■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スタインウエイ 天使と悪魔
先日、久しぶりに教会のミサに行きました。
クリスマス前のミサは、クリスマスに関連する讃美歌やオルガン曲がいっぱいで、歌うのも聴くのも楽しいものです。

さて、殿下が通っている日曜学校のあるこの教会は、つい最近大きな改築工事を終え、聖堂に置いてあったヤマハの中ぐらいのグランドピアノをスタインウエイのフルコンに買い換えました。と言っても、新品ではなくリコンディションと言われる中古品を調整したものです。どんな音がするのか興味津々だったので、まずミサの始まる前にピアノのところに行き、シリアルナンバーをチェック!(番号からすぐに製造年がわかります)するとそのフルコンは1982年に製造されたものでした。1982年と言うのは、NYスタインウエイにとってはちょっと微妙な年です。世界のNYスタインウエイが問題のあるピアノを作ってしまった暗黒時代と呼ばれる20年間の一番最後の年にあたります。でも、外から見る限りでは、中はほとんど新しいものと取り換えられているようだったので、きっと暗黒自体の問題は取り除かれているのだろうと思いました。

どうなんだろう?とちょっと疑心暗鬼。ミサが始まり教会の音楽ディレクターの人がピアノを弾きはじめると、私の不信感に反して、おお?というようなNYスタインウエイらしい音が響きました。特に高音部の華やかだけれど、落ち着いた温かみのある音は、これぞNYスタインウエイ!というような音で、リコンディションでこんな音が出るんだ!とちょっとびっくり。ところが、その後、別の人が合唱の伴奏をしたところ、全く違う音がするのです。さっきはあんなに華やいだ気持ちの良い音を出していたピアノが、全く別のピアノのような音を出すのです。

そうでした。これがスタインウエイなのでした。スタインウエイには天使と悪魔が宿っています。上手に弾いてあげないと、天使は歌いません。天使が歌ってくれないと、普通のピアノと同じような変化の少ない音になってしまうどころか、音が出なかったりさえします。N先生のレッスン室もスタインウエイのピアノでしたが、日本でヤマハのピアノで育った私にとって、これが一番難しいところでした。家では上手く弾けているのに、スタインウエイだと弾けない。自分の技術のあらがそのまま出てしまうのです。特に天使の音を弾きだせる人が同じピアノを弾いた時の音色の違いを目の当たりにすると、がっくりきます。

弾く人を選ぶピアノ。まさに天国と地獄を体験させてくれるピアノです。
今年のショパンコンクールのファイナリスト10人のうちの7人がヤマハのピアノを選んだわけがわかります。さすがは日本のピアノ、御しやすいのです。それに引き替え、スタインウエイは名馬だけれど乗り手を確実に選びます。気位の高いお馬さんです。
スポンサーサイト


Piano | 23:11:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。