■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
It is the worst day for him
それは1ヶ月に1回やってきます。
Rudy恐怖のお風呂。

rudy_bath01


元気いっぱい体重7キロの猫がお風呂に入って、全身ずぶぬれになるとこんな感じです。ただでさえ、ちゅるーんと細い尻尾は糸の様に…

猫をお風呂に入れる
と言うと驚く人が多いですが、我家のRudyは強制的に最低でも月1回はシャンプーされています。私の実家のユキちゃんもほぼ同じ頻度でお風呂に入れられていました。

一般的に、猫は水がきらいだと言われています。
そして我家のRudyも実家のユキちゃんも、やっぱりお風呂は大っ嫌い。
洗い始めてから、洗い終わるまで、ずっとギャーたら鳴きっぱなしです。私の母も、そしてそれを引継いでいる私も、ギャーたら鳴かれたって全然平気。むんずと掴まえて、ジャージャー洗います。洗ったあとは、タオルドライ。それからは、本人が自分で乾かします。

Rudyはまだ若い猫なので、毛に含まれている油分が多いのでしょう。よおくタオルドライをしてやれば、その後数時間で完全に乾きます。ユキちゃんはRudyより毛足が長いのに加えて、寄る年波でどうもこのところ乾きが悪いよう。

お風呂上りのRudyも、数時間すれば元通りのふわふわRudyに。
当人は恐怖のお風呂にぐったり疲れて、カウチの背中でくつろぎモード。

r_strangelegs


そして彼をくんくん匂うと…
まるで春のお花畑のような香り。
そうです。Rudyの使っているシャンプー(商品名Magic Coat)は、私のシャンプーより高級なのです。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cat | 08:16:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad