■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ド派手なチャイコ
冬のコンサートまであと1か月となりました。

去年は、ショパンのスケルッツオ2番を弾きました。昔昔、弾いたことのある曲だったので、譜読みなどにはほとんど時間もかからず、曲を作りこむことだけに専念できた去年。今年は先生の希望により、一転、くるみ割り人形のAndante Maestosoを弾くことになりました。本当はバラードの一番を弾くつもりだった私。バラードからド派手なチャイコへ。しかもプレトニュフの編曲。
ここまでやって良いの?
と言うぐらいド派手。ピアニスト冥利に尽きると言えば尽きるし、くどすぎで嫌になると言えば嫌になるというような曲です。

まず、譜読みに異様に時間がかかりました。譜面の構成が一般的でないのです。この譜面の構造に慣れるまでにずいぶん手間取ってしまいました。慣れてしまえば、むしろ見やすいのですが・・・そして音楽の作りも単純なのに、それだけに難しい・・・

音楽が流れていかないんです。やっぱりロシアって難しい。特にこの曲はだぶるロシアさんなので。幾重にも濃くなってしまったロシアの灰汁。

3週間不在だった先生がいよいよ帰っていらして、明日からレッスン再開。3週間の間にきっちり仕上げて、ふん!って言おうと思っていたのに、結局全然仕上がりませんでした。どうしたものでしょうかねえ。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 23:08:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。