■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急がば回れ
時間が足りない!!と嘆きながらも、今私がやらなくてはならないことは

急がば回れの超スロープラクティス

一つの音を3秒~5秒かけてゆっくり弾く中で、極限の脱力とそこから生まれる響きを身体に覚えさせていく途方に暮れるような練習方法です。一つの音に3秒かけると、100個の音を練習するのに300秒、つまり5分。ショパンのエチュードの様に音数の多い曲の場合、100個なんてあっという間です。たったの8小節ぐらいを10分以上かけて練習していくことになります。曲全体が150小節ぐらいの場合、このスロープラクティスで全部を弾ききろうとすると数時間はかかります。

けれども、この練習をすると、翌日には全く別人のように盤石に弾ける自分がいることに気がつきます。そういうことなんです。ただただ曲全体を通して2時間弾いても、この亀さんの歩みのような練習方法から生まれる進歩には遠く及びません。

そうわかっていても、この練習を信じて続けるには忍耐がいります。ピアノを練習している間、信じられないぐらいたくさんの誘惑に襲われます。通して弾く方が楽しいし、気持ちも良い。でも、翌日以降の気持ちよさを考えた時に、それでは全然だめなのだ!ってわかっていても、本当につらい練習です。

ここ2週間ぐらい、N先生に会うたびに「急がば回れですよね?」って答えはわかっているのに確認してしまう自分がいます。ここが正念場です。
スポンサーサイト


Piano | 21:39:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。