■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Bloody Dental Cleaning
渡米して早1年。ずっと私の心の中に引っかかっているものがありました。
それは…
歯の定期クリーニングとチェック
日本に居る時には、いつも6ヶ月ごとに必ず受けていたこの定期チェック。

アメリカに来て、
歯医者さんで英語が通じなかったら嫌だな…
とか
変な歯医者さんに当たったら最悪…
など、色々な理由を自分で作り上げて、なかなか歯医者さんに行く自信が持てなかった私。

しかし、もう既に渡米して1年が過ぎ、
もしかしたら虫歯があるかも…
なんて思い始めた私。
とうとう覚悟を決めて、歯医者さんの予約を取ったのが数ヶ月前。そしてとうとう、その日がやってきてしまいました。

ご存知の通り、アメリカ人は(世界で一番?)歯を気にする国民です。テレビのニュースキャスターを見ても、皆恐ろしいほどの歯並びと歯の白さです。

当然、歯科技術レベルはかなり高く、美容歯科のレベルも高いです。
普通に考えたら、日本よりきっと良いはず!
と自分を勇気付けながら、向かった歯医者さん。

クリーニングとチェックは、歯科衛生士によって行われます。簡単なカウンセリングと私は初回なので、16枚にも及ぶ歯の写真撮影。
そしてクリーニングが始まりました。

とても良く手入れがされたきれいな歯ですね!

なんてお褒めの言葉をいただいたりして、ちょっとハッピー。

しかし、ここからがすごかった。
ものすごい勢いで歯石を取っていきます。早いです!痛いです!!

はい、口をゆすいでください。
と歯科衛生士のお姉さん。

はい、血まみれです。

いやあ、これがアメリカのデンタルクリーニングです。しかし普通のアメリカ人によると、クリーニングをして血まみれになるのは普通のことらしいです。
このあと3日間ぐらい歯茎が痛かった私は、やっぱり繊細な日本人です。

お土産にこんなものをもらったって、ちっとも嬉しくありません。
dentist omiyage




shinjyo


ちなみに彼は、阪神タイガースからニューヨークメッツに移籍する時に、歯を全取替え総治療したそうです。アメリカ人が好む、白と言うよりは、むしろ青白い歯を選んだ彼は賢いです。

渡米前に彼が出演したニュースのインタビューで

いやあベンツ1台分かかりました。この口に…

と彼が言った時に、ああ賢い人だなあと思いました。
この青白い歯を獲得してから、彼の全開スマイルに拍車がかかったことは間違いありません。

もう十分にベンツ1台分の元は取ったと思います。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 02:03:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad