■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ついに・・・ WOLF 登場!!
キッチン改装8週目、昨日待望の電化製品が搬入・設置されました。

kire_080206_03


そしてついに・・・私が夢にまで見た
超ハイカロリーガスレンジ WOLF ウルフ が我家にやってきました。

kire_080207_wolf_01


私とウルフの出会いは、約2年前に初めてうかがったお料理の先生のキッチンに遡ります。アメリカにやってきて半年、慣れないクルクル巻きコイルの電気レンジで格闘していた私は、お料理の先生のお宅で初めて、ウルフなるガスレンジを見たのでした。まず驚いたのが、火力の違い!いつも自宅でお料理をしていて、それまで両手鍋の取っ手が持てないほど熱くなるなんてことはありませんでした。そのつもりで安易にお鍋の取っ手を握ってしまった私は軽く火傷をしてしまったのでした。「熱い!痛い!」よりも「ええ?こんなに火力が違うんだ!」がとっさにうかんだ感想でした。そしてお料理教室に参加して先生のキッチンを使わせていただくたびに、その火力の強さゆえの調理時間の違い、出来映えの違い、そして味の違いを感じずにはいられない私でした。

それから2年近くが経過し、ようやく我家もキッチンの大改装をすることとなり、キッチン改装雑誌を購入したり、知り合いのキッチンを見せてもらったりとリサーチを重ね、お料理の先生のキッチンが如何にすごいか改めて認識した私でした。

chefkc_02


キッチンの改装は、家の改装の中でも最もお金のかかる部分です。特にキャビネットは凝り始めたらきりがありません。そして電化製品も然り!冷蔵庫1台が100万円也!なんて簡単なものです。我家の場合、私が何でも「シンプルに!そして機能的に!」をスローガンとして掲げたため、キャビネットのコストは自然に抑えることが出来ました。そして冷蔵庫や食洗機は一般的なものを選びました。ただ、私がどうしても譲れなかったのが、ガスレンジ。これだけはどうしても強い火力のものが欲しかった!このウルフの他にも選択肢はありました。しかし電気屋さんの担当者の強いアドバイスもあったり、他の電化製品を調整することで、ここだけは贅沢をさせてもらうことに・・・

こうしてウルフちゃんが私のキッチンにやってきたのでした。
あああ、何と言う輝き!そしてあの赤いノブ!
※赤ノブのついたレンジといえば、ウルフ!というぐらいこのノブがチャーミングポイントなんです。

さて、どうやって何を調理しましょうか?お料理教室で習ったコックオバン?それともホタテショートリブの煮込み?いやいやウズラ
あああ、夢のようです。自宅でこのレンジを使う日が来るなんて。
しかし、火傷には注意です!
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Kitchen Renovation | 09:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。