■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あと少し・・・
カーネギーまであと3日となりました。
今週は引きこもり状態で練習をしていますが、次から次へと迷いと欲が出てきて、仕上がることなど一生ないのだと言うことが身に染みてわかります。

今回のベートーベンからは多くのことを学びました。
今回比較的早くある程度まで仕上がった背景には、「古典」ということがあります。私のようなハイフィンガータッチでもとりあえず曲として聴こえる、古典の隙の無さ、に今回は助けられているような気がします。これがロマン派になると、音色で勝負!!という部分がほとんどなので、私のような音色に幅のない人にとってはおくるしみ以外の何物でもなくなるのだと思います。それが去年のチャイコフスキーと今年のショパンのエチュードだったのでしょうか。古典だって、さまざまな音色を操れるピアニストが弾けば、青緑色の古典から彩り豊かな古典としてとして生まれ変わります。

練習するたびに、「ここはもっとこういう風に弾けないかな?」と思うところが次々と出てきます。N先生曰く、これが演奏会をすることのメリットだそうです。人前で弾かない限り、ここまで突き詰めることはなかなかできないそうです。

最後の最後まで、本気でやります。本気で音楽を楽しんでみたいです。
スポンサーサイト


Piano | 22:36:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。