■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Who cares? He cares!!
この夏に日本で大変人気のある若手バイオリ二ストのマスタークラスを見る機会がありました。その時に、一人の高校生の演奏に対して彼が言ったコメントにちょっと気になることがありました。

誰が鍵盤を押しても同じ音程の音を鳴らせるピアノと違って、バイオリンは音程を自分で作る楽器です。そのため「音程を作ることに一生懸命になりすぎてしまい、音楽を作る、奏でることを忘れてしまう、それはだめなんだよ!」というポイントについてのコメントだったのですが、その時に彼が例として挙げたのが、私の大好きなホロヴィッツでした。

“有名なピアニストでホロヴィッツと言う人がいました。彼はすごいピアニストであったにもかかわらず、しょっちゅうミスタッチをしました。でも、誰が気にしたでしょう。なぜなら、彼の音楽があまりにも素晴らしいからです。”

こうコメントされたのです。
英語でのマスタークラスだったので、彼はこう締めくくりました。

Who cares!!!
(誰が気にするって!?)

このコメントに対して会場の人もうんうんとうなずいていましたが、私だけはもんもんと「ホロヴィッツはきっと気にしていたよ!!!」と思っていたのでした。

そして、最近読んでいた書物の中にも、同じようなくだりがありました。

音源を聴いていると、ホロヴィッツのミスタッチに気が付いてしまうけれど、結局音楽が終わってみれば、音楽としてあまりに素晴らしいためにミスタッチのことを忘れてしまう。つまり、コンサート会場では、全く気にならないと言うこと。

そうなのかな。。。
確かに彼の音楽は特別だから、そのミスタッチを気が付かなくさせてしまうぐらいの音楽の大きさがある、と言えばそれもそうだと思います。ホロヴィッツはミスタッチが多いです。でも、奏者である彼がそれを気にしていなかった、聴衆が気にしていなかったということはないと思います。1983年の初めての日本公演で「ひびの入った骨董品」と批評され、そのことを生涯気にし続けたホロヴィッツ。実際、私もその会場に居合わせたのですが、あまりにミスタッチが多くて子供ながらに驚きました。

まあしのごの言いましたが、冒頭の若手バイオリニストの言いたかったことは、「音程のことだけに縛られることなく、自分の音楽を作りなさい!」ということなんでしょうね。でも、そこでホロヴィッツを引き合いに出されたのは、ちょっと心外だったりして・・・
だって、私はホロヴィッツ信者ですから・・・

でも、ピアニストたる者、やっぱりミスタッチは嫌です。もちろん気にします。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

music | 21:50:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad