■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Chocolate Haven
先週、特別な計らいでマンハッタンで話題のチョコレート店
Jacques Torres Chocolate Haven
のファクトリーを見せていただきました。

このチョコレート店のオーナーパティシエである
Jacques Torres氏

chocorate11


私の通っているお料理教室の先生の師匠。

先生が師匠にお願いして、お教室の生徒20名ほどにチョコレートの製造過程を見せていただく機会を特別に作ってくださったのでした。

さすがトレス氏は、フランス人。丁寧な説明にもウイットを盛り込むことを忘れません。
途中では師匠と弟子の掛け合いもあったりして…

chocorate10


そして最後に、トレス氏自ら“テンパリング”と言う作業を見せて下さいました。

テンパリングとは
チョコレートを溶かして固める時に、チョコレートを一定の温度に整えて、中に含まれている脂肪の分子配列を整え、艶のあるチョコレートに仕上げる過程のこと
※先生の説明引用

大理石の板の上で、ドロドロに溶かしたチョコレートを手早く均一に混ぜながら、チョコレート全体を一定の温度に下げていきます。

chocorate05


これぞプロの技です。
それまでジョークなどをにこやかに飛ばしていたトレス氏の顔が一転して、真剣に。
どんな業種でもそうですが、一流の人の仕事は美しく無駄がありません。そしてオーラが出るのです。見ていてため息が出ます。

私のゴルフの師匠もそうでした。それまで皆でべらべらしゃべっていても、一旦彼がアドレスに入ると、ぼわーっとオーラが出るのです。
トレス氏のテンパリングを見ながら、急に師匠のことを思い出した私。

もうすぐバレンタインデー。
この見学の後チョコレートを買わせていただいて、翌日エアメールで師匠に送りました。




このトレス氏のチョコレート店のウエッブサイトは
こちら

お店の中を見ていて、こんなものを見つけました。
bodypaint


BODY PAINT

と書かれた瓶詰めのチョコレート。

バレンタイン用だそうです。

誰が、どうやって使うのでしょうか???
(笑)
スポンサーサイト

テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 09:17:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。