■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
返り血ならぬ返り○○
我家の猫太郎のおトイレの話。

日本での猫トイレの経験から、こちらで猫を買うことが決まった時に、「どういう猫トイレを買うか?」というビジョンがはっきりしていた私。

それはこれ。
catlitter01

フード付き、いわゆる“ドーム型猫トイレ”

ご存知のとおり、一般的に猫は砂地でトイレをすることを好みます。ですから家で猫を飼う場合も、トイレには砂状のものを敷き詰めます。
この猫砂にも色々な種類があるのですが、私の好みは“固まる猫砂”。
砂に水分が含まれるとその部分だけが固まる仕組みになっています。このタイプの砂だと汚れた部分だけを取り替えられるので、比較的お掃除が楽。

ところが、多くの猫は
トイレをした部分に砂をかけて隠す
という習性を持ち合わせているので、おトイレが終わると、ざくざくと周囲の砂を汚い部分にかけて隠します。

この“ざくざく”と本人がおトイレから外に元気良く飛び出す動作で、おトイレの周囲には猫砂が散乱することになります。

前置きが長くなりましたが…
この“砂の飛び散り”を防ぐために、ドーム型トイレを選んだ私でした。このトイレにも、Sサイズ・Mサイズ・ちょっと大きめの僕ちゃんのためのLサイズとあります。当然、かなり大き目の僕ちゃんのためには、
Lサイズ

我家のルー太郎は、このドーム型トイレにあまり抵抗感を感じなかったようで、我家に来た直後から、普通にこのトイレを使ってくれました。
このトイレの難点は、おそうじのたびに、フードをはずさなくてはいけないということ。まあしかし、トイレの周りが砂だらけになるよりはましです。そんな文句は言うまい。。。

ところが、ある日。
おトイレ帰りのめちゃくちゃハイテンションな僕ちゃんが、なぜか全身濡れたようになって部屋に戻ってきました。本人も気にして、ぺろぺろ毛づくろい。

???

匂いたくないけれど、匂ってみなくちゃいけない私。
予感は的中しました。
そうです。濡れているのは、じぶんのおしっ○で濡れているのでした。

いったい何が起こったのかとおトイレを調べてみると…
駆け込みトイレで、きっちりしゃがまずにおトイレをした僕ちゃんはドームから
返り血ならぬ返りおしっ○
を浴びてしまったのでした。

デカ太郎ちゃんには、特大サイズのトイレさえ小さかったのです。

そんな訳で、私の夢の“ドーム型トイレ”は設置から2週間で、ドーム無しのただのトイレに。
catlitter02

がっかりです。
スポンサーサイト


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 05:48:10 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
これは~
写真から見ても、きつそうですもんねー。
しかし、猫って外でトイレしなくてもいいから、らくだわ~
うちは犬だから庭でするので、時々踏んでしまうー

今日はすごい天気ですねぇ・・・
2007-02-14 水 10:02:09 | URL | Yipee! [編集]
Yipee!さんへ
そうなんですよ。だから犬はなかなか飼えないんです。
雨でも雪でもお散歩しなくちゃいけないし・・・
その点、猫は楽です。

今日は私も会社、お昼で早引けしました。30mphぐらいで、とろとろ帰ったら、ものすごーく時間がかかりました。運転も怖かったです。
2007-02-14 水 16:21:11 | URL | Hanna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。