■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そしてついに新しいバディがやってきた
涙の別れから2週間。いまだにショックからは立ち直れていません。

実は、バディとの別れと同時に我が家には新たなバディがやってきました。

sw01.JPG  sw02.JPG


NewYorkに本拠地のあるピアノメーカーにより1926年に作られた88歳のおじいさんが私の新たなバディです。中身はほとんどオリジナルのまま、外もオリジナルなので傷などはそれなりにありますが、なかなか88歳とは思えない非常に美しいピアノです。象牙の取引が禁止される数年前に作られたピアノですが、そのころ既にそのピアノメーカーは象牙の使用をやめていたので、白鍵は象牙ではではありません。マホガニーのケースの木目も、薄い蓋も、譜面台一つとっても、クラフトマンシップにあふれた美しいピアノです。

おそるおそる弾いてみると・・・
鳴りません
音が全くでないわけではなく、私のイメージするような音は出ません。まず、弦を張り替えたばかりであること、鍵盤が前のピアノよりも少々重めであること、そして調律もかなりきっちりときつめにしてあること、ピアノ自体がまだ鳴る状態になっていないことなどが理由かとは思いますが、これは堪えました。初めの一週間、何とか鳴らしてみようと頑張り続けた結果、指が痛くなってしまいました。2週目からとにかくゆっくり美しい音を出すことだけを考えて、弾いていますがまだまだ・・・

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス
ならぬ、
鳴らぬなら鳴らせてみようおじいさん
と言う感じ。

ピアノが気高く、気位が高いんですよね。弾いていて、私の技量をはかられている気がしてなりません。私には鳴ってくれないけれど、きっともっと技術の高い人が弾いたら、喜んで鳴りまくってしまうような気もしたりします。
あああ、苦しいです。普通のピアノがちょっとだけ恋しいです。
でも、もう後戻りはできません。何とか88歳をぶいぶい言わせる日が来るように頑張ってみます。

このピアノを譲ってくださった方にお話をうかがったら、このピアノはとても明るい音の持ち主だそうです。今の状態ではその音は全く感じられませんと泣いたら、「最低でもピアノが落ち着くまで3か月ぐらいはかかりますよ、ゆっくりと話をしてやってください。」と言ってくださいました。あわてず、ゆっくりと楽しませていただきましょうか・・・でも、はあああ。。。気が付くとため息をついている自分がいます。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 21:27:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。