■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
In a ZOO???
先週一人で午後からさくっとゴルフに出かけた時のこと。ゴルフ場で思いかげない人との再会がありました。去年たまたま組合わせで一緒になってから、時々一緒にラウンドをするようになったチェコ人のジョージくん。「一緒にまわろう!」と言う話になり、さっそくスタートチェックのおじさんに交渉。特別のお計らいによって、我々二人だけバックナインから出してもらえることになりました。

私の行くゴルフ場はなぜかフロントからしかスタートさせません。アメリカはみんなそうなんでしょうか?日本だと普通は、フロントとバックと両方からスタートさせて、一日に入れられる組数を増やしますが、アメリカでは18ホールスループレーが基本なので、フロントバック両方出しは難しいのかもしれません。

さて、我々の前にも後ろにも誰もいない状態でスタートしました。ゴルフ場ってこんなに静かなの?って思うぐらい静か。二人だけの貸しきり状態、カキーンという澄んだティーショットの音が静かな森にこだまします。最高に贅沢な瞬間です。(ドボっとだふった音はこだましない!)

その静かなゴルフ場を堪能中、あるホールのグリーンに近づいた時に何やら巨大な物体が…

deer_golfcourse02

わかりますか?手前に見えるのがグリーン。右手前にピンが立ってます。そしてグリーンの向こう側に茶色い物が。拡大してみると…

deer_golfcourse01


かなり大きなオスの鹿です。立派な角まで生えてます。角の枝の数を数えてみると何と6ポイント。かなりの大きさです。我々がグリーン上でパターをしていても、全く驚かずにむしゃむしゃとグリーン脇の草を食べていました。側によるとちょっと怖いくらいの大きさです。

そして、次のホールではおなじみのこの方。
woodchuck02


先日、我家のRudyに似ているとご紹介したウッドチャックくん。こちらは我々に気がつくと、あたふたとよたよたと、それでもかなりのスピードで逃げていきました。

そして最終ホールのティーグランド脇に着いたとき、ダラララーというあの聞き覚えのある音が。

woodpecker_ingolfcourse

※写真が悪くてすみません。良く見えないですね。

キツツキの仲間です。こちらでは総称としてウッドペッカーと呼びます。珍しく3羽が並んでいっせいに木の幹にドリルで穴を開けていました。この種類のウッドペッカーは、オスが頭の後ろに鮮やかな赤色を持っているのが特徴。シマウマのような背中の縞模様も非常に美しい鳥です。
誰もいないゴルフ場は、動物の楽園でした。ほとんど動物園状態。サファリパークの中でゴルフをやるようなものです。幸い今回は猛獣系はいませんでしたが、コヨーテが生息しているという話もあったりして。

18ホールプレーして、大急ぎで家に帰ってみると、家の裏庭にもこんなものが。

deer_backyard


メスの鹿です。まだ明るいうちに人家の裏庭に入ってくるのはちょっと珍しいです。

どうやら我家も動物園の一部らしいです。何たる大自然。。。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 00:06:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。