■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
初めてのアンサンブル
殿下がバイオリンを始めて1年半ほどが経ちます。
自分が本気になってしまうのが怖くて、ピアノではなくバイオリンをさせてみたのですが、常に「私がやりすぎて音楽自体が嫌いになられたらどうしよう?」という気持ちが心のどこかにあるので、どうしても強く出られない、がんがん練習させられないというジレンマがありました。特に小さな子供の場合、本人に強い気持ちがあるわけではないので、やる気を出させるのはとても難しいと感じました。

バイオリンはピアノと違って、音程を自分で作らなくてはいけない楽器なので本当に難しいです。だから、練習しなくては何も弾けるようにならないということが、殿下と一緒にバイオリンをやってみて良くわかりました。当然、殿下の進歩の度合いも非常に遅く、いつまでたっても曲が弾けるようにならない→だから練習も楽しくない、という悪循環に陥りました。

しかしながら、少し前に色々と考えるところもあり「嫌いになるなら嫌いになれば良い!やめるならやめたって良い!」と思い直し、とにかく毎日つきっきりで一定時間練習をすることにしたところ、初めの頃は15分の練習さえもたなかった人が、1か月ぐらいたつと30分ぐらいできるようになり、2か月たったころには1時間近く練習できるようになってきました。それに伴い、技術も少しずつ上達してきました。

そんな超スローな進化の過程を本当に喜んび、ほめてくださる偉大な先生。殿下の先生は、レッスンの時にご自分も一緒に弾いてくださることが多いのですが、先日32小節の小曲を先生と一緒にデュエットした殿下。私は隣の部屋からこっそりのぞいていたのですが、真剣な顔をして弾いていました。そして弾き終ると、ぼおっとしたような顔をして、「わあ、すごくきれいだった!」と言いました。

これがアンサンブルの力だなと思った瞬間でした。人の音と自分の音と融けあう瞬間を知ってしまうと音楽の深みにはまります。このアンサンブルの魅力は、5歳児にだって伝わるのだなあと、親ばかですが感動してしまった瞬間でした。

ああ、私もアンサンブルしたいです。

スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 16:59:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad