■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
アメリカ流、定期購読の面白い仕組み
               bonap

アメリカも日本同様、様々な雑誌が売られていますが、日本と違うところがあります。
まず、ものすごく広告が多い!雑誌によっては半分以上が広告なものがあります。

そして、特に面白いのが値段。

スーパーマーケットや本屋さん、ニューススタンドなどで買うと、ぺらぺらでも一冊500円以上する雑誌がほとんどです。しかしそれらを年間購読で申し込むと、家まで毎月配送してくれて、なおかつ一冊の値段が平均で150円ほどになります。これは日本とは全く違う面白いシステムです。

アメリカ人に話を聞くと、雑誌のほとんどが広告収入でまかなわれており、店頭売りでの売り上げはほとんど考えていないからだそうです。ですので、年間購読もほとんどタダのような価格でできるのだそうです。なるほど・・・

僕ちゃんの誕生以来、なかなか出席できない大好きなお料理教室
私の料理に対するモチベーション、「これが食べてみたい!これを作ろう!」を常にサポートしてくれたお料理教室に行かれなくなってから、我が家のメニューには輝きがなくなっているような気がする今日この頃です。

そこで、今年に入ってから料理に関する雑誌の定期購読を始めました。
実は、「美味しいものの少ない、アメリカの料理雑誌なんて読んでもねええええ。」って馬鹿にしていた私。あるとき、スーパーの長い長いレジ待ちの間に、ふと手に取った料理雑誌がきっかけでした。見てみると、「作ってみたい!」と思うお料理がいくつも載っています。早速その雑誌を不当な定価で購入し、家に戻ってじっくり読んでみました。写真もきれいだし、レシピもなかなか面白い。材料も凝った物が多く、これまで私が聞いたことも無い調味料など、色々興味を惹かれます。そして実際に作ってみると、これが意外にいける!

そんな訳で、すぐに定期購読を申し込みました。
それから半年が過ぎ、今では3冊の料理雑誌を定期購読している私。
日本のレシピも良いのですが、こちらでは手に入らない材料や異なるキッチンの形態で、実際には料理できないものも多くあります。アメリカのレシピはやっぱりアメリカの料理形態にあったものですから、オーブンを多用するところなど、実際の生活スタイルにあっていて楽です。
しかし、毎月3冊はちょっと多すぎるかもしれません。レシピの整理が大変です。

でもね。
やっぱり料理って楽しい!
自分で作って、それはそれは美味しく出来た時の喜びは最高です。

しかし、面白いです。アメリカにだって、こんなに良い料理雑誌があるのに、何でこんなにまずいものに満ち満ちているのでしょうか?何で皆、美味しいはずのない冷凍食品や缶詰のご飯を美味しいと思って食べているのでしょうか?料理雑誌自体のクオリティーから言ったら、日本のものより優れているかもしれません。家庭でも比較的簡単に出来て、なおかつ美味しい!そして見栄えも良い!盛り付けもかっこいい!

こんな料理雑誌を講読して、家庭で実際に作っているアメリカ人に是非会って、お友達になってみたい。。。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

cooking | 12:04:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad