■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
音楽の力
先週、日本のピアニスト、辻井さんがアメリカのコンクールで優勝し大きなニュースになりましたね。残念ながら私は彼のピアノを聴いたことがありません。どんなピアノを弾くのかとても興味があります。

その辻井さんが、優勝報告会見の時に
「アメリカのオーディエンスに感動してもらえるように弾きました」
と話していたのが、とても興味深かったです。

私にも何人かとても好きなピアニストがいますが、どの人も決して超えることがないのが
アルゲリッチ

argerichchopin

私がピアノをやめる前も、やめた後もずっと私の中で一番のピアニストです。
非常に残念なことに、私が彼女の演奏を生で見たのは、ピアノを諦めてからでした。それこそ何千回も彼女のピアノを音源で聴いていたはずなのに、実際の演奏を見て本当に衝撃を受けました。そして、ピアノをやめたことをとても後悔しました。やめる前に彼女の演奏を見ていたら、諦めなかったかもしれないと思いました。(まあやっぱり諦めていたでしょうが・・・)

何がそれほどすごいのか。
言葉ではとても表せないのですが、彼女の音楽性でしょうか。

おそろしいほどの技術に裏打ちされた彼女のピアノ。その技術を余すところ無く使い、自分の音楽を表現していく。彼女がコンチェルトでピアノを弾くと、いつも楽団が最初はあわてて、その後必死でついていこうとする。コンチェルトが半ばに達すると、彼女が劇場にあるもの全てを完全に支配している。そして演奏が終わると、皆もっと酔っていたいのに、自分だけさっさとその酔いから出て行ってしまう。演奏後の恍惚とした楽団員の顔がいつも見物だ。

思わず興奮して、なぜか解説風になってしまいましたが・・・(笑)
歴史にはこういう音楽家が何人もいます。
観客だけではなく音楽家自身に大きな影響を与えるタイプの音楽家。アルゲリッチがピアノの前に座った段階で、既に皆のまれてしまう。指揮者の小澤征爾さんも同じタイプです。

私がこれまでに生で彼女の演奏を聞いたのは5回。おととしのNYで観た演奏も良かったけれど、やっぱり初めて彼女のピアノを生で聴いた所沢でのミーシャマイスキーとのデュエットのピアノが忘れられません。圧倒的な存在感、あのマイスキーが彼女の前では子犬のようでした。完全に彼女を信じて、気持ち良さそうにチェロを弾く姿が印象的でした。もう何年前になるんでしょうか?

良い音って決して忘れないんです。いつまでも心の中に響いているんです。
これこそが音楽の力です。

辻井さんのピアノは、きっとアメリカの観衆の心に届いたのでしょうね。
彼がNYで弾くことがあったら、是非聴きに行ってみよう!
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 09:39:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
そうかアルゲリッチのファンだったんだね。
俺が大学時代からクラシックに興味を持っていたら、
主さんに師匠になってもらえたのに・・・残念。
2009-06-14 日 22:28:48 | URL | nari [編集]
nariさんへ
師匠なんてとんでもないですが、
今からでもクラシック友達にはなれますね。(笑)
ブラームスの2番、私も好きです。ブラームスは全部好きですが、やっぱり1と4が燃えるかな・・・
今度サイトウキネンのブラームス聴いてみてください。
2009-06-14 日 22:38:12 | URL | Hanna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。