■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
夜明け、ラフマニノフ、林、そして鹿
mori

先週末、今年初めての早朝ゴルフに行くために、朝早く家を出ました。10月に入り、日が急に短くなってきました。まだ少し薄暗さの残る中を車で出かけます。家から少し走ると、渓谷のような川のある林があるのですが、ここに差し掛かったときに、カーステレオからは私の大好きなラフマニノフのピアノコンチェルト2番が聴こえてきました。大好きなラフマニノフ。これを聴くといつも昔の恋人を思い出します。かつてアメリカのワシントンDCに住んでいた彼は、車で林を抜けて市街に通勤する時にラフマニノフのピアノコンチェルト2番ほど合う曲はないと言っていました。ラフマニノフを聴きながらうっとりと語る彼を見ていると、その時の光景が私にも見えるような気がして、音楽って不思議だなあって思ったあの頃。

あれから何年もたって同じアメリカ東部の林の中を、早朝に車で駆け抜けている私。バックミュージックはあの時と同じラフマニノフ。自然と感傷的になります。昔のことをうっとり思い出しながら走っている私の前に突如、鹿が現れ、急ブレーキ。4頭の鹿が私の前を緩やかに駆け抜けて、川の浅瀬を跳ぶように渡っていきました。

まだ少し青さの残る夜明け、川のせせらぎを駆け抜ける鹿、そしてラフマニノフ。
映画のワンシーンのようでした。

あの「のだめ」でこの曲がフューチャーされてから、ちょっと俗っぽくなりすぎてしまった気がしてしばらく遠ざかっていたのですが、いやあ、ラフマニノフ、やっぱり素晴らしいです。映像のある音楽です。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 17:24:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad