■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
お花見
ここ数日の暖かい陽気に誘われて、こちらコネチカットは春爛漫です。ありとあらゆる花が咲き始めました。食べるもののみならず、花もしっかりアメリカサイズで、木のサイズもさることながら、花の数も花のサイズもスケールが大きい!

3月の終わりごろに、「東京の桜は…」という話を聞くたびに、悲しい思いをしていた私ですが、意外にここにも桜が色々ありました。種類もかなり豊富です。ソメイヨシノ風の一重の桜、山桜風のもの、枝垂桜…
近所を歩いていて、偶然見つけたのが、こちら。

cherrytree


高さは、10メートルはあるでしょうか。それはそれは立派な枝垂桜です。花もびっしりとついて、柔らかな枝と花びらが春風にそよそよと揺れていました。

しかし!何かが日本と違うのです。例えば、数年前に京都の円山公園でみた満開の枝垂桜。どこか胸がきゅんとするような、趣がありました。

そうです、「趣」がちがうのです。アメリカ風の趣ってあるのかもしれませんが、日本の趣って本当にしみじみ「あはれ」です。空気がすでに「あはれ」なのです。それに比べて、アメリカは何だかあっけらかんとしているのです。でも、これがアメリカの良いところなのだと思います。(最近ちょっと前向き!)人も自然もおおらかで、あっけらかんとしています。これに比べると日本はちょっと理屈っぽいのかもしれません。まあ、それだから「あはれ」という感覚があるのでしょうね。

※「あはれ」は、古語のあはれです。現代語のあはれではありません。
スポンサーサイト


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 21:21:39 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
そーなんです、それそれ!!こっちもそうです。

日本の風情が感じられないのです。同じ桜をみていても、綺麗だけど、どこか違う。”はかなさ、風情”、それこそ、日本の”あはれ”ですよね。
明るすぎ、からっとしすぎ。
ビーチもそうです。日本のビーチ、アジアのビーチは潮のべたっとした感じ、けだるさがなんともいえないのですが、ヨーロッパのビーチはきれい過ぎ、カラっとし過ぎ、健康過ぎです。
日本人の情緒の細かさが無いのです。
日本人、日本てすごい、と改めて感じさせられますね・・・・
日本人として生まれてよかった~、と感じる瞬間です。同じですね、きっと。
2006-04-23 日 14:44:46 | URL | ハイジの国から [編集]
アメリカだけかと思っていました。やけにあっけらかんとしているのは・・・

やっぱり日本人の感覚は抜群にすぐれていると思います。こだわる部分が違うといえば、違うのかもしれませんが・・・

特に最近強く感じるのは、「味覚」。
こう言っては何ですが、米国人のほとんどは味覚がないと思います。

日本人の舌って特別だと思います。
でもそれは、日本にある伝統や文化が育てたものなのかもしれませんね。
2006-04-23 日 22:13:39 | URL | Hanna [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad