■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
頭の中にオーケストラ
しばらく前からとりかかっていたベートーベンの初期のピアノソナタ。ようやく全楽章が完成に近づいてきました。自分にビシビシと鞭を打って全楽章何とか暗譜しました。本気になればできるじゃない。。。って自分で思ってしまいました。本気にならないと覚えられない自分が悲しいですけれど、それは仕方ないです。

一つのソナタを全楽章通して暗譜で弾いてみるという経験は、子供の時以来ほとんどしたことがなく、いや、子供のときだってほとんどしたことがないかもしれません。そんな経験を最近してみて感じたのが、ベートーベンはピアノのためのソナタを作曲しながらも、彼の頭の中にはオーケストラが鳴り響いていたのだと言うこと。

良く言われるのが、ベートーベンのピアノソナタをより良く理解するためには、ベートーベンの弦楽四重奏をたくさん聴いて勉強しなさい、ということ。弦楽四重奏の4つのレイヤーがピアノソナタの中にも息づいていて、そこが感じられるとベートーベンの意図するところがより良くわかるそうです。2年前に熱情の3楽章だけを弾いた時にも、そういうアドバイスを受けて、弦楽四重奏をずいぶんと聴きました。

あれから2年。ちょっと前のレッスンの時に、私が弾いているのに合わせて横でM氏が言った言葉
 That is Contrabass! Play with a BOW not your fingers!
 そこはコントラバスだよ!指じゃなくて弓で弾いて!
ものすごい表現だなあと感心しました。
確かに、その低音部は低い音の弦楽器をイメージしてはいましたが、「コントラバスを弓で弾く」という具体的なイメージはありませんでした。「弓で弾く」というイメージを持って弾くと、確かにコントラバスのように聴こえてくるから不思議。。。

私のこだわる音。音色。
 音色の種類を多く作りたければ、その音源を頭の中に作らなくちゃ!
とおっしゃったのは、N氏。全くその通りなのです。もちろん奏法から来る音色の違いと言うものもあるけれど、色合いは頭の中にあるパレットの色数に左右されるのです。パレットの中の色数が多ければ多いほど、音の色数も多くなる。そしてその色のイメージがはっきりしていればいるほど、その違いがはっきり出せる。

ピアノソナタを作曲しながらベートーベンの頭の中に流れていたオーケストラの音。それがイメージできれば、ピアノが本当の意味で一人オーケストラになれるのです。弦楽四重奏よりもっと楽器もレイヤーも多かった。。。

そこは、バスーン!チェロはもっと歌って!ほら、オーボエが入ってきた!
私の横でアドバスをするM氏の頭の中には、ピアノ譜ではなく指揮者の総譜があるみたいです。
オペラの伴奏、コンチェルトのソリスト、室内楽、なんでもこなすM氏。深いです。ピアノ以外の楽器から得ているものがたくさんあるのです。来週はオーケストラとシューマンのピアノコンチェルトを弾くのだ!と言ったM氏。40歳代で初めて弾く曲でいきなり人前でオケのソリスト?彼の暗譜力はどうなっているのでしょうか?同じ年齢層で、たった2ページも覚えられない私なのに・・・

もっと勉強しないといけません。弾けばいいってものじゃない!ってつくづく思う今日この頃です。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:30:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad