■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
師匠 ショパンピアノコンチェルトを弾く
先週までメーン州で開催された音楽フェスティバルにM氏について参加していました。室内楽のフェスティバルなので、オーケストラと室内楽だけ。弦楽奏者でないのはは師匠と私の二人だけです。室内楽大好きのM氏。ピアノが必要なものには室内楽、オケ、弦の伴奏など何でも駆り出されますが、なんだって初見で弾いてしまう彼のスキルには毎回驚くばかりです。そして今回はこのフェスティバル中にM氏が弦のグループとショパンのピアノコンチェルト2番を弾くことになり、リハをステージで譜捲りをしながら見せてもらいました。

自分の師匠ながら、正直、惚れ直してしまいました。

私が一番驚いたのは、非常に男性的なショパンであったこと。彼の弾くバッハも男性的でパワフルですが、ショパンのコンチェルトをあれほどがっちりと弾いてくるとは思いませんでした。とにかく骨太。それでいて、二楽章はとろけるほど甘い。さすがはロシア人。いつも不思議に思うのですが、彼はピアノを弾いているときには普段よりも大きくがっしりして見えます。それだけポスチャーに安定感があるということなのでしょうか?

最近気を付けていることの一つに美しいポスチャーで弾く、ということがあります。どの世界にも例外というものはありますが、正しいポスチャーで弾くことは体の負担を減らして、美しい音を作る基礎になると考えています。今日のレッスンで、M氏も同じことを言っていました。ピアノを弾き始める、音を出す前の最初の動作からすべてが始まっていると。その通りだなあとつくづく思いました。

自分の師匠がオケとショパンのコンチェルトを弾いて見せてくれる。最高にラッキーな経験をさせてもらいました。私には一生縁のないようなコンチェルトの譜面を3回も通して読むことができました。


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 22:36:04 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad