■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Anniversary vol.4 -Racial Issue 2-
yard02

私が住んでいる街は、住人の人種比率で白人が90%以上。
NYに近く、アジアやヨーロッパからの駐在員の家族も多く住んでいます。特に日本人はとても多く、私の家がある同じ通りに日本からの駐在の家族が2件もあるほど…

しかし、ほとんど全くと言って良いほど見かけないのが、黒人住人。
アメリカは、私のような外国人から見るとはっきりすぎるほど
人種による住み分け
があるように思えます。

車でちょっと走って隣街のスーパーに買い物行くと、そこには白人・黒人・ヒスパニック・アジア人と何でもありなのに、私の住んでいる町のスーパーのお客さんにまず黒人を見ることはありません。

これはゴルフ場も然り。一度、いつも行く町のパブリックゴルフ場が満員で、隣町のゴルフ場に行ったことがありました。一人で行くと、たいてい他の誰かと組み合わせになります。そしてこの日は、初めて黒人男性2人と組み合わせになりました。これまで黒人と一緒にゴルフをした経験はありません。いつもどおりに自己紹介をし、プレーを開始。
数ホールプレーをしてわかったことは、
 彼らが非常に素晴らしい人であるということ。
 マナーが良く
 ゴルフの仕方をわかっていて
 ゴルフの技術も持ち合わせている

一緒にプレーをして、とても快適な人達でした。

プレーの途中で色々な話をした中で非常に衝撃的だったのが
「僕達は君の町のゴルフ場には行きたくない。(むしろ行かれない)
 ここでゴルフをするのが楽しいんだよ。みんなフレンドリーだし。」

と言う発言でした。
 ああアメリカってこういうところなんだなあ
と強く感じた瞬間でした。
人種による“住み分け”
私が時々感じる悪意のある視線を、アメリカで生まれて育った人も感じることがある。
アメリカはそういう一面も持ち合わせています。むしろこういう感覚があまり無い日本は、特別なのかもしれません。

今年の夏は、色々な人とたくさんゴルフをしました。その中で、最も気持ちよく、楽しく、プレーできたのが、このときの黒人2人組みだということはちょっと皮肉に思えます。

私が途中で恒例の鼻血を出した時に、二人共にさっと出してくれたきちんとアイロンのかかった真っ白なハンカチは忘れられません。
日本でぬくぬく育った私が始めて体感した“人種”問題でした。

※ここに書いたことは、全て私の個人的に感じたことで、人種や国家を誹謗するものではありません。ご了承下さい。
スポンサーサイト


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 08:24:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
Hannaさんの
おうちですか?↑
素敵です~。

島国育ちの日本人にはあまり
わからない感覚ですね~。
人種問題は根強く残ってるって事でしょーか・・・
2006-09-30 土 06:55:08 | URL | ばーびーちゃん [編集]
微妙な問題です
そうですね。島国育ちの我々には、なかなかピンと来にくい問題です。
でもピンと来ないだけに、感じる部分もあるんですよね。
つくづく日本は平和です。
2006-10-06 金 17:01:01 | URL | Hanna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。