■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
再びベートーベン
しばらくご無沙汰してしまいました。
日本の友人から「最近、ピアノはどうなっているの?」とメールをいただいたりしてしまいました・・・(汗)
すみません。ピアノ、弾いています。それもかなり弾いています。

12月のカーネギー以来、少々行き詰まったような状態になっていた私に、神様からの素敵なプレゼントがありました。自分の勉強のためにと、お願いしてバイオリンの伴奏をさせていただくことになっていたのですが、その担当曲の中にベートーベンの春が含まれていたのです。しばらくベートーベンは弾くまい!と思っていた私に、こんなに早くまたベートーベンを弾くチャンスが巡ってきました。

バイオリンとピアノために書かれたソナタの第5番。通称「春」。ベートーベンの作品の中では珍しく全楽章を通して苦悩が感じられない、とても優しくて、暖かく、幸せな気分にさせてくれるソナタです。この4楽章を弾かせていただくことになったのですが、初めて譜面を見た時に初めて見たような気は全くしなかったのです。そして譜読みの時からすーっと自分の中に音楽が入ってきて、ただとても純粋に「何て素敵な曲なんだろう!」という思いに自分が満たされていきました。12月に弾いた中期のピアノソナタ「熱情」とは違う、不思議な感覚でした。

本番では思うような演奏は出来なかったけれど、とにかく一生懸命に向かいあった「熱情」での経験が、決して無駄ではなかったことをこんなに早くに実感させてもらえたことに、何か不思議な運命を感じました。そしてその練習を信じられないようなレベルの方とさせていただける。その方の出だしの一音を聞いただけで、全身にさああっと鳥肌がたって、体中の皮膚が耳になりました。私ってどこまでもあつかましく、でも本当に恵まれた人です。

ピアノの神様、素敵なプレゼントをありがとう。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:40:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad