■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
好きなタイプ きらいなタイプ
私のゴルフライフは雪の到来と共に小休止ですが、先週から早くもPGAの2008年度の試合がハワイで始まりました。タイガーなどの大物はまだ出てこないシーズン始めですが、これまで聞いたことのない名前の選手が一生懸命プレーしているのを見るのはなかなか楽しいもんです。

そして13日の日曜日が最終日のソニーオープンでは、韓国のKJ・チョイが優勝しました。

kjchoi


昨シーズンの終盤には背中を痛め、調子の悪かった彼。先週の試合でも一日は79というスコアを叩き、今シーズンの活躍が心配されましたが見事に復活!嬉しい久しぶりの優勝でした。

私は、KJ・チョイのようなタイプのゴルファーがとても好き。
静かであまり感情を表に出さないタイプ。ミスをしても腹立ち紛れにクラブを投げたり、大げさなリアクションはしない。大事なパットやアドレスに入った時にギャラリーが物音を立てても、タイガーや他の多くの選手のように露骨に不愉快な顔をしない。淡々と自分のプレーに専念するタイプ。周りでプレーを見ていて、とても清清しい。

去年の夏に近所で開催されたバークレークラシックを観に行った時にも、彼のプレーを側で見てきましたが、私の期待は全く裏切られませんでした。ありえないけど、もし一緒にプレーをするチャンスがあったら、とにかくとても気持ち良く、楽しくプレーできるだろうな?と思わずには居られない彼。

ゴルフって恐ろしいほどその人の本当の性格が現れるものです。
仕事の付き合いしかなかった人とたまたまゴルフを一緒にする機会があって「えっ?この人って実はこんな人だったんだ。」と驚くことは良くあります。逆にどんなに調子が悪くてもぐっと我慢をして頑張っている人を見ると、「ああ、この人はいい人だなあ。」とこれまでの見解を見直したりすることも。

他人とゴルフをしていて、何が嫌いって、一緒にプレーをしている人がミスショットをした時にクラブを地面に叩きつけたり、投げたり、悪態ついたりするほど嫌なことはありません。感情処理の一つの方法だと言ってしまえばそれまでですが、周りの人の気分を不愉快にすることは間違いなし。

そして最近気になるのが、ジュニアゴルファーの行動。10歳・11歳でもミスショットをすると、いっぱしにクラブを投げたりする子供を時々見かけます。ものすごーく腹が立つ瞬間です。私が親ならクラブを取り上げて、しばらくゴルフはやらせない!と思う。それぐらい不愉快にさせられる瞬間です。これには親の教育もあるでしょうが、プロの試合の影響も大いにあると思います。子供達はプロの姿を見て育ってます。まねっこしてます。だからこそ、ゴルフ界の頂点に立つタイガーがクラブを投げたり、地面に捨てたりするのを見ると腹の立つ私。
KJのような選手を見習ってくれれば良いのにと切に思います。

そして、今日も師匠の話を思い出します。
ゴルファーとして一流でも、人間として一流じゃなきゃダメなんですよ。
ああ、師匠。おっしゃるとおりです。今年はKJのような紳士の選手にたくさん活躍をして欲しいです。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

golf | 10:47:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad