■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペダリング
ここしばらくペダリングで悩んでいます。
ペダルについて徹底的に習った記憶はなく、おそらく経験の中から感覚的に踏んできて、これまではそれでよかったのが、それでは良くなくなってきたこの頃。

N氏との出会いから目覚めた、左の弱音ペダル。
そして今悩んでいるのは、ダンパーと言われる右ペダル。

ショパンあたりだとかなり深く踏み込んでOKなのですが、ベートーベンだとそうはいかなくなります。ペダルなしではドライになりすぎるし、底まで踏み込むようでは朦朧としすぎてしまう。1/2なのか1/4なのか、はたまた1/8なのか・・・足ペダルを踏み込む深さとタイミング、そして鍵盤上のフィンガーペダル。

ペダルの世界は奥が深いのです。
名人と言われる人たちは、得てしてペダリングが上手い。
特にホロヴィッツのペダリングにはいつもうっとりさせられます。彼の演奏を聴くと、一見ペダルがあまり感じられないのですが、実はかなりペダルを使っています。でもそのタイミングがあまりに巧妙でペダルの存在を感じさせないのです。本当にホロヴィッツほど、ピアノと言う楽器の性能を知り尽くしている人もあまりいないように思います。どの音域をどのように弾けばもっとも効果的なのか、どこでペダルを使えばもっとも人の心を揺らせるのか、そういった楽器に関する知識とテクニック、音楽の魔法、全て駆使してあの演奏は生み出されます。

ここ1か月ほど練習している、またしてもメンデルスゾーン。全く気楽に間違って選んでしまった一曲、あの有名な「春の歌」。全編つうじてのアルペジオに加えてこれもまたペダリングが非常に難しい曲であります。私の悲しいフィンガーペダルと足ペダルでは、春の歌が、真冬の歌・・・

M氏にも「ペダルを研究しなさいよ!」と言われてしまった。耳で踏むしかないってわかっているのに、近道を探してしまう自分がいます。あああ、春はいずこや・・・
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:21:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。