■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
NYスタインウエイの甘いジュース
日本への1か月の一時帰国から戻ってきたNY。気が滅入ります。

いつものことながら日本にいる間はほとんどピアノを弾くことができませんでした。指も頭もあっという間に退化します。日本にいる間は、私が子供のころから練習してきたピアノで練習します。ヤマハのアップライトですが、長い長い時間を一緒に過ごしてきたバディーです。やはり愛着があって弾きやすいです。しばらく弾いていなくても鍵盤がすっと指に馴染みます。

NYに戻ってきて恐る恐る蓋を開けた今のバディー。ちょっと弾いてみたら、驚きました。
音がとにかく甘い。。。もちろん低音も高音も、ヤマハのピアノとは何もかもが違うわけですが、とにかく何とも甘い甘い音が出るのです。自分の演奏が全く別人のもののように聴こえてしまうほど。

そういえば、以前M氏とのレッスンの時にこう言われたことがありました。

「君は、家でスタインウエイに甘やかされているから、スタインウエイでないピアノを外で弾かなくてはいけないときに困るよ。スタインウエイみたいなジュースは他のピアノにはないから。」

彼は、”ジュース”という単語を使いましたが、まさにそれが私の感じた甘さそのもの。音と音の間を自然につないでくれる潤滑油のようなものとも言えるかもしれません。

ずっとスタインウエイはとにかく難しいピアノだと思い続けてきましたが、それだけではなかったらしい。NYスタインウエイが持つ、音の甘いジュース。全く何と言うピアノなんでしょうか。恐ろしくなるほどのピアノです。生きてます。

そういえば、日本で日比谷にあるスタインウエイサロンの横にあるスタインウエイのショールームを外から覗いた時に、ホロヴィッツの写真が飾ってありました。私の中では
ホロヴィッツ=NYスタインウエイ
なのですが、その写真のホロヴィッツはしっかりハンブルクスタインウエイを弾いていました。そこではハンブルクスタインウエイしか扱っていないので仕方のないことですが、ちょっと笑ってしまいました。※1、2

NYスタインウエイとハンブルクスタインウエイ、全く別物だと言うことをもっと多くの人に知ってほしいなと思うこの頃です。

※1、NYスタインウエイとハンブルクスタインウエイには、外観にいくつかの形状の違いがあります。どちらのスタインウエイかを見分ける一番簡単な方法は、鍵盤の両側にあるピアノのボディーの形を見ることです。ここに丸くカーブが付いているものがハンブルク、ここが90度にスパッと曲がっているのがNYスタインウエイです。この他にも大屋根の内側の部分やペダルを支える足の部分なども二社で異なる形状になっています。

※2、スタインウエイ社は、世界に販売テリトリーをしっかりと分けています。NYスタインウエイ社がカバーするのは、主に北米と南米だけ。それ以外、欧州やアジア、オセアニアはハンブルグスタインウエイ社の管轄になります。そのようなわけで日本にはハンブルグスタインウエイの方が圧倒的に多いわけです。日本で見かけるNYスタインウエイはほとんどかなり年代が古いものが多く、リストアされていると思います。でも、それは悪いことではなく、むしろ良いことだと私は思います。NYスタインウエイは1960年よりも前のものの方に良いピアノが多くみられるからです。(一台一台の個性が強烈なNYスタインウエイは、同じ時代であっても全くべつものなのですが・・・)


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 00:43:26 | Trackback(0) | Comments(0)
シューマン、心洗われた夜
昨日、生の演奏を聴いてみたいと長いこと願っていた吉永哲道さんの演奏会に行ってきました。場所は、日比谷にあるスタインウエイサロン(スタインウエイホールではないところが面白い。NYから文句を言われてしまうから?)。

とにかく丁寧で驚きました。一音一音全てに細やかな心配りがあり、細心の注意をはらって音が奏でられていました。そしてペダルの使い方もとても面白かった。響きのためのペダルというか、ペダルのタイミングが絶妙に計算されているようでした。音から音へつなぐペダルという感じに聴こえました。演奏者がどういう風に弾きたいのか、聴かせたいのか、とてもよくわかりました。とにかくとても感心しました。

ピアノは、ハンブルグスタインウエイ。久しぶりにあの音を聴きました。違和感を感じなくなるまでに少し時間がかかり、自分の耳はすっかりニューヨークスタインウエイの音に慣れてしまったのだと実感しました。同じスタインウエイといっても、まったくの別物です。ちなみにこのサロンのお隣には、サロンを経営する楽器屋さんのスタインウエイのショールームがあります。

オールシューマンプログラム。
組曲のパピヨンから始まって、子供の情景、小休止を挟んでデイビッド同盟と続きます。デイビッド同盟舞曲集を生で聴いたのは初めてでした。フロレスタンとオイゼビウスという二人の性格が全く異なる主役が交互に現れるように曲が並べられているのですが、吉永さんの演奏からはその二人の性格の違いが本当にはっきりと感じられました。この違う性格の二人はシューマン自身の二面性。つくづく深いなあと感動しました。

ずっと生で聴いてみたいと願い続けてきた人の演奏をついに3年越しで聴くことができた夜。非常に満足しました。そして、ものすごくモティベートされました。もっと丁寧に、真摯に音楽と向き合おうと思いました。吉永さんとM氏、どこか重なって見えました。二人とも同じ学校(モスクワ音楽院)で学ばれたからなのかもしれませんが、指の使い方も似ているように見えました。ものすごい勉強になりました。感謝です。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 10:11:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。