■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
出会い
まだ夏は続いていますが、この夏は殿下の初めての室内楽のキャンプに付き添いで行ってきました。
そして、この殿下のためのキャンプが色々な意味で停滞していた私に大きなきっかけをくれました。

朝から晩まで音楽漬けのキャンプ。子供たちと話したり、講師の先生の話を聞いたり、オーケストラのリハーサルやほぼ毎晩行われるショーケースをを見たり、本当に楽しい8日間でした。キャンプ参加者の中で最年少の殿下は、参加することに意義あり!状態だったのですが、まあ何と中身の濃いこと。付き添いの私の方がすっかりのめりこんでしまい、講師の先生とも色々な話をしたり、遠足の往復のバスの中で交わした音楽談義の数々、本当に貴重な経験でした。

今回、私に特に強いインスピレーションをくれた出会いは、ピアニストではなくブルガリア人のバイオリニストでした。彼の生み出す、肉声のような不思議な波長でどんどん入り込んでくる音、そして気が付かないうちにその音とコミュニュケーションをしてしまう自分。その秘訣をストレートに質問してしまった私に、本当に丁寧に、真摯に話をしてくれた彼。また私の心に中に、決して忘れられない一言が刻まれました。キャンプから1週間以上たった今も、またあのバイオリンの音が聴きたくて聴きたくて仕方のない私。たったの一音で中毒にさせられてしまいました。そしてそのバイオリンが私にまたピアノと向かい合う力をくれました。

音楽の神様は色々なところで、プレゼントを用意してくれているのだなあと、それに気が付くか気が付かないかは自分次第なのだと。。。しみじみと思い、深い感謝の念にかられました。私って本当にどこまでも厚かましく、恵まれています。音楽をやめて20年以上たって、アメリカに来てみたら、周りに音楽があふれていました。それも信じられないぐらいクオリティーの高い音楽。

色々な意味で、私も私の中の音楽も動き始めました。
そして、あれだけぼんやりしていた殿下が、ちょっと変わってきたような気がするのは、私の勘違いでしょうか?
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 22:09:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。