■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
さあ、楽しい音楽の時間の始まりだ!Let's start our music now!
大苦しみの末、ついに気づいたメンデルスゾーンの真の姿!

更に色々と改良を加えて、ずいぶんと格好になってきたと思えるように・・・そこで迎えた昨日のレッスン。
”エ○ス大・中・小”の書き込みだらけの譜面。レッスン前にM氏が日本語は読めないことを一応確認してみたりして・・・

ちょっと期待していました。
  私の大苦しみ様を見たM氏が御慈悲で上がりにしてくれるのではないか?
  と。。。
  ついにこの憎き「春の歌」とも今日でお別れできるのではないか?
  と。。。

私が弾き始めた瞬間、M氏が椅子から立ち上がり、ぐるぐると歩きはじめました、、、これはまずいサインです。最近気が付いたのですが、M氏が歩きはじめるのは、たいてい本気スイッチが入った時。

そして、弾き終った私にM氏はにこやかにこう言いました。
Well done! Let's start our music now!!
良くやったね!さあ、これから楽しい音楽の時間の始まりだ!

がーーん。ここから新たに音楽的指導が入るってことです。つまり、これまではあまりにレベルが低すぎて、音楽的なレッスンは出来なかったということです。ああああ、私が甘かった。あげてもらえるかも?なんて期待した私がバカでした。

そして始まりました。鬼のようなだめだし。すごい量です。
こういう時にM氏は決して妥協しません。普通の先生ならレッスン時間に限りもあるし、生徒に何度か試させてそこで弾けるようにならなければ「家で練習してきてね。」というのが普通ですが、M氏はそれはしません。彼の前で弾けるまでやめさせてくれません。これは本当にありがたいことなのですが、反面、精神的にものすごくきついことでもあります。彼自身、こういうプレッシャーの中で育ってきたのでしょうか?これを2時間続けると、もうその日のエネルギーは全く残らないほどくたくたのヘロヘロになります。

私はいつまで「春の歌」を弾かなければならないのでしょうか?
いつも静かでにこやかなM氏。実は強烈な鬼教師です。感謝です。。。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 16:10:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。