■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
再会
先日インターネット上で、バルトークのあるピアノ曲を探していた時のこと。検索結果の中の一つに、見たことのあるようなピアニストの名前があることに気が付きました。そしてその後色々と調べてみたところ、何と私が子供の時に3年間習っていたピアノの先生の名前でした。

彼女はハンガリア人のピアニストで、ご主人もイギリス国籍のピアニスト。ご主人が日本のとある音楽大学から客員教授として招聘されたのについて来日し、彼女自身はその音大に付属している子供のための音楽教室で教えることになったのです。そして音大のピアノ科の先生方が自分の生徒から一人ずつ選び、実験材料として彼女に預けました。私はその実験台の中の一人で、最年少でもありました。(彼女の会話はドイツ語であったため、一年目は大学側がすべてのレッスンにピアノの先生で、ドイツ語も話せる人を通訳として付けてくれました。)

そうして3年の間、音楽大学の実験台としてハンガリア人の先生からピアノを習った私でしたが、今思い出しても、私のピアノ人生の中で一番楽しい3年間でした。彼女は同じハンガリア人であるベラ・バルトークに傾倒していたため、生徒である私も子供のためのバルトークをたくさん弾きました。ソロ、連弾。とにかく楽しかった。(当時、子供のためのバルトークの日本版の譜面は出版されていなかったので、高い輸入盤の譜面を買わなくてはいけなくなった母の嘆きは今でも忘れることができません。)

その時は知らなかったのですが、その来日時に彼女は子供のためのバルトーク集をレコードに録音していたそうです。そのレコードが今回ネット検索の時にひっかかりました。そして更にそこから彼女のご主人がホームページを持っていることを発見!もう30年以上前のことなので覚えていないだろうなあ、と思いながらメールを送ってみると・・・覚えてくださっていました!面白いことに、お互いに同じ出来事を覚えていました。そしてFacebookでもつながることに・・・

私は、「ネットでひととつながる」と言うことをどうしてもポジティブに受け止めることができないたちなのですが、今回ばかりは本当に嬉しい驚きでした。今も演奏活動をされているお二人、どこかで是非演奏会に行ってみたいと願っています。
すごいですよね。30年以上の年月と、海を越えて、再会してしまいました。私の音楽のベースを作ってくださった恩師と。。。

ああ、バルトークが弾きたくなってきました。今も手元にある子供のためのバルトークの譜面。先生の口癖だった、poco poco~があちこちに書かれている大切な譜面です。(笑)
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 21:36:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad