにピュアすぎて、最初の一音からボロボロとボロが出てしまうような、怖いジャンルです。とても「ちょっと弾いてみようか?」なんていう気持ちにはなれるようなジャンルではありません。

あまりに土着的でもいけないし、洗練されすぎてもいけない、ショパンが素直に心に感じたままのマズルカにはなかなかお目にかかれません。これまで色々聴いてみたけれど今も心に残る演奏は、キーシンが若かりし頃のもの。本当に純粋で、キラキラ輝く子供の瞳のようなそんなマズルカでした。あとは、子供の頃に見たダンタイソンがソロリサイタルで弾いたマズルカ。これは良かった。本当にまっすぐに私の心に入ってきました。

さて、M氏のマズルカ。いきなりガラッと音が変わってちょっと驚きました。とても優しい音になったのです。でも、甘すぎない。とても丁寧に、そして出来る限り素朴に弾く姿にただただ感心。。。
ロシア人の弾く生マズルカを独り占め。いやあ、贅沢な経験をさせていただきました。やっぱりああいう東欧の民謡的な音楽になると、スラブ人の血が一気に物を言うような気がします。マズルカのようなリズムは後付けでどうにかなるようなものではなく、自分の体の中にあのリズムが無ければ流れるようには弾けないと思います。ポロネーズも民謡だけれど、ショパンのポロネーズはもっと音楽として精製されてしまっている気がします。それに対して、マズルカはストレート。そのストレートさが何よりも手強いのです。

いやあ、しみじみと良かったです。M氏のマズルカ。
ああいう演奏を聴かされると、つくづくすごい人だなあと思います。例えば完璧なリストの超絶技巧練習曲を聴かされるよりも、よっぽど納得させられます。

しかし、なんであんな人がこんなところにいるんだろう???

スポンサーサイト

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 21:28:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad