■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
N先生の今日の一言
カーネギーホールでのコンサートを数週間後に控えて、練習がどんどんきつくなってきます。一度弾けるようになったと思ったところが、どんどん弾けなくなってきたり、もっとこうしたい!と思うことがどんどん出てきたり、完成するということは永遠にありえないのだと実感する今日この頃。

去年のチャイコフスキーと大きく違うのが、今年は早い段階である程度まで仕上がったと言うこと。暗譜も10月の初め頃までにできていました。そうはいっても、実はそこからの道のりが長いのだと言うことをひしひしと感じる今日この頃です。

そんな状況で迎えた2週間ほど前のレッスンでのN先生の一言。
まず、通して弾き終えた後に
「この先、上手く弾いてやろうなんて、絶対に思ったらだめですよ。上手く弾いてやろうと思った瞬間に、どんどん壊れていくから。」
胸にぐさっ!と刺さりました。ぶすっとくぎを刺されました。今の段階で「上手く弾いてやろう」なんて思っていませんでしたが、確かにとりあえず弾けるようになって、ちょっと余裕が出てきたら、そう思う日がくるのかもしれないかもしれないと思いました。

そしてN先生はこのように続けられました。
「今のまま、音楽に対して真摯に、ベートーベンに対して正直に向かい合ってください。そうすれば本番で必ず上手く弾けます。」
なんと。。。N先生の後ろに後光が差していました。
最近のN先生、ちょっと神がかってます。羽が生えてきて、いよいよ飛び立つ準備が出来たように見えて仕方がありません。今のようにレッスンが受けられるのも、あのため息の出るような音色がすぐ隣で聴けるのももうそんなに長く続かないような気がします。

今のうちに吸収できることは全て吸収しなくては!!まだ教えてほしいことがたくさんあるのです。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 10:09:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad