■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
バスルーム&ファミリールーム改修工事途中経過-第1週のその1-
ついに始まったバスルームとファミリールームの改修工事
忘れてました。これほど大変だとは・・・

キッチンをやってくれた業者にまた頼みました。ここはアメリカ標準では考えられないほど細やかな業者です。今回も前回と同様、細かな工事スケジュール、そして我々が隔離されるリビングとキッチンの開口部には分厚いクロスを張ってくれました。もちろん埃が入らないためです。

rl_100308_02_250

当然のごとく、殿下とルーディーはこのクロスのチェックに余念がありません。

rl_100308_01_250

これが張られた途端、ああ始まってしまった!と後悔の念がよぎります。

1週目は、当然のごとく、デモリッションから始まります。つまり破壊工事です。
今ある物を全て取っ払います。床から天井から壁から何もかも・・・
ものすごい音、振動、そして埃。クロスがあるからまだいくらかましなものの、ピアノの上にはひえーというぐらいの埃が積もってます。これでクロスが無かったらどうなるんでしょうか?

この破壊工事が丸2日続き、我が家の旧バスルームと旧ファミリールームはこのようになりました。

br_100308_01_250

fr_100310_01_250

想像してください。この部屋がこんな風になってしまうんですよ。
古くておんぼろだったけど、一応そこには生活がありました。

bathre_before05_250

いつもこのデモリッションが終わると、喪失感にさいなまれます。
いよいよ再生への一歩です。ここからが長いのです。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Renovation | 17:28:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad