■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Humming Bird
私が住むエリアは、本当に「それどこ?動物園?」というほどありとあらゆる野生動物が生息しています。鹿、アライグマ、スカンク、ウッドチャック、オポッサム、リス、ヘビ(この間初めてゴルフ場で遭遇しました!)。そして色々な種類の美しい鳥たち。その中でもアメリカに来て、人生で初めて本物を見たのが、ハチドリです。

humming b03

アメリカには色々な種類のハチドリが生息しているようですが、私の住んでいるアメリカ北東部には1種類だけ、比較的地味な色のハチドリが生息しています。これまでにも夏の間 家の軒先につるしてある色々な花を植えたハンギングバスケットに本当に時折、一年に一度か二度ほど、ハチドリが蜜を吸いに来るのを見かけました。

ハチドリは本当に不思議な鳥です。外でちょっとすれ違っただけでは、なかなか鳥とは気がつきません。やけに大きな蜂がブンブンしてるなあ・・・なんて思ってよく見てみたら、ハチドリだったりします。羽が目に見えないほどのスピードで羽ばたき空中に静止して花の蜜を吸う姿は、本当に虫のよう。

そのハチドリが、この夏はほとんど毎日のように我が家の軒先に吊るしたフラワーバスケットにやってくるようになりました。アメリカ北東部に生息するたった1種類のハチドリは、Ruby-throated Humming Birdと言います。鳥の世界の常識どおり、ハチドリもオスは美しい色をしており、メスは地味な色。このハチドリもオスだけは喉のところに美しい赤い色をもっているそうなので、我が家に毎日来てくれるハミングバードは、メスと言うことになります。

humming b01
※これがRuby throated Humming birdです。

今朝、リビングルームの窓越しに何気なく外を見ていて、このハミングバードの来訪に気付きました。いつもは黒っぽくしか見えない緑色のはずの背中が、今日は曇りだったせいか初めて美しい緑に見えました。側にいた殿下を呼んで、二人でソファーに座って静かに見ていたら、何とこのハミングバードが我々の向かい側まで降りてきて、そのままガラス越しの我々の方を向いてしばらく空中静止飛行を見せてくれました。ハミングバードをこんなに側で見たのは初めて!私も殿下も大感動!しばらく時間が止まったようでした。

なぜハチドリが我々の側まで下がってきたのかわかりませんが、これは子供の持つ力なのかな?と思いました。動物が大好きな殿下と一緒にいると、色々な動物が寄ってくるような気がします。これから秋が来るまで、毎朝ハミングバードが来てくれるのが楽しみです。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 16:23:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。