■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あっという間に
先週は異常ともいえるぐらい暑い日が続きました。例年なら4月の終わりごろから咲き始める桜がこの通り。

sakura_100405_02_250

sakura_100405_01_250

日本でお馴染みのソメイヨシノや枝垂桜。ここ北米でも大人気です。特に枝垂桜はものすごく人気があります。ところが気になるのが、上の写真のように枝垂桜をぱっつんぱっつんに切ってしまうこと。これでは枝垂れではなくなってしまいます。何でなのでしょうか?アメリカでは「枝垂桜の枝が地面に近くなってくると花が咲きにくくなるから」という理由で短く刈り込むという話を聞いたことがありますが、本当でしょうか?

この可愛い八重の枝垂桜は、何と開花から3日目には半分散って葉桜になってしまいました。この日までに1年近く待って、開花はたったの2日ではあまりに花が気の毒です。

雪国の春は貴重です。もう少しゆっくり、少しずつ色々な花を長く楽しませてもらいたいものです。このペースでは、5月の始めまでにありとあらゆる花が終わってしまいそうです。あまりに残念すぎます。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 22:30:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。